保険診断・見直し

保険会社の付帯サービス使わないと損!

豊田 眞弓

あまり知られていませんが、生命保険の付帯サービスはかなり充実しています。自分が入っている保険会社にはどのようなサービスがあるのか、1度確認しておくと、もしもの時に役立つかもしれません。

■付帯サービスとは?

医療保険やがん保険、終身保険、収入保障保険、定期保険、学資保険、介護保険、外貨建保険など、生命保険会社ではさまざまな保険商品を扱っています。意外と知られていませんが、保険に入ると利用できる「付帯サービス」があります。保険に加入していれば利用できるサービスで、無料で利用できます。

付帯サービスの内容は保険会社によって異なります。最近は、商品選びのポイントの1つにも挙げられるようになってきたため、各社がこぞってサービスの充実を図っています。

実際にサービスを提供しているのは、表1のような専門会社です。保険会社がどこの会社と提携しているかでサービスの内容も異なります。また、仮に同じ会社のサービスを利用していても、契約しているメニューによって、契約者が利用できる内容が異なる場合があります。

表1 サービスを提供している会社
健康相談ダイヤル
ティーペック株式会社/td>
株式会社ウエルネス医療情報センター
株式会社法研
株式会社保健同人社
東京海上日動メディカルサービス株式会社
その他

電話で健康相談ができる「健康相談ダイヤル」(保険会社によっては24時間可能)や、主治医の診断や治療方針に対して疑問があるときなどにセカンドオピニオンのための総合診断医を紹介してもらえる「セカンドオピニオンサービス」(受診手配までしてくれるところも)なども含まれます。

専門の医療機関を紹介したり、受診手配までしてくれる保険会社もあります。また、最近増えているメンタルヘルスカウンセリングを電話や面談で受けられたり、がんや糖尿病、認知症など、病気ごとに治療に関する相談やサポートを受けられる保険会社もあります。

最近は、法律や税務に関する相談を受けられる保険会社もあります。また、ここに取り上げたのは、付帯サービスの主なもので、保険会社によってはこれ以外にもサービスメニューがある場合があります。

■どのようなサービスがある?

表2 付帯サービスの例
健康相談ダイヤル 電話での健康相談が24時間できるところが増えています。メール相談が可能な保険会社も。
セカンドオピニオンサービス セカンドオピニオンのための総合診断医を紹介してもらえます。電話または面談。あるいは両方できるところも。受診手配までしてくれるところも。
専門の医療機関の紹介 専門性の高い医療機関を紹介してくれるサービス。中には受診手配をしてくれるところもあります。
メンタルヘルスカウンセリング 電話または面談にて、カウンセリングを受けることができます。あるいは両方可能な保険会社も。
がん総合サポート 保険会社によっては、がん治療に関する相談やサポートを行っているところも。例えば、重粒子線治療の相談や紹介などを行う場合も。
糖尿病相談 糖尿病に関する相談を電話で受けることができます。
認知症・介護相談 一部の保険会社では、認知症や介護、リハビリなどに関する相談を電話で受けることができます。

■上手に活用!付帯サービス

付帯サービスは比較的新しいサービスのため、昔加入した保険にはついていない場合があります。しかし中には、サービス導入時点からさかのぼって過去の契約者全員が利用できる保険会社もあり、まちまちです。

また、医療保険やがん保険など特定商品に限定して付帯できるサービスがあるかもしれませんので、まずは、あなたが加入している保険会社の付帯サービスの内容についてよく確認してみましょう。保険会社からの書類やサイトを見てもよくわからない場合は、契約している保険会社の「お客様相談室」で確認してみるといいでしょう。

なお、確認をする際には、もう1歩進んで、サービスを利用できる対象者も調べておきましょう。契約者本人のみか、家族も対象となるかは大きな違いです。保険に1本入ったことで、自分や家族の医療関係の相談やセカンドオピニオン、親の介護相談まで受けることができるのはかなり心強いですよね?

また、一部の保険会社で、会員登録をすることでさらに広いサービスを受けられる場合があります。たとえば、お得な価格で旅行やレストランでの食事を楽しめたり、レジャー施設やスポーツクラブ、人間ドックが割引で利用できる…などです。利用できるものは上手に活用したいですね!

※このコラムは執筆者個人の見解であり、弊社の公式見解ではありません。 また、2018年4月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。