FPコラム - ライフプランニング

ライフプランニング

ライフプラン(7) 人生の3大支出「老後資金」:準備のためのポイント

小川 満啓

人生の3大支出とは、「教育資金」、「住宅購入資金」、「老後資金」でしたね。今回は、ライフプラン上で最後に必要にな る資金、「老後資金」の準備について取り上げます。

夫婦のゆとりある老後生活には1億円かかる!?

平成25 年の厚生労働省の調査によると、日本人の平均寿命は男性が80.21才、女性が86.71才です。長生きはいいこ とです。しかし、豊かな老後を過ごすためには、長生きに対する備えが必須となります。 一般的には、ゆとりある夫婦の老後生活には、1億円程度かかるといわれます。最近は、テレビなどで老後の蓄えにつ いて取り上げられることが多く、「そんな大金を定年までに蓄えるなんて、我が家では到底無理!」とお感じになられたこ ともあるでしょう。仮に、現在、60才の夫婦が85年までの25年間、ゆとりある生活費として月35万円で生活すると仮定 すると、単純計算で、25年×12ヵ月×35万円=1億500万円の費用が必要になります。 しかし、1億円を60才までに蓄える必要はありません。 一般的な夫婦の場合、6割程度は公的年金でカバーされます。 残りの4割を退職金、企業年金、個人年金、預貯金で補えるかどうかはしっかりと確認をしましょう。

老後の生活費を見直せば、老後資金は大きく抑えられる

上記、老後資金1億円の計算は「ゆとりある老後(60 才で定年退職)」を想定したものです。総務省などの家計調査等によ ると、年金生活を送る夫婦が実際に使っている生活費は、月額24~28万円程度です。 仮に、老後の生活費を月額35万円ではなく、月額25 万円とすれば、25年×12ヵ月×(35万円-25万円)=3000万円の 老後資金を抑えることができます。

老後資金を減らす方法には、生活費を抑える以外にも年金の給付が始まるまでは「働く」という方法もあります。老後を 支える収入の柱は「年金」ですが、今後の退職世代は、老齢厚生(退職共済)年金+老齢基礎年金の満額年金は65才 からの支給です。60才で定年退職した場合、65才までの間、収入がなくなり、蓄えを食いつぶすことになります。 将来的には、年金の支給開始が65才よりも後にずれる可能性もあります。現在は、昔と異なり60才でも元気です。また、 働き方も多用しています。必ずしも毎日働く必要はありません。働くことは生きがいにもつながります。

上記で見てきたとおり、生活設計は、一人ひとりの生活の仕方で資金は大きく異なってきます。単純に一般的な数値を基 に生活設計を考えてもあまり参考になりません。将来どんな老後を送りたいか、セカンドライフと老後資金の両面から考 えてみてくださいね。

株式会社エフピー研究所所属ファイナンシャル・プランナー
小川 満啓(おがわ みつひろ)

同じカテゴリの他の記事を読む

FPコラム
ライフプランニング

ライフプラン(7) 人生の3大支出「老後資金」:準備のためのポイント

人生の3大支出とは、「教育資金」、「住宅購入資金」、「老後資金」でしたね。今回は、ライフプラン上で最後に必要になる資金、「老後資金」の準備について取り上げます。

夫婦のゆとりある老後生活には1億円かかる!?

平成25年の厚生労働省の調査によると、日本人の平均寿命は男性が80.21才、女性が86.71才です。長生きはいいことです。しかし、豊かな老後を過ごすためには、長生きに対する備えが必須となります。一般的には、ゆとりある夫婦の老後生活には、1億円程度かかるといわれます。最近は、テレビなどで老後の蓄えについて取り上げられることが多く、「そんな大金を定年までに蓄えるなんて、我が家では到底無理!」とお感じになられたこともあるでしょう。
仮に、現在、60才の夫婦が85年までの25年間、ゆとりある生活費として月35万円で生活すると仮定すると、単純計算で、25年×12ヵ月×35万円=1億500万円の費用が必要になります。しかし、1億円を60才までに蓄える必要はありません。一般的な夫婦の場合、6割程度は公的年金でカバーされます。残りの4割を退職金、企業年金、個人年金、預貯金で補えるかどうかはしっかりと確認をしましょう。

老後の生活費を見直せば、老後資金は大きく抑えられる

上記、老後資金1億円の計算は「ゆとりある老後(60才で定年退職)」を想定したものです。総務省などの家計調査等によると、年金生活を送る夫婦が実際に使っている生活費は、月額24~28万円程度です。仮に、老後の生活費を月額35万円ではなく、月額25万円とすれば、25年×12ヵ月×(35万円-25万円)=3000万円の老後資金を抑えることができます。

老後資金を減らす方法には、生活費を抑える以外にも年金の給付が始まるまでは「働く」という方法もあります。老後を支える収入の柱は「年金」ですが、今後の退職世代は、老齢厚生(退職共済)年金+老齢基礎年金の満額年金は65才からの支給です。60才で定年退職した場合、65才までの間、収入がなくなり、蓄えを食いつぶすことになります。
将来的には、年金の支給開始が65才よりも後にずれる可能性もあります。現在は、昔と異なり60才でも元気です。また、働き方も多用しています。必ずしも毎日働く必要はありません。働くことは生きがいにもつながります。

上記で見てきたとおり、生活設計は、一人ひとりの生活の仕方で資金は大きく異なってきます。単純に一般的な数値を基に生活設計を考えてもあまり参考になりません。将来どんな老後を送りたいか、セカンドライフと老後資金の両面から考えてみてくださいね。

株式会社エフピー研究所所属ファイナンシャル・プランナー

小川 満啓(おがわ みつひろ)

保険会社勤務後、2000年よりエフピー研究所に所属。 大手企業の従業員のFP相談や、FP資格者への実務研修を担当。 FPソフトを使った生涯生活設計のコンサルティングに豊富な経験実績を持つ。 年間相談実績150件以上。

同じカテゴリの他の記事を読む