家計診断・節約

地震保険だけじゃない
割安な補償で生活再建を目指そう

吉上 美枝子

東日本大震災以降、地震保険に対するニーズは年々増えてきております。地震保険の加入のきっかけとしては、住宅を購入する際に火災保険に加入し、それと同時に将来的に予想されている巨大地震へのリスクに備えるべく、地震保険にもあわせて入ったという方も多いのではないでしょうか。

地震や津波を原因とした被害には火災保険では支払われませんので、地震保険に加入する必要があります。ただし、地震保険は単独でははいれませんので、火災保険とセットで加入しなければなりません。

他の損害保険商品と比べると地震保険の保険料はやや割高です。それにもかかわらず、地震保険の補償額は同時に入った火災保険の最大50%までとなっており、本当の意味で大地震での損害が出た場合に経済的な不足が出ることは否めないと指摘されています。 割高な保険料なのにいざという時足りない恐れもある、ということで地震保険への加入を躊躇されている方もいれば、地震保険に加入はしているが不足な部分を割安に備えることはできないか、と悩まれている方もいらっしゃいます。そんな不安を解消すべく、近年で注目されているのが少額短期保険の地震補償保険です。

この商品の特徴としては少額(300万円ほど)から家族の人数に合わせて必要な額まで自由に補償額を選べること。そして多くは1年ごとの補償期間ということで毎年更新時に補償額を見直すこともできるというのが便利といわれています。単独で加入できるため、火災保険とセットという要件もありません。保険料も月払い千円台からと、お手軽です。

私たちは自身に万が一のことがあった場合に備えて生命保険や医療保険に加入しますが、それと同様、自然災害による被災から生活を立て直すための大きな支えとなる十分な備えも検討していく必要性が高まっているといえるでしょう。