家計診断・節約

節約女性の落とし穴!
電気代はクレジットカードで払うべからず!?

前野 彩

電気のつけっぱなしをしないなんて当り前。使わないときのコンセントを抜いたり、洋服で体温調節をするなどの節電意識は高くなっていますが、電気代の「支払い方法 の節約はできていますか?

「電気代を5,000円におさえて、クレジットカードで支払って25円分のポイント(0.5%還元率)を貯める」という読者も多いでしょう。実際、わたしのところに家計相談にいらっしゃる方の多くもクレジットカード払いです。ポイントが貯まる分、一見オトクなように見えるクレジットカード払いですが、実はここに落とし穴があるんです。

クレジットカード払いにすると、確かにポイント分オトクなのですが、多くの電力会社では口座振替による「1カ月約54円の割引制度」があります。だから、1カ月の電気代とそれによって貯まるクレジットカードのポイントによって、口座振替が有利な人と、クレジットカードがオトクな人に分かれるのです。

もしも、あなたの住む地域に口座振替割引制度があるのなら、クレジットカードで25円分のポイントを貯めるよりも、口座振替54円の割引のほうが2倍以上オトクですよね? つまり、「住んでいる地域」「1カ月の電気代」「クレジットカードのポイント還元率」の3点から考えると、次の法則が成り立ちます。

  • 北海道電力、東北電力、沖縄電力の利用者は、電気代に関わらず、ポイントが貯まるクレジットカード払いがオトク(この3地域には口座振替割引制度がないから)
  • ポイント還元率が0.5%のクレジットカードで、1カ月の電気代が1万円以下なら、口座振替がオトク
  • ポイント還元率が1%のクレジットカードで、1カ月の電気代が5,000円以下なら、口座振替がオトク
 

あなたは、ちゃんと「支払方法の節約」はできていましたか? クレジットカードと口座振替の変更は、一度手続きすると毎月自動継続されますから、各電力会社に連絡して実践してみてくださいね。