「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

★このカードは本物ではありません。自身が制作したカードを使用しています。
※他にもカードの素材があります。検索ワード「カード」https://creator.pixta.jp/@zips/photos

高額療養費制度?それとも、がん保険?乳がんの治療費負担を減らすには?

 

「乳がんになっただけでもつらいのに、さらに医療費が高くて負担が重すぎる」
これは、乳がんの患者さんやご家族からよく聞かれる言葉です。精神的負担に加えて経済的負担がのしかかる状況のつらさは、想像に難くありません。実際、乳がんの治療費はどのくらいかかるのでしょうか。経済的な負担を少しでも減らす方法はないのでしょうか。

■乳がんにかかった場合の医療費はどのくらい?

A

現在では、乳がんに限らず、がんの治療方法は多様化しています。
腫瘍の摘出手術に加えて、放射線療法やホルモン療法、化学療法、薬物療法などがあり、患者さんの病状や身体の状態に合わせた組み合わせ治療が選択されています。そのため、ケースによっては治療費がとても大きくなる可能性も十分考えられます。

例えば、早期発見でそれほど進行していないがんの治療で、健康保険が適用されて自己負担額3割の方を例に考えてみましょう。
あくまで目安ではありますが、
・5年間のホルモン療法(抗エストロゲン剤)・・・100万円前後
・半年間の抗がん剤治療(CMF)・・・10万~70万円程度
・乳房の切除手術・・・50万~100万円程度
・乳房温存手術と再発防止のための放射線治療(乳房を全切除せずにがん病変を含む部分のみを切除する場合)・・・150万円程度

また、「先進医療」に係る費用に関しては、健康保険の適用対象外のため、全額自己負担です。この他、差額ベッド代や入院中の諸費用(衣類費やクリーニング費、テレビ利用料など)も、保険が適用されないため全額自己負担になります。
※参照:がん治療費.com
http://www.ganchiryohi.com/remedy.php?part=6&stage=2

かかる病院によっても治療の期間や詳細などによっても上記の金額は大きく異なりますが、場合によっては乳がんの治療費が大きな経済的負担になるということが分かります。

■高額療養費制度の利用で経済的負担は減らせる?

Bこれらの治療費の負担を抑えるためにまず検討したいのは、高額療養費制度の利用です。高額療養費制度とは、1か月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合に、一定の金額を超えた分の控除が受けられる仕組みです。年齢および所得状況などによって自己負担限度額に違いがあるため払い戻される金額は異なりますが、この制度を利用すれば自己負担を軽くすることができます。
例えば、70歳未満で月の所得額が28万~50万円の人であれば、自己負担額の上限は80,100円。自己負担額合計が30万円だった月には、約22万円の返還が見込めます。

「全国健康保険協会」のサイトで高額療養費の簡易的な試算ができます。ご参照ください。
▼全国健康保険協会 高額療養費簡易試算(平成27年1月診療分から:70歳未満用)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/sbb30302/1935-66724#01

なお、高額療養費制度利用に関しては注意点がふたつあります。
ひとつは、高額療養費制度の適用は1か月ごとに計算されるということです。
例えば2月15日から3月15日の1か月間で入院と治療を受け、治療費の合計が10万円だったとします。しかし、このとき、2月の治療費が6万円、3月の治療費が4万円だとすると、どちらの月も自己負担限度額を越えていないため、控除は受けられなくなってしまうのです。

【例】
2月15日~3月15日  治療費合計10万円(2月6万円/3月4万円)
高額療養費対象外×
2月1日~2月28日 治療費合計10万円
高額療養費対象○ 約2万円還付される

上記の例のように高額療養費制度を活用するためには、月をまたがず同月内に治療や入院を済ませるスケジューリングが最適だといえるでしょう。
また、高額療養費制度は、健康保険が使えない治療費分(自由診療)に対しては適用されないという点にも注意が必要です。

■がん保険への加入で経済的負担は減らせる?

高額療養費制度以上に、がんの経済的負担を軽減させることができるのは、がん保険です。一般的ながん保険では、がんと診断されたときに一時見舞金が支払われます。高額療養費制度ではカバーできない保険適用外の先進医療や、サプリメント・漢方の購入などの民間療法を受ける費用に充てることも可能なため、治療の選択肢が広がります。
がん保険は、がん治療に特化した商品であるため、特定の手術を受けた際や死亡時に保険金が支払われます。この他、入院給付金の支払いは無制限という商品が主流となっているため、長期入院や入退院の繰り返しにも安心です。

ただし、ほとんどのがん保険は、がんと診断されてからでは加入できません。また、がん保険には、契約後90日間の「不填補期間」というものが設定されており、この期間中にがんと診断された場合には契約そのものが無効になってしまいます。つまり、がん保険への加入は、健康なうちにしておく必要があるのです。

女性にとって怖い病気の代表格ともいえる、乳がん。しかし、「乳がんは怖いけど、自分はかからないだろう」と、他人事のように考えている方が多いことも事実です。
ぜひこの機会に、いざというときに困らないよう保険に関する情報収集をしたり、乳がん検診を受けたり、乳がんを自分ごととして捉えてリスクに向き合ってみてはいかがでしょうか。

※この記事は2017年1月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

お金に関する不安・お悩みを解決! ファイナンシャル・プランナーへの相談はこちら

 - 健康 , , ,

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ