家計診断・節約

全国の特産品がもらえる!ふるさと納税とは

植田 健

最近、テレビなどでも取り上げられることの多い「ふるさと納税」。皆さんご存知でしょうか。なぜ、「ふるさと納税」が注目を集めているのか、その理由を探ってみましょう。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、支援したい自治体に寄付をする制度です。納税者本人が2,000円を超える寄付を行った時、一定の上限まで所得税・個人住民税から控除が受けられます。確定申告を行うことで所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けられます。 「ふるさと」というと、生まれ故郷に対しての寄付と思われるかもしれませんが、自分の本籍地や出身地とは関係なく寄付する先を選べます。寄付する自治体(ふるさと)は複数選択も可能です。

ふるさと納税の魅力その1~税金が安くなる~

上述の通り、都道府県・市区町村に対する寄付金のうち2,000円を超える部分について、の上限まで所得税・個人住民税から控除が受けられます。 下表は、2,000円を除く全額が控除できる寄附金の目安です。以下の金額までならば、2,000円の負担のみで寄付ができます。例えば、給与収入300万円の独身者が14,000円を寄付した場合、2,000円を超える12,000円が確定申告をすることで戻ってきます。

【全額控除される寄付額の目安(2,000円を除く) / 給与所得者(サラリーマンなど)のケース(単位:円)】
給与収入 独身 夫婦 夫婦(共働き)子1人(大学生) 夫婦子1人(高校生)
300万円 16,000 12,000 10,000 8,000
400万円 24,000 20,000 18,000 16,000
500万円 34,000 30,000 27,000 24,000
600万円 43,000 39,000 37,000 35,000
700万円 59,000 55,000 53,000 44,000
※給与所得者は給与収入のみ。住宅ローン控除などを受けていないと仮定 ※共働き以外の妻は、専業主婦と仮定。共働きは、妻の給与収入が141万円以上と仮定 ※高校生は「16歳から18歳の扶養親族」を、大学生は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指す ※中学生以下の子供は計算上加味しない

ふるさと納税の魅力その2~特産品がもらえる~

「ふるさと納税」をすると特産品や工芸品など、各地域からお礼の品がもらえます。各自治体、お米、野菜、魚介類、お肉、お酒など、様々なお礼の品を用意しています。納税先となる自治体とその特産品をチェックなら、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」が便利です。クレジットカード利用で申込みから決済まで簡単にできる自治体もあります。是非、チェックしてみてください。 ふるさとチョイス ⇒ 関連サイト