「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

入院

知っておきたい! がん保険の最新事情

 

がんは日本人の死因のトップですが、治療技術の進歩で「治せる病気」になりつつあります。
今や、がんは入院して治療する時代から通院で治療する時代に入っています。それに伴って、がん保険の保障内容も変化しています。最新の事情を知っておきましょう。

■がんは新たな罹患者も死亡者も増え続けている

2017年に、新たにがんに罹患する人は101万4,000人、死亡する人は37万8,000人と予測されています(出典:国立がん研究センター「がん情報サービス「2017年のがん統計予測」より)。

新たな罹患者と死亡者は、年々、増え続けています。

がんが日本人の死因のトップになったのは1981年のことで、それ以来、トップであり続けていますとなっています。(出典:厚生労働省「平成29年我が国の人口動態」)
以前は、がんは死に直結する「治らない・治せない病気」でしたが、診断・治療技術の進歩で「治る病気」になりつつあります。

がんの治療技術の進歩には目覚ましいものがあり、現在は、手術・放射線治療・抗がん剤治療の3大治療に、ホルモン剤治療を加えた4つの治療法を効果的に組み合わせて行う「集学的治療」が主流です。

これら治療は、日帰り入院や通院(外来)で行われることが増えているのが、最近の傾向です。すると、従来の入院・手術を前提として設計されているがん保険では、治療実態と保障内容がかけ離れすぎていて、いざというとき助けにならない可能性が。例えば、治療はすべて通院で行ったので受け取れたのは診断一時金だけだった、また、診断一時金の給付条件は診断確定+入院だったため1円も受取れなかったなどです。治療費

■入・通院に関係なくがんで治療を受ければ支払われるのが特徴!

がんにかかったときの医療費に備えるために入っているがん保険がほとんど助けにならないのは困ります。特に、今後も、治療技術の進歩で医療費が高額化していくでしょうし、全額が自己負担になる先進医療を受ける可能性が高くなるでしょうから、がん保険での医療費の備えは欠かせない時代になったといえます。

そこで、ここ数年、多くの生命保険会社は、がん保険の保障を、治療実態に合った内容にモデルチェンジしています。
がん保険の設計は各社で異なりますが、主契約と特約でカバーできる保障は、診断一時金、3大治療+ホルモン剤治療、入院、通院、先進医療などです。特徴的なのは、診断一時金と3大治療+ホルモン剤治療です。

前者は、診断確定が給付条件で、複数回払い(2年に1回限度が多い)、回数無制限がスタンダードです。後者は、入院・通院に関係なく、治療を受けると支払われます。手術と放射線治療は回数無制限の商品が多いようです。抗がん剤治療とホルモン剤治療は回数無制限の商品もあれば、10回までに制限している商品があります。
従来のがん保険に加入している人は、早めに新しいがん保険に切り替えた方がいいでしょう。また、医療保険で備えているから大丈夫と考えている人は、がんで通院治療では機能しません。別に、がん保険に入った方がいいかもしれません。
なお、先進医療の保障は、医療保険につけてあれば、がんで先進医療を受けた場合も保障されます。

※このコラムは執筆者個人の見解であり、弊社の公式見解ではありません。 また、2018年3月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。
<関連記事>
高額療養費制度?それとも、がん保険?乳がんの治療費負担を減らすには?
がん保険・がん特約は本当に必要かどうかを考える

<おすすめコンテンツ>
保険のことをファイナンシャル・プランナーに相談する
お金に関する不安・お悩みを解決!ファイナンシャル・プランナーへの相談はこちら

小川 千尋

執筆者 : 小川千尋(おがわちひろ)

<プロフィール> ファイナンシャルプランナー(FP)、エディター&ライター、ハッピーエンディングプランナー、終活コンサルタント、整理収納アドバイザー 1994年FP資格取得。資格取得後、独立系FPとして、マネー誌や生命保険のムック、ウェブサイトなどの執筆・監修、セミナー講師、個人相談などで活動中。生命保険の商品動向に詳しい。 オールアバウト「生命保険ガイド」https://allabout.co.jp/gm/gp/240/library/

 - 健康, 家計 , , , ,

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ