家計診断・節約

2000円で最低2倍得する家計ワザ

前野 彩

「寄附のお礼に……」と自治体から届く特産物に注目が集まる「ふるさと納税」。あなたはもう実践しましたか? 「ふるさと納税」とは、自分が応援したい自治体に寄付をするもの。出身地に限らず、日本全国どこの都道府県でも市区町村にも行うことができます。

社会貢献ができるのが魅力の一つですが、人気急上昇の理由は、自治体によっては寄付のお礼に「特産物」がもらえること。 たとえば、和歌山県串本町は1万円の寄付で活きた伊勢エビ2尾が届きます。 高知県大豊町は1万円の寄付で5000円分の宿泊助成券が届きます。 佐賀県玄海町は5千円の寄付で1.5キロの鯛が届きます。 こんなふうに、各自治体が寄付のお礼に…と自治体独自のサービスが手に入るのが、ふるさと納税の2つ目の魅力なのです。1万円の寄付で5000円分相当の特産品や宿泊補助券などがもらえると嬉しいですよね♪

でも、このままでは1万円を寄付しているので家計的にはマイナスです。その支出のカバーをしてくれる3つ目の魅力が「寄附控除」です。ふるさと納税をした翌年に確定申告をすると、所得税と住民税の両方で8000円分の税金が安くなり、実質自己負担が2000円ですみます。つまり「1万円の寄付(支出)-8000円分税金の減額(オトク)=自己負担2000円」」となるのですが、さらに「特産物」という自治体からのプレゼントが付くことで、自己負担2000円以上のオトクさがあるのです。

さらに、ふるさと納税は2カ所に1万円ずつ寄付をしても、寄附控除の後の自己負担は2000円ですから、応援したい自治体を数カ所に分けて行うこともできますよ。 ただし、注意点が一つ。税金の話なので、税金を納めていない専業主婦の方が自分でふるさと納税をしても税金の還付はありません。税金面でのメリットが欲しい場合は、納税しているご主人にやってもらいましょう。また、いくらの寄付が一番オトクになるのかは、総務省のサイトで目安を確認してください。資料

最後に。特産物ばかりが注目を浴びるふるさと納税ですが、実際にたくさんの寄付が集まることによって、農業が活性化するなどの目に見えて変わった自治体もあります。 ふるさと納税は「1.社会の役に立てる」「2.特産品がもらえる」「3.税金の還付や減額がある」と、一度で3度役立つ制度なので、上手に活用してくださいね。