家計診断・節約

車を買う前に考える
わたしにぴったりなノーカーライフ

吉上 美枝子

買うときだけでなく、継続的に費用がかかるものとして筆頭に上げられるのが車です。鉄道交通機関の便利な地域に住む人たちの間では、車をもたないで暮らす方も徐々に増えているそうです。ただし生活の中でどうしても車が必要な時もありますし、使用頻度や1回当たりの利用時間が少ないといってもないと困ることも…そうなると便利なのが「レンタカー」「カーシェアリング」の登場です。

使い分けとしては、レンタカーは一日から数日単位のお出かけに、カーシェアリングは週末の買出しなどの短時間利用にと使い分けるといった具合です。レンタカーはレンタル料金以外に使った分のガソリン代や保険料の支払いが必要になります。たとえばキャンプや旅行に行くなど日帰りから数日のお出かけの際に、出かける人数に合わせて車の車種やサイズをえらぶことで、その都度合う車を使えるというメリットがあります。

一方、カーシェアリングは15分200円位からの金額設定が多く、別途で初期登録手数料や月額基本料などが必要になりますが、ガソリン代や保険料は基本料に含まれます。いずれも駐車場代や税金、車両にかかる諸費用(車検費用等)といったランニングコストを大きく節約できるのが大きなメリットです。週末に買出しをしたい、少し出かけたいけど車でないと不便といった時に、1日の中の数時間にちょこっと使いをするのに便利です。最近では利用料金に応じてポイントもたまり、次回の利用時などに充当できるサービスも充実。使えば使うほど利用料金の節約にもつながります。

車は購入時にまとまった数百万程度の金額がかかり、その上自動車税、重量税、車検費用、ガソリン代等で目安として年間10万円以上はかかっています。手持ちがなく車をローンで購入する人もいますが、カーローンの金利(だいたい年利2%以上のもが多いです)を支払っていくのは、正直、金利分がもったいないです。車を日常的に使う、休日は必ず車で出かける、というのでなければ、家計のコストカットの一つとしてレンタカー&カーシェアリングを検討してみてはいかがでしょうか。