「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:407名(2017/12/17 現在)

神奈川県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

神奈川県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

神奈川県
株式会社FPパートナー 河内 俊明
保険に加入することで満足してしまっている方がよくいらっしゃいますが、保険の本当の目的は加入することではなく、何かあった時にしっかりと給付を受ける事だと思っております。 今入っている保険、これから加入しようとしていた保険が本当に出口として役に立つものかどうかを一緒に考えて、一緒に最高のプランを作っていきたいと思います。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 福島県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県
ブロードマインド株式会社 冨永 晃弘
顕在的なニーズはもちろん、潜在的なニーズも解決できてこそファイナンシャル・プランナーだと思っております。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 上井 励介
保険以外の事でも何かお客様のお役に立ちたいと思います!
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 郷野 康男
保険と住宅ローンがうまく組めれば無駄のない資産形成ができると思い、この2つを着目してコンサルティングをしております。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 熊谷 周一郎
しっかりとお話を聴き、お伝えすること。 とにかくシンプルに分かり易くお伝えする。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 瀬島 佑介
金融商品の良い・悪いではなく、その方に合っているか、合っていないのかを実例を交えながら、分かりやすく、丁寧にお伝えいたします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 後久 達男
今の環境全てに感謝し、今出来るベストを尽くす。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

ブロードマインド株式会社
増田 諒 (マスダ リョウ)

詳細を見る ›

ブロードマインド株式会社 増田 諒
それぞれのお客様ご自身が望む豊かな人生を送るためのお手伝いをすること。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 門 照一
1円を笑う者は、1円に泣く!
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
株式会社FPパートナー 笠原 仁
■小さい子供さんが聞いても理解できる位、分かり易く納得いくまでご説明していきます。 ■常に医学知識や最新の経済情報など自身が学び、お客様にお伝えします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県

神奈川県のお役立ち情報

エリアの概要

神奈川県は、関東地方に位置する都道府県です。東京都、山梨県、静岡県、千葉県に隣接しており、東部は東京湾、南部は相模湾、南東部は太平洋に面しています。県庁所在地は横浜市です。
総人口は約900万人。県内では県庁所在地のある横浜市が最も人口の多いエリアで、約370万人です。
神奈川県の年齢別人口では、40~44歳が最も多く約79万人、次いで35~39歳で約73万人です。一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約196万人で、全体の約20%となっています。
神奈川県は、横浜市を始め国が指定する政令指定都市が3つある唯一の都道府県です。全体の人口でも、首都である東京に次ぐ全国2位、人口密度では東京と大阪に次ぐ3位と、あらゆる面において大都市エリアだといえます。

エリアの平均寿命・平均余命

平成22年度の全都道府県民の平均寿命は、男性が79,59歳、女性の全国平均が86,35歳です。
同年の神奈川県の平均寿命は男性が80.25歳、女性が86,63歳となっており、男女ともに全国の平均寿命を上回っています。また、65歳以上の神奈川県民の平均余命は男性が19.06年、女性が24,03年です。
総人口数、特に40代までの比較的若い年齢層の人口が多い神奈川県では、十数年先の高齢化に向けた抜本的な対策を始めています。神奈川県知事が県内の高齢者用福祉施設を訪問し、現場レベルの問題点や改善点の洗い出しなどを精力的に行っています。

都市の概要

横浜は神奈川県の東部に位置する都市です。横浜は神奈川県の県庁所在地であり、政令指定都市に指定されています。
横浜の総人口は約370万人。神奈川県の人口の約40%が横浜に集中していることになります。
横浜の年齢別人口では、40~44歳が最も多く約79万人、次いで35~39歳が約73万人です。一般に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は全体で約19万人、横浜の総人口の約5%となっており、比較的若い年代が中心の都市であることがわかります。
神奈川県の中心都市である横浜は、県内で最も面積が広い市区町村であり、全国で最も人口の多い市です。東京都心部まで直通の鉄道が整備されており、通勤・通学に便利なベッドタウンとしての一面もあります。

エリアの地域特性と保険

神奈川県内にある病院は約340院、一般診療所は約6,200院です。神奈川県内の国立病院は、横浜医療センター(横浜市)、久里浜医療センター(横須賀市)、箱根病院(小田原市)、相模原病院(相模原市)、神奈川病院(秦野市)の5院です。また、神奈川県の人口10万人あたりの病院数は3.9で、これは全国平均を下回る数値です。
神奈川県の県庁所在地である横浜市の病院数は約130院、一般診療所は約2,700院。神奈川県では、横浜に40%以上の病院や一般診療所が集中しています。
神奈川県内にある病院の病床数は約74,000床で、こちらは全国の平均水準を大きく上回っています。病院数が少ない点を踏まえると、横浜の病院は病床数が多い大規模な医療施設が中心であることがわかります。ひとつあたりの規模は大きくても人口あたりの病院数は他県に比べて少ないため、突発的な事故や病気に備えるには、身近にある医療施設の場所や所属する医師についてしっかり把握しておくことが大切です。
また、事前に準備しておきたいものとして、保険への加入もご検討ください。治療費の負担を軽減する医療保険や、万が一の事態に備える生命保険への加入はお済みですか?保険は安心を買うものです。保険料はかかってしまいますが、加入しておけばいざというときに必要な保障が受けられます。
もちろん、保険料と保障内容のバランスを取ることも大切です。新規加入をご検討中の方の保険相談も、保証内容の保険見直しをお考えの方の保険相談もFPにご依頼ください。
あらゆる保険の悩みにお答えする保険相談のプロフェッショナルであるFPは、お客様との保険相談を通じて、最適な保険プランを提供します。保険相談を受けていただきますと、新規加入や保険見直しに関する不安や疑問にも適切に答えてくれます。
ニッセンライフでは、お客様がお住まいの地域に登録しているFPをご紹介するサービスを提供しております。神奈川県内、横浜市周辺で保険相談、保険見直しをお考えの方は、お気軽に弊社コールセンターまでお電話ください。

保険コラム 公的保険と民間保険

保険には、公的保険と民間保険の2種類があります。公的保険には、国民健康保険や介護保険、労働保険などがあり、一定の年齢に達した段階で加入が義務づけられています。
一方、民間保険とは民間の保険会社が提供しているサービスで、生命保険や医療保険などがあり、契約するかどうかは個人の自由です。加入している人もいれば、加入していない人もいます。
公的保険と民間保険は、それぞれ全く別の分野をカバーする保険というわけではなく、保障対象が重なっている部分も多くあります。例えば公的保険と民間保険、どちらも病気やケガの治療に対して保障金を給付する内容のものがあり、公的保険だけで十分な保障が受けられるのであれば、民間保険にわざわざ加入する必要はありません。
しかし、特定の疾病に対しての治療、例えばがん治療などは公的保険の保障対象に入っておらず、先進医療特約付きの民間医療保険に加入していなければ治療費の負担を軽減することができません。
公的保険ではカバーしきれない範囲の保障を、民間保険でカバーする。公的保険と民間保険は、このように互いを補い合う関係にあるといえます。
保険への加入、またはすでに加入している保険見直しをする際には、この「どこまで公的保険でカバーし、どこから民間保険でカバーするのか」を十分に考える必要があります。万が一のときの安全と、毎月支払う保険料とのバランスを考え、自分にとって最善の保険に加入することが大切です。
公的保険と民間保険のバランスを選ぶ際にも、保険相談・保険見直しのプロであるFPにご相談ください。新規加入の保険相談、保障内容を考え直す保険見直しなど、保険に関してのあらゆる問題にFPがお答えします。

  • ※総人口、年齢別総人口数は平成25年都道府県別人口統計から
  • ※平均寿命は平成22年度簡易生命表から
  • ※医療施設数は平成21年度厚生労働省の地域保健医療基礎統計から
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ