「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/10/21 現在)

新潟市南区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県・ 新潟市南区で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟市南区

PICK UP - 新潟市南区のおすすめファイナンシャル・プランナー

あんしんFPパートナー株式会社
山本 智康 (ヤマモト ノリヤス)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 山本 智康
お客様が悩んでいる事を全力で解決する。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県

新潟市南区対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

新潟市南区対応のFP一覧はこちら

新潟市南区のエリア情報

新潟市南区の概要

新潟市南区の総人口は平成29年3月末時点で45,618人(男性:22,174人、女性:23,444人)、世帯数は15,761世帯となっています。面積は、100.91km 2です。
南区は新潟市の南に位置し、新潟平野のほぼ中央に位置する田園地帯です。南区は「越後の果樹王国」と呼ばれており、ブドウやモモ、イチゴなどが農作物として有名です。農業のための主な水源として、区域を信濃川と中ノ口川が流れています。
南区は収穫したばかりの新鮮な農産物が売り出される定期市や、果物を自分でもいで食べることができる観光農園など、その生産量を生かしたイベントや観光施設がある自然豊かな行政区です。

新潟市南区の特徴

毎年初夏に開催される「白根大凧合戦」は、新潟県を代表するイベントであり、世界最大スケールの大凧合戦です。このイベントは、中ノ口川の両岸からそれぞれ打ち揚げられた24畳の大凧を、空中で絡ませて川に落とした後、どちらかの凧綱が切れるまで引き合って勝敗を競い合う競技です。白根大凧合戦は平成26年に新潟市民文化遺産に選ばれ、さらに平成27年には新潟県無形民俗文化財指定を受けました。
江戸時代に新潟市南区一帯を治めた“笹川家”は、新田開発や治水政策を行って、現代の南区の農業の礎を築きました。その笹川家の邸宅は、「旧笹川家住宅」として、一般に公開されています。旧笹川家住宅は、昭和29年に国の重要文化財に指定された、新潟県南区を代表する観光スポットです。
文化の面では、国の無形民俗文化財に指定されている郷土芸能「角兵衛獅子」や経済産業大臣により指定された伝統工芸品「白根仏壇」などがあります。

新潟市南区の健康・医療

新潟市南区には、「白根健康福祉センター」、「味方健康センター」、そして「月潟健康センター」の3棟の健康センターがあります。3棟とも市民の健康づくりのための健康相談や健康診断を実施する他、福祉の増進のための仕事も行っています。とりわけ、味方健康センターと月潟健康センターは、それぞれデイサービスセンターを併設しているため、高齢者たちの憩いの場として利用されています。
「白根総合公園」は屋内プールやテニスコート、多目的広場などの施設を備えた、新潟市南区最大の運動施設です。白根総合公園内の「カルチャーセンター」では、毎年「南区フロアカーリングオープン大会」が開催されます。この大会は区民へのフロアカーリングの普及と、健康づくりの増進、市民交流を目的として開催されています。

保険コラム 「自動車保険のセカンドカー割引」

車を個人で2台所有する場合、「自動車保険のセカンドカー割引制度」を利用することができます。この制度を使用できる条件として、1台目の自動車保険の等級が“11等級以上”であることがあげられます。

この制度を利用すると、2台目の自動車保険の等級制度が通常“6等級”から始まるところを、“7等級”からスタートすることができます。配偶者や子の名義で保険に加入した場合でも、この制度を使用することができます。なお、子の名義を使用する場合は、子と同居していることが条件です。配偶者の場合は、別居していても問題ありません。
自動車を2台所有し、2台とも保険に加入する場合、保険料の負担がそれだけ増加することになります。この点、自動車保険に詳しいファイナンシャル・プランナーに相談することで、保険料の無駄を省くことができるかもしれません。
1台目の自動車保険への加入はそれほどめずらしくはありませんが、2台目の加入となるとそれだけ負担も増えます。それだけに、2台目の自動車保険への加入にあたっては少しでも補償や保険料の無駄を省くためにもファイナンシャル・プランナーに保険プランについて相談することが大切です。なお、ファイナンシャル・プランナーといっても相談できる分野や取り扱い保険商品は異なるため、相談する前に自動車保険の取り扱いについて可能かどうか確認するようにしましょう。
ファイナンシャル・プランナーと一緒に、理想の保険選びを実現しましょう。

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ