「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:407名(2017/12/17 現在)

栃木県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

栃木県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

栃木県

11件中 11件~ 11 件表示

株式会社FPパートナー 恒川 誠二
少子高齢化による社会構造の変化に備えた効率的な資産作りをお手伝いします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 東京都

11件中 11件~ 11 件表示

栃木県のお役立ち情報

エリアの概要

栃木県は、関東地方に位置する都道府県です。茨城県、埼玉県、群馬県、福島県に隣接する、全国に8つある内陸県の1つです。県庁所在地は宇都宮市です。
栃木の総人口は約200万人。県内では、県庁所在地のある宇都宮市が最も人口の多いエリアで、約50万人です。
年齢別人口では、60~64歳が最も多く約16万人、次いで35~39歳が約14万人です。一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約46万人で、全体の約25%となっています。
栃木県は古くから首都圏と東北地方を結ぶ拠点として栄えてきましたが、近年は観光地として注目を集めています。 例えば、世界遺産にも登録された日光の東照宮、避暑地として人気の那須高原、サーキット場が人気の茂木エリア、そして、ご当地グルメの火付け役でもある宇都宮市の餃子など観光名所やご当地グルメが多数存在しています。

エリアの平均寿命・平均余命

平成22年度の全都道府県民の平均寿命は、男性が79,59歳、女性の全国平均が86,35歳です。
同年の栃木県の平均寿命は男性が79,06歳、女性が85,66歳となっており、男女ともに全国の平均寿命をわずかに下回っていますが、平均的といえます。また、65歳以上の栃木県の平均余命は、男性が18,30年、女性が23,22年です。
栃木県内には医療系の大学があり、付属の大学病院や若手の医師などが多く医療体制は充実しています。県の中心部である宇都宮市はもちろんのこと、小山市や下野市といった場所にも大型の医療機関が点在しています。 この様に栃木県は医療体制が県内各所で充実しているので、これからさらなる少子高齢化を迎えるにあたって、安心して老後を迎えられる地域であるといえます。

エリアの地域特性と保険

栃木県内にある病院は約110院、一般診療所は約1,400院です。栃木県内の国立病院は、栃木病院(宇都宮市)、宇都宮病院(宇都宮市)の2院です。また、栃木県の人口10万人あたりの病院数は5,9で、全国平均を下回る数値となっています。
栃木県内にある病院の病床数は約22,000床で、こちらも全国平均を下回る数値となっています。このことから、全国的な平均水準と比較した場合、栃木県は突発的なケガや病気の際に医療機関での対応が受けづらい地域になっているといえます。そのため、掛かり付けの診療医を見つけておくなど、個人での準備が重要です
保険への加入は、個人でできる事前準備の一つです。治療費の負担を軽減して病院や一般診療所での治療を受けやすくするためにも、十分な保障内容の保険に加入することを検討しましょう。
加入に関する保険相談、または既に加入済みの保険見直しの相談に関しては、お近くのFPにご相談ください。FPはお客様からの保険相談、保険見直しのご依頼を受けて、最適なプランの保険商品をご提案します。
栃木県にお住まいの方で、地域で事業を展開しているFPをお探しの場合は、弊社コールセンターまでお電話ください。弊社コンシェルジュが栃木県内の登録FPをご紹介いたします。

保険コラム 「保険相談・保険見直しで重要な3つのポイント」

ここでは、加入に関する保険相談や、既に加入している保険見直しのご相談をされる際、必ずご確認いただきたい3つのポイントをご紹介します。FPからももちろんきちんとした説明があるはずですが、予めご認識いただいた上でご相談に望まれた方がより理解が深まるといえます。
1.いま必要であるかどうか
2.余計な保障内容がついていないかどうか
3.保険相談時のシチュエーションは満足いくものか
まず、保険への加入や保険見直しが、いま本当に必要であるかどうかをご確認ください。保険の必要性は、お客様のライフステージや将来的なライフプランによって異なります。加入する必要性がある場合や見直しをする必要性がある場合にはもちろんご検討いただくことが最善となりますが、必ずしもそうしなければならないというものではありません。いまが本当に加入や保険見直しのタイミングなのかどうか、もう一度しっかりとご検討ください。
次に、保障内容についてのご確認です。新規加入する場合には加入をご検討されている保険の、そして既に加入されている場合にはその保険の保障内容が本当に必要であるかどうかをご確認ください。保障内容が充実すれば、それだけ保険料の負担は大きくなります。お客様にとって最も良い保険とは、保険料を保障のバランスが取れた保険です。万が一の際にはどれくらいの保障が必要になるのか、毎月どのくらいの保険料であれば負担が重くならないか、その点をもう一度ご検討ください。
最後に、保険相談時のシチュエーションです。FPとの保険相談は、保険相談の窓口、お客様のご自宅、FPの事務所など様々な場所でご利用いただけます。保険のご相談はお客様の一生を左右するもの、ゆっくりとお話いただける環境でのご相談を推奨いたします。

  • ※総人口、年齢別総人口数は平成25年都道府県別人口統計から
  • ※平均寿命は平成22年度簡易生命表から
  • ※医療施設数は平成21年度厚生労働省の地域保健医療基礎統計から
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ