保険診断・見直し

生命表の改訂って何? 生命保険の何が変わるの?

小川 千尋

2018年4月、生命保険の標準生命表が改訂されます。すると、新規加入や見直し加入を考えている人は、早めに加入した方がいいケースもありそうです。

11年振りの改訂! 長寿化が背景にある!

標準生命表とは、男女別・年齢別に、一定期間の死亡率をまとめた表のことです。生保標準生命表(死亡保険用)、第三分野標準生命表などがあります。第三分野は、生命保険と損害保険の両分野にまたがる商品分野のことで、具体的な商品は医療保険やがん保険、介護保険などです。

生命保険会社は、被保険者が死亡・入院などをした場合に確実に保険金・給付金を支払えるよう、みなさんが払っている保険料の中から「責任準備金」を積み立てています。標準生命表は、この責任準備金の計算の基礎に使われるものです。

では、標準生命表は、どこで作っているのでしょうか? 「公益社団法人 日本アクチュアリー会」です。保険業法に則って、同会が金融庁から業務委託を受けて作成しています。同会は、保険会社には欠かせない保険数理の専門家・アクチュアリーが属している機関で、アクチュアリーの養成以外にも研究調査などを行っています。

今回の標準生命表の改訂は、2007年以来、実に11年振りのことでした。医療技術の進歩や景気回復による自死者の減少に伴って平均寿命が延びたからです。つまり、長寿化が背景ということです。

保険の新規加入、見直し加入は今がチャンス!?

標準生命表の改訂は保険料に影響しますが、どう影響するのでしょうか? 平均寿命が延びたということは死亡するリスクが下がったことを意味します。ですから、定期保険や収入保障保険などの死亡保障の保険は値下げとなる見込みです。

逆に、長生きリスクは上がることになり、病気やケガによる入院リスクも上がります。高齢化に伴ってがんの罹患率も上がるでしょう。そのため、医療保険やがん保険などの「生きるため」の保険の保険料は値上げされる可能性があります。特に、保障期間の長い終身タイプは影響が大きいと思われます。

ただ、医療保険とがん保険は成長分野のため競争が激しく、保険料を上げづらいという事情があります。また、死亡保障の保険の保険料を下げると会社の利益も減るため、単純に下げられない事情も。このため、各社の経営戦略や体力によって対応が異なってくる模様です。

新しい標準生命表を保険料に反映する時期は各社の裁量に任されています。すでに保険料を改訂した保険会社がありますが、大手生保4社や中堅生保は4月2日以降の契約分から反映するようです。

なお、変更後の保険料は、新規加入時、または、更新型の定期保険や医療保険は更新時に適用されます。つまり、過去の加入に遡って適用されないということです。

ですから、保険料の値上げは避けられそうもない終身タイプの医療保険やがん保険に新規加入、または、見直し加入を考えている人は、「今がチャンス!」といえそうです。保険料の値上げが月数十円でも、20年・30年・終身と払込期間が長くなるほど、節約額は大きくなりますから。

※このコラムは執筆者個人の見解であり、弊社の公式見解ではありません。 また、2018年2月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。