貯蓄・資産運用

当面使わないお金の活用方法

白石 利樹

「当面使わないお金を増やしたい!かといって元本割れはイヤ!!」

かつて証券マンだったころは、よくこのようなことを言われました。
一見、ずうずうしい要望のようですが、そう思っている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
意外に知られていないのは、生命保険の活用です。キーワードは「当面使わない」です。
保険でお金を増やすためには1年や3年の運用には向いていません。しかしながら、長期間(10年以上)お金を寝かせておけるようなら定期預金など銀行に預けるよりも有利。
さらに証券会社での株式や投資信託のよう
な元本割れリスクもありません。

〈例〉
A生命保険:終身死亡保険【低解約返戻金型】
被保険者30歳 死亡保障1500万円全期前納

前納金額 約824万円(いわゆる元本)
15年後解約返戻金約904万円(解約をして戻る金額です)
25年後解約返戻金約1010万円(解約をして戻る金額です)
※10年未満での解約返戻金は元本を割ります。
※保険商品であるため被保険者の健康状態によっては、加入できないこともあり得ます。

そのほかの特典として・・
①万が一、死亡時には遺族に大きな資金を残せます。(生命保険ですから)
②場合によっては保険料控除が使えます。(うれしい年末調整です)
③満期がないので自分の好きな時に解約ができます。(寝かせておけば寝かせるだけ、お金が増えます)
④最も簡単な相続対策の一つとしても利用できます。(とうとう相続税基礎控除が引き下げられました)

まとまった資金がない方の場合。こうした商品を活用して例えば月々1万円から引き落とし、お金を増やしながら積み立てることもできます。

老後の公的年金だけをあてにして大丈夫でしょうか。
ライフプランがご心配な方は、ぜひお問い合わせください。

このFPへ今すぐ保険相談!