保険診断・見直し

自転車保険って入らないといけないの?

前野 彩

小学生がおこした自転車事故で、被害者に対する9,500万円の賠償命令が出たり、高校生が自転車運転中に下リ坂で人とぶつかって死亡させたり……と、最近は自転車運転者が加害者になる事故が増えています。

そこで、注目されているのが「自転車保険」です。 自転車保険は、自転車で事故を起こした場合の相手のケガの治療費や相手の自転車の修理代はもちろん、自分のケガや自分の自転車の修理代もカバーできる手厚さが魅力です。 保険料は年間4000円程度~が多く、ネーミングの分かりやすさや、携帯電話、コンビニからも手軽に加入できるようになってきたことにより、商品数も加入者も増加中しています。

ではここで質問です。もしもあなたが自転車事故を起こした時に、一番不安なことはなんですか?  自分の治療費? 自分の自転車の修理代? そうではなくて、きっと相手の治療費や高度障害などの賠償責任ですよね。それならば、自転車保険でなくても「個人賠償責任保険」でカバーできるのです。

個人賠償責任保険の保険料は年間1000円程度~と自転車保険よりも安い分、自分のケガの治療費や自転車の修理代は出ません。その代わり、自転車事故はもちろん、日常生活の中で他人をケガさせたり、他人のモノを壊してしまったような時にも保険が使えます。

また、自転車保険は、本人タイプや家族タイプというように保険の対象になる人を加入時に決めますが、個人賠償責任保険の場合は、生計を同じくする家族はみんなセットで補償してくれます。だから、仕送りをしている大学生の子供が遠方で生活しているような場合でも、親が入っている個人賠償責任保険で補償されるのです。

対象外だけど補償の範囲も対象者も広い「個人賠償責任保険」。 もしものときに、あなたが欲しい保険の内容から加入する保険を検討してくださいね。

自転車保険 個人賠償責任保険
補償内容 自転車事故 他人にケガをさせた 〇(金額は様々) 〇(1億円が多い)
他人のモノ(自転車など)を壊してしまった
自分がケガをした ×
自分のモノ(自転車など)が壊れてしまった ×
他人にケガをさせた ×
他人のモノを壊してしまった ×
自分がケガをした × ×
自分のモノが壊れてしまった × ×
対象者 本人限定、家族プランなど各社異なる 同居の家族全員を保障
単独加入 できる 火災保険、自動車保険、傷害保険、共済とセットで加入