「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:508名(2019/09/16 現在)

宮城県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

宮城県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

宮城県

13件中 21件~ 13 件表示

13件中 21件~ 13 件表示

宮城県のお役立ち情報

宮城県の概要

宮城県は、東北地方に位置する都道府県です。
山形県、福島県、岩手県、秋田県に隣接しており、東は太平洋、西は奥羽山脈に面しています。
県庁所在地は仙台市です。
宮城県の総人口は約233万人。 県内では県庁所在地のある仙台市が最も人口の多いエリアで、約108万人です。
宮城県の年齢別人口では、60歳~64歳が最も多く約16万9000人、次いで65歳~69歳約16万8000人です。
一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約59万人で、全体の約25%となっています。
宮城県は世界三大漁場のひとつである三陸沖漁場を有する、日本屈指の水産県です。
このほかにも平野部では稲作、沿岸地域ではハウス栽培、高原地帯では畜産など、県の広い範囲で第一次産業が活発に行われています。

宮城県の平均寿命・平均余命

平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
同年の宮城県の平均寿命は男性が80.99歳、女性が87.16歳となっており、男女ともに全国の平均寿命をやや上回っています。
また、65歳の宮城県民の平均余命は男性が19.81年、女性が24.38年です。
宮城県では60歳~69歳の人口が特に多く、高齢化は確実に進んでいます。
若い世代のためにも、さらなる福祉・医療の発展が望まれています。

宮城県の都市概要

仙台市は、宮城県の中部に位置する都市です。
仙台市は宮城県の県庁所在地であり、政令指定都市に指定されています。
仙台市の総人口は約108万人。宮城県の人口の50%近くが仙台市に集中していることになります。
宮城県の全人口の半分ほどが集まっている仙台市は、東北地方全体の中でも最大の都市です。
都心部でも緑が多いことから杜の都とも呼ばれていて、サーフスポットやスキー場、温泉といった自然由来の観光地も多くあります。

宮城県の地域特性と保険

宮城県内にある病院は139院、一般診療所は1397院です。
宮城県内で国立病院機構に所属する病院は、仙台医療センター(仙台市)、仙台西多賀病院(仙台市)、宮城病院(亘理郡山元町)の3院です。
また、宮城県の人口10万人あたりの病院数は5.96院で、全国平均の6.52院をやや下回る数値です。
宮城県の県庁所在地である仙台市青葉区の病院数は約24院、一般診療所は約314院。
宮城県では、仙台市青葉区を含む仙台市部に多くの病院や一般診療所が集中しています。
宮城県内にある病院の病床数は約2万6000床で、人口10万人あたりの病床数は全国の平均水準を下回っています。
前述したように宮城県の病院や一般診療所は仙台市に大きく集中しており、宮城県内でも仙台市以外の地域は特に不測の事態への対応が難しくなる可能性があります。
仙台市外の地域の場合、もしもに備えて近くの病院について調べたり、かかりつけの信頼できる病院を見つけたりしておくことが大切です。
信頼できる病院を探しておくことに加え、医療保険についても加入や切り替えの検討をしておくといいでしょう。
医療保険はいざとなったときに家計を助けてくれたり、さまざまな保障を受けたりすることができます。
今の状況や将来に心配なことに合わせて適切な保険を選び、老後に向けての準備をしましょう。
保険に関してはわからないことも多いものですが、そういった場合にはファイナンシャル・プランナーに依頼し、保険相談や保険見直しを行うのがおすすめです。
ファイナンシャル・プランナーは保険のスペシャリストなので、保険相談や保険見直しにも丁寧に対応してくれます。
わからないことも適宜教えてもらえるので、保険に対する理解を深めながら適切な保険を選ぶことができます。
保険には加入条件も設定されているため、保険相談や保険見直しは早いうちにやっておくにこしたことはありません。
保険相談や保険見直しについて弊社にご連絡いただければ、登録ファイナンシャル・プランナーをご紹介させていただきますので、お気軽にご利用ください。

保険コラム 「持病があると加入できない?」

一般的な保険の場合、加入の際には告知を行う必要があります。
告知とは、現在病気にかかっているのか、過去にどのような病気をしたことがあるのか、治療の状況はどうかといった、自身の健康状態を提示することをいいます。
告知内容に関しては各保険によっても変わりますが、5年以内の病歴はほとんどの場合で聞かれます。
5年以内の病歴を問う質問に当てはまる場合は保険に加入できない可能性があるため、持病がある人は保険に入れないというイメージが広まっています。
しかし、告知内容が各保険によって変わるように、告知に対する判断基準も保険会社や商品によって異なります。
そのため、ある保険会社がダメでも別の会社ならOKであったり、保険金削減や割増保険料など条件付きで加入できたりすることもあるのです。
持病がある人でもまずは保険相談や保険見直しすることで、自分に適切な保険を探すことをおすすめします。
年々保険の内容も変わってきているため、昔はダメでも今は入れるという可能性もあります。
保険に関する情報は調べない限りわからないことがほとんどなので、保険相談や保険見直しの重要性は高いといえます。
もし一般の保険に加入できなかったという場合であっても、引受基準緩和型保険という告知内容が限定された保険もあります。
保険料が割高であることが多いのですが、持病があっても入れる可能性があります。
新規の方も切り替えする方も、まずは保険相談や保険見直しをするのがおすすめです。
もし保険相談や保険見直しを検討されているなら、ぜひ弊社にご連絡ください。
一般の保険や引受基準緩和型保険など、さまざまな保険の中からお客様に最適なものをご提案させていただきます。

(2019年6月20日更新)

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ