「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

A

【消費税増税と軽減税率のまとめ】家計の食費で消費税が増えるもの、増えないもの(2)

 

消費税増税が決定し、2019年10月からあらゆる買い物、サービスに10%の消費税がかかります。
「収入はなかなか増えないのに、出ていくお金ばかり増えていく……」
こう思っている家庭がほとんどではないでしょうか。しかし今回の増税で消費税が変わらないものもあるのです。

それは、“お酒類と外食を除く飲食料品“と”“定期購読契約により週2回以上発行される新聞”で、これらの品目は軽減税率制度の対象になるため、消費税が変わりません。

特に生活に関わる食費の消費税が変わらないのはありがたいですが、食べ物ならすべて対象なのか、対象外はないのか?が気になりますよね。
消費税増税と軽減税率について、また家計の食費で消費税が増えるものと増えないものについて2回にわけてまとめました。

前回の記事はこちらからご確認いただけます

■おまけ付きお菓子はどうなる?「一体資産」の取り扱いについて

スーパーでの食べ物や飲み物は、お酒類以外ほとんどが消費税8%です。

しかし中には、子どもがほしがるおまけ付きのお菓子など、食品と食品以外のものがセットになっている商品もあり、消費税はどうなるのか?と迷いますよね。
おまけ付きのお菓子などは、「一体資産」として一部のものが軽減税率の対象になります。

<「一体資産」として軽減税率の対象になる飲食料品(消費税は8%!)>

  • 食品と食品以外の資産があらかじめ一体となっている資産で、その一体となっている資産に係る価格のみが提示されているもの
  • 一体資産のうち、①税抜価額が1万円以下で、かつ②食品の価額の占める割合が3分の2以上の場合に限り、軽減税率の対象になる

子どもとスーパーに行くと、お菓子コーナーでおもちゃなどのおまけ付きお菓子をねだられる親は多いでしょう。親世代が小さいころにはビックリマンシールが大流行しましたが、いつの時代も子どもはお菓子に付いたおまけが大好きです。

スーパーで売られている子ども向けお菓子はほとんどが1万円以下ですので、上記①の点はクリアしていると思いますが、②については、お菓子(食品部分)の占める割合が3分の2以上あるかどうかで決まります。

明らかにおもちゃの比率が大きく、おもちゃにお菓子のおまけがついているような商品は軽減税率対象外になるので、消費税は10%です。たとえスーパーで買う食べ物でも、すべてが消費税8%になるわけではないことを覚えておきましょう。

20171006_株式会社ニッセンライフ様_01_320x50

 

■【消費税増税と軽減税率のまとめ】家計の食費で消費税が増えるもの、増えないもの

2019年10月からの消費税増税と軽減税率によって、食費にかかる消費税が8%のものと10%のものとに分かれます。
それぞれ、増えるものと増えないものについて改めて振り返ってみましょう。

<食費の中で消費税が増えるもの、増えないもの>

消費税8%(軽減税率対象)

<自炊・テイクアウト・宅配サービス・ネット通販>

消費税10%(軽減税率対象外)

<外食・ケータリング>

生鮮食品など、お酒類以外の飲食物

※ペットフードは対象外

お酒類(本みりん、調味酒を含む)

※アルコール分1度以上の飲料が「お酒類」になる

特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品、にあたる飲食物 医薬品、医薬部外品、再生医療等製品にあたる飲食物
1万円以下のおまけ付きお菓子で、お菓子の割合が3分の2以上あるもの 1万円以下のおまけ付お菓子で、お菓子の割合が3分の2未満のもの
ピザなど宅配サービスで依頼した飲食物、ネット通販で購入した飲食物 ケータリングや出張サービス(調理や給仕などの役務を伴うもの)での飲食
牛丼屋やハンバーガー店、ピザ店でのテイクアウト 牛丼屋やハンバーガー店、ピザ店での店内飲食
コンビニで買って持ち帰るお弁当やお惣菜類 コンビニで買ってイートインコーナーで食べるお弁当やお惣菜類
ファミレスや回転寿司屋で販売されている持ち帰り用のお弁当、お土産類 ファミレスや回転寿司屋での店内飲食
飲食設備がない屋台の飲食物 飲食設備がある屋台での飲食
フードコートでの飲食

 

消費税を抑える食事のポイントは、「自炊」「テイクアウト」「宅配」「ネット通販」です。

ただ、「テイクアウト」や「宅配」、「ネット通販」はお店によってテイクアウト用の箱代がかかったり、宅配料金や送料がかかったりする場合があるので、消費税を8%に抑えられたとしても総額は外食と変わらないという可能性もあるので注意しましょう。

また、お酒をよく飲む人は家で飲んでも自宅で飲んでも消費税は10%に上がります。

消費税増税の前にお酒を買いだめしたり、コンビニのイートインをやめて持ち帰る回数を増やしたりしても、長期的に見れば家計にも身体にも響いてきます。

長期的に食費を抑えるために大切なのは、自炊の回数を増やし、お酒の量はほどほどに抑えることです。
消費税増税に気をつけながら、家計にも身体にもバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

出典:消費税軽減税率制度(政府広報オンライン)
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/index.html
消費税の軽減税率制度(財務省)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/keigen_00.pdf
消費税の軽減税率制度に関するQ&A(国税庁)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/03.pdf

※この記事は2018年11月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

 

家計やお金に関する不安・お悩みを解決するなら…

20171006_株式会社ニッセンライフ様_01_300x250

画像⑨山積みの本

監修者:澤村 聡子(税理士)

澤村聡子税理士事務所代表。 大学卒業後、都市銀行勤務を経て、税理士試験受験・合格。税理士事務所勤務の後、2009年より現職。 一人一人の納税者の人生に寄り添えるよう、丁寧な対応を心がけています。 【監修者コメント】 2019年10月、消費税が8%から10%に上がるのと同時に、いよいよ我が国において初の軽減税率制度が始まります。はじめしばらくは、消費者・販売業者ともにおおいに混乱することでしょう。また、消費増税対策として、ポイント還元案や給付金なども検討されています。消費増税まで残りあと1年、次々に出される情報をしっかりキャッチして、損をすることのないよう予習しておくことが大切ですね。

 - 家計, 経済 , , ,

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ