「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

クレジットカード 支払い

こんなことにも使える!クレジットカード払いでお得に

クレジットカードは街なかでの買い物はもちろん、ネットショッピングなど、私たちの生活に欠かせないもの。現金派だという人でも1枚は持っていることでしょう。最近では、クレジットカードを使えるシーンが広がっています。

 

 

■現金よりクレジットカードの方がお得?

コンビニなど、ちょっとした買い物にクレジットカードを使う人が増えているようです。現金を持ち歩かなくても買い物できる気軽さや、利用額の一定割合がポイントで還元されることなどは、カード払いのメリットといえるでしょう。

カードの種類にもよりますが、

一般的には利用額の0.5%〜1%程度がポイント還元されます

例えば、毎月30,000円の買い物をカードで支払い、還元率が1%なら1か月で300円、1年では3,600円分のポイント還元です。

貯まったポイントは、商品やマイルなどへの交換、特定のwebサイトや街中などの支払いにも使えるので、長く使うほど現金よりも「お得感」はアップしていきますね。

 

 

■こんなときにもクレジットカード払いが可能に!

クレジットカードで支払いできるのは、日常の買い物や食事だけではありません。最近では、カード払いが利用できるシーンが広がっています。その一部を見てみましょう。

 

【公共料金】

水道光熱費など公共料金の多くは、クレジットカードでの支払いが可能です。銀行口座の残高不足の心配なく、確実に料金の支払いができます。ただし、これらの料金は事業者によって毎月50円程度の口座振替割引があります

例えば、1か月の電気代が4,000円程度で還元率1%のカードで支払うとすると、獲得できるポイントは40円分程度ですから、口座振替の方がお得になります。カードの還元率と毎月の使用量を見て決めましょう。

 

【税金】

所得税、贈与税、相続税など国に納めるものや、住民税、固定資産税、自動車税など自治体に納める税金も、種類や自治体によってはクレジットカード納付ができます。日中は納税の時間が取れないとき、納期限までにお金が用意できないときなどには便利です。

ただし、納税額によって手数料がかかるので、手数料以上のポイント還元が得られないとカード払いのメリットがありません。例えば、東京都では税額10,000円までは73円(税別)の決済手数料がかかります。

 

【国民年金・国民健康保険】

自営業やフリーランスの人は、国民年金や国民健康保険の保険料をカード払いしてはどうでしょう。例えば、国民年金保険料は、原則20歳から60歳まで40年間納めないと満額の年金がもらえません。未納付があれば、その分は将来の年金額に影響します。うっかり未納付を防ぐためにも利用価値は大です。夫婦なら1枚のカードで2人分納付できます。

国民健康保険の保険料も、自治体によってはカード納付が可能です。税金などの「公金」を扱うポータルサイトから申し込めば、24時間いつでもネットからの納付が可能です。年金と同様に、仕事で忙しい人には便利なシステムです。

 

【投資信託の購入】

ある証券会社では、投資信託を毎月積立て購入するときの決済に、系列のクレジットカードが利用できます。決済額に応じたポイントが獲得でき、貯まったポイントを投資信託の積立に利用することもできます。

証券会社やカードは限定されますが、資産運用はコツコツと積立の投資信託を始めてみたいという人で、投資目的にあった商品が見つかれば利用してみてもよいでしょう。

 

表 その他クレジットカード決済が利用できる主なもの

その他クレジットカード決済が利用できる主なもの

 

 

■クレジットカード利用の注意点は?

財布を持って悩む女性

便利でお得なクレジットカードですが、支払いが「後払い」になるため、手元にお金がなくてもモノやサービスが購入できることから、つい使いすぎてしまうことも少なくありません。

家計を守るためには、「収入の範囲内で払えるようカードの利用予算を決める」「カード支払額と同額の現金を、引落しに備えて手元に確保する」「毎月の利用明細で引落し額を必ず確認する」といった習慣づくりも大切ですね。

 

 

■おわりに

キャッシュレス決済が広がる中、クレジットカードの利用シーンはこれからも増えていくでしょう。ポイント還元というメリットを活かすためにも、どの支出にカードを使っていくのか、家計の中でのルールを決めて利用しましょう。

※この記事は2019年11月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

 

 

 - 家計 , ,

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ