家計

「とりあえず投資」はキケン!?貯蓄状況から考えるNISAの始めどき

「とりあえず投資」はキケン!?貯蓄状況から考えるNISAの始めどき

2014年1月からスタートした「少額投資非課税制度」、通称NISA。収益に対する約20%もの税金が免除されるうえ、限度額も決まっているため、投資初心者に優しい制度といわれています。とはいえ、初心者が闇雲に投資を始めるのは危険ともいえます。

そのため、投資初心者はNISAの注意点もきちんと考慮しながら、身の丈に合った投資を始めることが大切となります。

■NISAってそもそも何?


NISA、正式名称「少額投資非課税制度」は、2014年から開始された制度で、NISA口座で運用・管理された株や投資信託の収益が非課税になるというものです。
ややこしい税金を非課税にし、新規投資枠の上限を設けることで、初心者でも始めやすいのがNISAの特徴です。個人投資家を増やして市場に出回るお金を増やすのが目的のこの制度は、現在のところ2023年までの期限付きとなっています。

そう聞くと、「早速始めないと!」という気になってしまうかもしれませんが、その考えは要注意です。

初心者がいきなり闇雲に始めてうまくいくほど簡単なものではありません。NISAは初心者に優しい制度であるとはいわれていますが、NISAならではの注意点もあります。
下手をすれば貯蓄を増やすどころか損をしてしまうこともあるため、初心者であればまずはNISAの注意点をしっかりと把握した上で、どういったタイミングで始めるべきかを考えましょう。


■始める前に知っておきたい!NISAの注意点




・新規投資の上限枠は年間120万円

NISAには毎年120万円の新規投資上限枠が設定されています。この枠を超えて投資をすることはできません。この上限枠は毎年リセットされ、余った分を繰り越すことはできません。

・損益通算ができない

通常の口座の場合、たとえ1つの商品で損失が発生しても、別の商品で発生した利益と合算することで税額を減らすことができる損益通算が利用できます。つまり、損失が発生しても別のところで利益が発生していればメリットがある、ということです。
しかしNISAでは、この損益通算が利用できません。損失が発生しても何の補償もなく、メリットは一切ないといっていいでしょう。NISA口座で投資をする際には、できるだけ損失が発生しない商品を選ぶことが重要となります。

・損失しているのに課税される

NISA口座の非課税期間は最長で5年間です。5年間の非課税期間が終了した後、次の年の非課税枠に保有している商品を移行せずに(ロールオーバーせずに)期間を終了した場合、一般口座や特定口座に移管することが可能です。その際、資産は期間満了時の時価で更新され、一般・特定口座で「その資産で新たに運用をスタートした」とみなされます。
問題なのはNISA口座で損失が出ていた場合です。100万円の商品が、非課税期間終了時に50万円まで値下がりしていた場合、一般・特定口座では「50万円で運用をスタートした」とみなされ、その後商品が100万円まで戻ったとしても、「50万円の利益が出た」としてその分の税金がかかることになります。NISA口座を利用することで、かえって余計に税金を支払わなければならない可能性があるのです。

■プロと相談しながら投資をしよう




上記のように、NISAにもデメリットは存在します。非課税であるといってもほかの投資と同じように損をする可能性も十分にあり、「とりあえず始めてみる」という考えは非常にキケンです。
NISAを始める前に、まずは現在の貯蓄状況を見直すことが大切です。

貯蓄には大まかに3つの種類があるといわれています。

  • 予定外の出費があったときなどに対応できる「流動的な貯蓄」
  • 教育費や結婚資金、老後資金など、将来に備えた「いざというときのための貯蓄」
  • それらをしっかりと確保したうえで出てくる余裕資金が、投資などにあてることのできる「ふやすことのできる貯蓄」です。

たとえ投資で損をしても、日常生活に影響が出ないようにまずは足元をしっかりと固めておかないと、将来のための蓄えにダメージを与えることになってしまいます。

それぞれの貯蓄をどの程度用意すれば投資を始めても大丈夫なのか、というラインは、家族構成や収入などの家庭環境によって異なります。
自分の貯蓄額が投資を始めてもいいラインかどうか判断がつかない場合は、ファイナンシャル・プランナーに相談してみましょう。

「貯蓄がまだ十分でないけど、家計がギリギリでどう増やしていけばいいか分からない」といった方も、ファイナンシャル・プランナーに相談することで、見えなかった家計の無駄が見えてくるかもしれません。NISAの仕組みを知ることで、初心者でも効率的な資産運用が可能となります。

お金に関する不安・お悩みを解決! ファイナンシャル・プランナーへの相談はこちら

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談