ライフプランニング

ライフプラン(5) 人生の3大支出「教育資金」:準備のためのポイント②

小川 満啓

前回は、三大支出の一つ「教育資金」に関し、子供一人あたりの教育費についてお話しました。「子供を育てるって大 変!」と、改めて実感された方も多いと思います。それでは、教育資金はどうやって準備したらよいのでしょうか。

教育資金の準備をするための鉄則

教育資金準備の基本は、月々の積立で安全確実に増やしていくことです。また、教育資金を貯め始める時期も大切。教 育資金準備のスタートは、早ければ早い方がラクです。子供が産まれたら、すぐに始めるといいでしょう。 子供が産まれてしばらくたつのに今まで何もしてこなかった、という人は、気づいた時点で始めるといいでしょう。

いろいろある教育資金の貯め方

それでは、具体的にどのように教育資金を貯めるといいでしょうか。下表にて、3タイプの貯め方とその特徴をまとめまし た。どの運用方法が良いかは、人によって異なりますが、積立の基本である「安全確実」という観点から判断するなら、 「学資保険」や「定期預金」が良いでしょう。 少しでも有利に運用したい人向けに「投資信託」と「外貨」という選択肢も挙げました。前述したように、積立の基本は「安 全確実」ですが、実際に積立した資金を活用するのは多くの場合、お子さまの「大学にかかる教育費」で、実際に貯めた お金を使うまでに時間があります。お子様が産まれたと同時に積立をスタートすると長期間に渡って積立できるので、リ スクを軽減しながら資産形成が可能です。ただし、投資信託など運用商品を利用する場合は、全額ではなく一部の資金 にしてくださいね。