家計

「つみたてNISA」と「一般NISA」。始めるならどっち?

「つみたてNISA」と「一般NISA」。始めるならどっち?

NISAには、「つみたてNISA」と「一般NISA」があり、どちらか一方を利用できます。両者の違いを知って、自分に合った選択ができるようにしましょう。

■「つみたてNISA」と「一般NISA」の違い

もしもあなたが「投資を始めてみようかな」と思ったとき、ぜひとも利用すべきなのが、NISA(少額投資非課税制度)です。配当や売却時の利益にかかる税金の20.315%が非課税になる制度で、20歳以上の人が利用できます。NISAには「つみたてNISA」と「一般NISA」があり、どちらか一方を選んで利用します。

「つみたてNISA」は、コツコツ続ける積立投資で、非課税枠は新規投資額で年40万円まで。保有期間が20年間のため、40万円×20年で最大800万円まで可能です。投資対象となる商品は、信託期間が20年以上の投資信託で、ローコストで長期投資に向く商品に限られます。

一方、「一般NISA」は、非課税枠は新規投資額で年120万円までで、保有期間は5年間。投資対象となる商品は、上場株式やETF、投資信託等で、スポットの投資も積立投資もOKです。ただし、「つみたてNISA」と違って、投資信託に商品選別の基準等はなく、証券会社が選んだ商品が並んでいます。

種類

つみたてNISA

NISA

投資目的

教育資金、住宅資金、老後資金、その他長期的な目的

投資枠

年40万円

年120万円

積立期間

最長20年

最長5年

受取り時の課税

非課税

運用方法

積立投資 通常買い付け・積立投資
対象商品 基準を満たした長期投資に向く投資信託等

上場株式、ETF、投資信託等

途中引出し

自 由


■「つみたてNISA」と「一般NISA」。あなたはどっちを選ぶ?

「つみたてNISA」と「一般NISA」、どちらを選ぶべきかで悩まれる人も少なくありません。どのような人に合うのか、ニーズに合わせて整理してみましょう。該当する項目にチェックを入れてみてください。

<投資対象は?>
□細く長く、長期でコツコツ資産形成をしたい ⇒ つみたてNISA
□株式投資をしたい ⇒ 一般NISA

<投資額は?>
□月30,000円以下の積立投資をしたい ⇒ つみたてNISA
□年間投資額は40万円超の予定 ⇒ 一般NISA

<投資対象は?>
□投資信託の積立でリスクを抑えた投資をしたい ⇒ つみたてNISA
□株式投資をしたい ⇒ 一般NISA
□株式も投資信託もいろいろ投資をしてみたい ⇒ 一般NISA

<投資経験は?>
□投資ビギナー ⇒ つみたてNISA
□比較的投資に慣れている ⇒ つみたてNISA、または一般NISA


チェックを入れた数を集計してみましょう。「つみたてNISA」と「一般NISA」、どちらにより多くのチェックが入ったでしょうか。チェックの多い方が、よりあなたに向いている口座といえます。
実際に投資を始めるには、どの金融機関で口座を開くかなども考えなくてはなりません。「つみたてNISA」なら商品ラインナップはどうか、「一般NISA」なら株式の売買手数料や、投資信託のラインナップなどで選ぶといいでしょう。
投資にはリスクがあります。投資に回せる資金は5年以上使わない資金の1~3割程度であることを頭に入れ、無理のない範囲で始めてみてはいかがでしょう。

※この記事は2018年6月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。



 

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談