「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:403名(2017/10/19 現在)

山形県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

山形県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

山形県

10件中 11件~ 10 件表示

10件中 11件~ 10 件表示

山形県のお役立ち情報

山形県の概要

山形県は東北地方南西部の県で日本海に面しており、国内有数の稲作地帯である庄内平野が最上川の下流域に広がり、内陸では盆地を中心に果樹栽培が盛んな農業県です。火山などの観光資源もあり、近年は交通が整備されたことで最先端技術を使った製品を製造する工場などが多く進出しています。山形県は北西部の庄内地方、北東部の最上地方、中部の村山地方、南部の置賜地方に分かれています。さくらんぼの生産量日本一でも有名です。県章の三つの山は山形県の山々を表し、同時に最上川の流れも表していると言われています。鋭角的な三角形は山形の発展という期待が込められています。山形県のシンボルは生産量日本一で知られるさくらんぼの木です。さくらんぼは、生での出荷だけでなく、ジャムや果実酒などの加工品もたくさん生産されています。山形県内で品種改良されたさくらんぼの品種では、佐藤錦、紅秀峰、紅さやかなどが広く知られています。
人口は約121万人、面積は9323㎢で、県庁所在地は山形市です。また、山形県にはニホンカモシカ(カモシカとも呼ばれます)が多く生息し、国の天然記念動物に指定されています。カモシカは、山形県のシンボルとして県の獣としても指定されており、山地では国道を横切る姿や食物を反芻しながら岩の上に長い時間たたずむ姿を確認することができます。

山形県の特徴

山形県のイベントとして有名なのは山形花笠まつりです。花笠まつりは東北四大祭りのひとつとされ、毎年8月5~7日の3日間は全国から多くの観光客でにぎわいます。数千人の踊り手が花笠を手にもって花笠音頭とともに「やっしょ、まかしょ!!」という威勢のいい掛け声とともに、花笠をまわして踊りながら大通りをパレードします。山形県の特産品はさくらんぼが有名ですが、伝統工芸品としては山形仏壇、天童の将棋の駒、山形鋳物などがあります。紅花も有名で、米沢市や河北町の紅花染めは知名度が高く、県内のいろんな施設で紅花染めの体験ができます。
隣接する新潟県や秋田県と同様に、県内全域が日本海側気候なので、県内の9割が特別豪雪地帯となっています。省内地方は夏冬とも気温が高く、年間平均気温は北関東などとあまり変わりません。夏は熱帯夜になるほどで、冬は温暖な一方で日照時間があまりありません。豪雪地帯ですが、雪は溶けやすく積雪量はそれほど多くありません。山形・仙台間高速バス、JR仙山線、山形自動車道などの交通網が発達しており、山形県民が宮城県の商業圏に出向くことが多く、最近では宮城県からの商業圏が山形県の村山地方にも広がりを見せています。

山形県の健康・医療

山形県村山地域では「村山地域医療情報ネットワーク(べにばなネット)」が設置されて、村山地域の複数医療機関が情報通信技術を利用して診療情報を共有しています。このネットワークは病院やかかりつけ医が一体となり、切れ目ない医療サービスが受けられる仕組みになっています。この仕組みは将来、かかりつけ医や高度医療まで、医療から介護までを切れ目なく結びつける予定でおり、質の高い地域医療提供制度を目指しています。重複せずに治療が受けられ、情報の申し送りの漏れがないので、地域で治療を受ける方にも医師側(病院)にも良い仕組みとして注目されています。また、山形県では健康づくりキャッチフレーズとして「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、毎年健診」として健診を広める運動をしています。
「健康やまがた安心プラン(山形県健康増進計画(第2次)・山形県がん対策推進計画(第2次)・山形県歯科口腔保健計画(第3次))」という、生涯にわたって健康でいるためのプランを策定し、積極的に取り組んでいます。健康やまがた安心プランは、健康増進活動、がん対策、口腔保健対策の3つに重点をおいています。こうした取り組みを通じて、県全体で健康長寿山形県の実現を目指しています。

山形県の暮らし・家計

山形県の総生産は3兆7390億円で、平均年収は379万9900円です。都道府県ランキングでは41位ですが、平均年齢(就業している人口の平均)42.6歳で、平均勤続年数は12.9年となります。男性の平均年収は375万9900円、女性の平均年収は303万4600円です。共稼ぎ率が全国1位で68.15%と高水準の県です。
保育所数は238か所で待機児童数が77人です。診療所数はほぼ1000か所、15歳未満人口が150,000人に対して65歳以上の人口が320,000人と、約2倍になっています。山形県では、2009年10月20日に子どもや子育て家庭に対する応援活動として「山形みんなで子育て応援団」を創設しています。この出産・子育て応援活動の一つとして、山形県にはやまがた子育て応援パスポート事業というものがあり、県内に住んでいる子育て家庭に「パスポートカード」を交付しています。企業や店舗の協力のもと、山形県内に住む子育て家庭に「パスポートカード」を交付し、事業に協賛している企業や店舗でさまざまなサービスを受けることができます。山形県では、これらの取り組みを通じて、子どもや子育て世帯が安心できる地域づくりを目指しています。

保険コラム「全期前納と一時払の違い」

保険料の払い込み方法には、「月払」「半年払」「年払」「一時払」の4種類があります。保険種類によってはあらかじめ払い込み方法が定められている場合がありますが、契約の際には、どの払込方法にするかを契約者が選ぶことができます。「一時払」は保険期間の全保険料を一時に払い込む方法です。同じように、まだ払込期間の到来していない将来の保険料の一部または全部をあらかじめまとめて払い込むことを「全納」といいます。その中でも全期間分の保険料を一度に支払ってしまうものを「全期前納」と言います。全期 前納は保険会社に保険料を預けておくような形になり、支払期日が来たら保険会社が1回あたりの年払や月払の保険料分を充当していくような支払い方法になります。
一見同じようですが、2つには下記の違いがあります。
① 保険料の支払総額は一時払のほうが抑えられる
② 全期前納の場合には被保険者の死亡、解約時等に未経過の保険料は返還される。一方、一時払については、保険料は返還されない
③ 全期前納の場合には生命保険料控除は保険料払込み期間中毎年受けられる。一時払の場合、保険料を支払った年度のみ生命保険料控除が使える
双方の違いを理解し、保険に加入される際には払い込み方法についても検討してみましょう。

  • ※本文で引用している数値は2017年2月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ