「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

MV

主婦のお仕事にいいかも!流行の民泊ホストで家計の手助けを

 

「民泊サービス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。民泊サービスとは、自宅や別荘、マンションなどの空き部屋を活用して旅行者に宿泊サービスを提供するサービスです。もともと海外で盛んだったこのサービスですが、近年では日本でも流行しており、多くの主婦の方が空き部屋を利用して民泊ホストとなって仕事をし、収益を得ているようです。

主婦の方が民泊サービスを始めるにあたって知っておきたい基本情報や、民泊ホストの仕事でお金を稼ぐコツについて、以下でわかりやすくご説明します。

■民泊サービスとは?

A

今や主婦にも注目されつつある、自宅やマンションの空き部屋を貸し出す「民泊サービス」
近年では、民泊サービスを提供するWebサイトがあり、民泊ホストと民泊を利用したい人をつなぐプラットフォームとして機能しています。
このなかで、ホストはサイトに登録して部屋の情報を開示し、ゲストは自分の好みの条件に合う部屋を探します。そして、気に入った部屋があればゲストはオンラインで予約を入れ、サイトを通じて支払いを行います。一般的なホテルや旅館と異なるのは、ゲストから予約が入った際に、ホスト側が利用者のプロフィール情報や過去の民泊サービス利用に関する評価を参考に受け入れの承認・却下を決められるという点です。自宅を貸し出すわけですから、あらかじめゲストの情報を確認できるのは安心です。なお、サイトによっては万が一のトラブルに備えて保証が用意されている場合もあります。例えばゲストが物件内の設備を壊したなどといった際に相当の補償が受けられます。

近年では、外国人観光客の増加に伴って民泊サービスが日本でも盛んになってきています。地域によっては、観光客誘致、地域活性化、空き家や空き物件の有効活用対策として自治体が民泊サービスを推進しているところもあります。そして、このような流れのなかで、観光庁や厚生労働省、生活衛生局などが主体となり民泊サービスに伴う法整備やルール作りも進められています

■ホストになる前に知っておきたい法律

B

自宅とはいえ宿泊料を受けてゲストを泊めるのは、友人や知人を自宅に泊めるのとは事情が異なります。
そのため、民泊ホストになってゲストに部屋を貸し出す際には、旅館業法上の届け出を行い、旅館業法が定める許可要件を満たしたうえで営業認可の取得が必要です。仮に、営利目的ではなく海外の人とのコミュニケーションを目的としていたり、土日のみの営業であったりしても、例外にはなりません。
また、持ち家ではなく賃貸マンションなどを民泊サービスに活用する場合には、旅館業法の認可を取得することはもちろん、物件のオーナーや不動産会社に、「物件の又貸しが可能かどうか」「民泊サービスに使用することが可能かどうか」を確認する必要があります。この他、分譲マンションの場合にも、管理規約の確認を。さらに、近隣トラブル防止のために事前に管理組合などに相談するのが望ましいといえます。

■民泊でコツコツ稼ぐためにはどうしたらよい?

民泊ホストになった場合、収益を決めるのは「宿泊費用」です。
しかし、単純に宿泊費を高く設定しても、ゲストに選ばれないかもしれません。また、だからといって破格に安く設定するのも考えものです。毎月の宿泊日数には30日ないし31日とそもそもの上限があるため、稼働率は上がるかもしれませんが収益アップにはつながりにくいといえます。
つまり、主婦の方が仕事として民泊サービスを運営するために大事なのは、物件がある地域の宿泊相場(他の民泊、ホテル、旅館含む)を考慮し、適切な価格を設定することです。

また、稼働率を上げてなるべく部屋が空いている日をつくらないためには、インターネット上でのアピールも非常に重要となります。まずは民泊サービスを扱う複数のサイトに登録し、ゲストの物件閲覧数を増やしていきましょう。物件の写真はなるべく部屋の様子が分かる魅力的なものに。また、物件の説明文も丁寧に書いて、どんな設備なのか、近隣には何があるのか、どんな魅力があるのかを伝える内容に。この他、例えば「ホストが地域の名産品を使って料理をつくり、みんなでいっしょに食事をする」「ホストが観光地を案内する」などといったプランを用意しているのであれば、そういったことも詳細に明記しましょう。

民泊サービスは、家計を助ける副業として主婦が始めるのにおすすめの仕事です。自宅に使っていない部屋があるという方、投資物件などを持っている方などは、新しい仕事のひとつとして一度検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2017年1月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

お金に関する不安・お悩みを解決!ファイナンシャル・プランナーへの相談こちら

 - 仕事 ,

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ