家計診断・節約

家計も節約 家の中もスッキリ
暮らしに便利なレンタルのコツ

吉上 美枝子

年に1度登場すればいい物、数年に一度登場するのに場所をふさいでいる物、収納の奥に潜んでいませんか?こうした使用頻度の少ない物や使用する期間が限られている物こそ、買わずにうまく「レンタル」を活用していくことをお勧めしたいと思います。レンタルを使うとお得な場面というのはどんな時でしょう。大きく分けると3つあります。

1つめは、使用期間が短いもの、長期使用はしないものです。これは赤ちゃんが生まれて間もない時期のベビーグッズなどがわかりやすいです。ベビーグッズは使用期間が短いものの代表選手。ベビーベッドを何万円もかけて購入したけれど、使用期間は半年もなかったという話もよく聞きます。レンタルならベビーベッドも半年で数千円のコストですみます。家計にもお得で初期出費を抑えられますね。

2つめは、いざというときは必要だけれど使う頻度が少ないもの。冠婚葬祭グッズも例にあげられます。葬儀は突然ですが、結婚式などのパーティーは事前に日程が決められているため、ドレスコードにあった衣装をレンタルで調達するというのも一つの案です。購入すると高価ですが、レンタルであれば購入よりも費用を抑えられ、なおかつその時の自分に合ったサイズ、テイスト、カラーのパーティードレスを自由に選べます。以前気に入って購入した衣装が、年齢を経た自分に合うとは限りません。借りた衣装はクリーニングすることなく返却できますので、お金をかけて丁寧に保管する手間も省けるのです。クリーニング代を浮かせられるのはうれしいところですね。

3つめは1日~3日程度のスポット使いのもの。来客用の布団や年または数年に1度海外旅行に行くような方のためのスーツケースなどがあげられます。スーツケースは収納ふさぎの代表選手でもあり、旅行の期間によっては所有しているサイズでは小さすぎたり大きすぎたりすることもあります。レンタルであればサイズを旅の予定にあわせて自由に選べます。来客布団も頻繁に使うものでなければ場所もとらず、人数にあわせて用立てられます。買うよりコスパの良いいまどきのレンタル、家計にも優しく家の中もスッキリできますよ。