「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/04/30 現在)

世田谷で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

東京都・世田谷で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

世田谷

PICK UP - 世田谷のおすすめファイナンシャル・プランナー

ベストセレクトコンサルティング株式会社
三田 彰則 (ミタ アキノリ)

詳細を見る ›

ベストセレクトコンサルティング株式会社 三田 彰則
出会いに感謝。 あくまでも公平中立な立場で。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 東京都
  • 神奈川県

株式会社東京海上あんしんエージェンシー
髙本 まさみ (タカモト マサミ)

詳細を見る ›

株式会社東京海上あんしんエージェンシー 髙本 まさみ
ひとそれぞれ、家族構成・家庭環境は異なります。ひとりひとりのライフプランに寄り添い、その人に合った解決策を一緒に考えていきます。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 神奈川県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:神奈川県愛甲郡・足柄上郡・足柄下郡・中群・高座郡・相模原市・秦野市

株式会社RKコンサルティング
星野 美幸 (ホシノ ミユキ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 星野 美幸
お客様それぞれのご家庭、背景に応じてライフプランニングをすることをモットーにしています。 専門的な用語をお客様の視点になってわかりやすく説明します。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:公共交通機関での移動が不可能な地域

世田谷対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

世田谷対応のFP一覧はこちら

世田谷区のエリア情報

世田谷区の概要

東京都世田谷区は、東京都23区の一つで南西部に位置します。「いつまでも住み続けたい『魅力あふれる 安全・安心のまち世田谷』」が世田谷区のキャチフレーズです。人口は88万人を超えており、東京23区の中では、人口密度がトップ(2015年時点で第1位)の活気溢れる都市です。都内各方面へのアクセスも良く、都心でありながら生活と仕事のしやすい街でもあります。また、世田谷区全体でみると人口構成は40~44歳の男女が最も多いですが、地区によって人口の多い年代が違います。子供の世代(15歳未満)が多いのは砧(きぬた)と呼ばれる地域で、大学や商業施設などのある住宅街が広がっています。老齢人口が多い街は、八幡山と豪徳寺です。いずれも、65歳以上の高齢者が24%以上を占めています。
自治体の財政状況は、増収と減収を繰り返し、2015年は増収が見込まれています。区債の償還が行われており、さらに財政を健全化するための政策を実施してきたため、債務は減少しつつあり、財政状況は概ね良好な自治体です。民間の力を借りつつ、スリムな行政を目指している一方で、健康や福祉、教育分野へ重点的に予算を投じることを計画しており、子育て世代にも住みやすい街といえます。

世田谷区の特徴

世田谷区の特徴は、東京都にありながら自然が多いことです。東京都で唯一等々力(とどろき)渓谷という渓谷があります。一歩渓谷に足を踏み入れると、都心部の建物があまり見えないため、都民から身近なリフレッシュできるスポットとして愛されており、東京都の名勝指定も受けています。また、世田谷区内の公園は、大小含めると360以上も存在し、子供・大人を問わず、市民の憩いの場となっています。世田谷区は、全国的に有名な小松菜の一大生産地でもあります。地産地消を目的として、世田谷区内で取れる野菜などを材料にした学校給食の提供も一部でなされており、世田谷区はまだまだ田畑の残る地域です。経営規模の小さい農家が多く、収穫したものは直販所でも販売されています。
世田谷区は、公共交通機関が南北に発達していることも特徴の一つです。主要な場所まではバスを使って移動できます。世田谷区内は、烏山・北沢・世田谷・砧・玉川という5つの区域に分かれており、それぞれに区役所の支所があるので、様々な手続きを区役所(本庁)まで行かなくても、支所で済ませることができるため大変便利です。支所の他に、小規模な出張所もあり、住所の変更などを受け付けています。交通の便がよく、公的サービスも行き届いています。

世田谷区の健康・医療

東京都世田谷区は、0~15歳の子供の医療費が無料です(ただし、他の制度がある場合は、他の制度が優先的に適用されます)。世田谷区が、健康保険診療の自己負担分を助成してくれるので、実質無料になるという仕組みです。子供が6歳になるまでは、「乳幼児医療証」が、6歳から15歳までは「子ども医療証」が交付されます。世田谷区の一般診療所は826か所(2015年9月現在 地域医療情報システムより)あり、人口10万人あたりの医療機関(一般診療所)は94.1か所と、全国平均の68.42か所を上回っており、医療機関が充実しているといえます。
世田谷区の健康政策は「健康づくり課」という区役所の部署で行われており、乳幼児の健康診断から心の健康相談まで、様々な健康に関する相談を受け付けています。がん検診などは、世田谷保健所が担当しており、検診だけではなく、食育のためのメニューを配布するなど、疾病の予防にも努めています。世田谷区は子育て世代の健康サポートが充実しており、子育て支援ヘルパーを派遣したり、母親と子どものケアを重点的に支援しています。主要駅には一時預かり「子育てステーション」を設置し、区民なら誰でも利用可能です。

保険コラム 「持病があると加入できない?」

一般的な保険の場合、加入の際には告知を行う必要があります。告知とは、現在病気にかかっているのか、過去にどのような病気をしたことがあるのか、治療の状況はどうかといった、自身の健康状態を提示することをいいます。この告知内容に関しては各保険によっても変わりますが、5年以内の病歴はほとんどの場合で聞かれます。これに当てはまる場合は加入できないことが多く、このことから持病がある人は保険に入れないというイメージが広まっています。
しかし、告知内容が各保険によって変わるように、告知に対する判断基準もそれぞれで異なります。そのため、ある保険会社がダメでも別の会社ならOKであったり、保険金削減や割増保険料など条件付きで加入できることもあるのです。そのため、持病がある人でもまずは保険相談や保険見直しすることで、自分に適切な保険を探すことをおすすめします。年々保険の内容も変わってきているため、昔はダメでも今は入れるという可能性もあります。こういった情報は調べない限りわからないことがほとんどなので、保険相談や保険見直しの重要性は高いといえます。また、もし一般の保険に加入できなかったという場合であっても、引受基準緩和型保険という告知内容が限定された保険もあります。保険料が割高である場合もありますが、持病があっても入れる可能性があります。
新規の方も切り替えする方も、まずは保険相談や保険見直しをするのがおすすめです。もし保険相談や保険見直しを検討されているなら、FPナビのコンシェルジュにご相談ください。一般の保険や引受基準緩和型保険など、様々な保険の中からお客様に最適なものを提案できるファイナンシャル・プランナーをご紹介させていただきます。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ