住まい

【地方移住】今より豊かな生活が手に入るかも?デメリットは?地方移住について考えよう

【地方移住】今より豊かな生活が手に入るかも?デメリットは?地方移住について考えよう

近年注目されている、地方都市への移住。「将来的には、都会を離れて、自然あふれるゆったりした住環境で暮らしたい」「子育ては都会よりも田舎でしたい」と考えている方も多いかもしれません。しかし、「田舎ならなんとなくのんびり暮らせそう」とイメージだけで移住を決めてしまうと、後になって後悔することがあるかもしれません。地方移住で豊かな生活を手に入れるためには、メリットとデメリット双方を理解したうえで、しっかりと資金計画を立て、慎重に考えることが大切です。

■地方移住のメリットとは



地方移住のメリットとしてまずあげられるのは、東京などの都市部に比べて土地や家賃が安いという点です。また、自然が多いというのも地方移住の魅力のひとつ。移住をする人の中には、「自然豊かな住環境に惹かれて移住を決めた」という人も多くいます。夜空に輝く満天の星、季節によって移り変わる海や山の表情、豊かな緑、鳥のさえずり……自然の営みを間近で感じることができるのは、田舎暮らしならではの醍醐味です。

都会に比べて空気もきれいなので、地方移住したことで持病の喘息やアレルギーがよくなったという声もあります。この他、都会に比べて近隣住民とのつながりが密であるというのも地方暮らしの特徴です。例えば、近所の人が畑で取れた野菜を持ってきてくれたり、地域行事や集会が頻繁にあったり。近隣住民との関係性が希薄になりがちな都会生活では経験できないような体験が、地方暮らしではたくさんあるかもしれません。

■地方移住にはデメリットも



もちろん、地方移住には、メリットだけでなくデメリットもあります。

メリットとして「土地や家賃が安い」分、都会に比べて賃金も低い傾向にあります。リタイア後に移住する場合には影響がないことですが、もし子育て世代で移住を考えている場合には、都会に比べて仕事自体が少ないため、希望の職種につけなかったり、仕事がなかなか見つからなかったり、といったことが考えられます。また、職場を変えず都会での仕事を継続する場合には、通勤時間が長くなり、家族とのゆとりある時間を持つことが厳しくなる可能性もあります。

地方移住をして子育てをする場合には、都会に比べて教育の選択肢が少ないことも覚えておきましょう。都会であれば公立だけでなく私立の学校もたくさんありますが、田舎では私立の学校はほとんどありません。また、習い事や学習塾も都会に比べて少ない傾向にあります。

この他、独自の文化や風習が強い地域もありますので、土地に慣れるまでは戸惑ったり輪に溶け込むのが難しいと感じたりすることもあるかもしません。移住経験者の方の中には、移住したものの都会の感覚がなかなか抜けなかったり田舎の習慣に慣れなかったりで、しばらくして都会に戻ってきたという人もいます。

■地方移住を考える際に、まずすべきことは?



このように、地方移住にはメリットもデメリットもあります。そのため、移住を考える際には「どんな暮らし、どんな生き方がしたいのか」「なぜ地方移住をするのか」を考えたうえで、具体的なプランを立てることが大切です。近年では全国のさまざまな地方自治体が地方移住プロジェクトを推進しており、移住体験ツアーや説明会が多数開かれていますので、ツアーに参加したり情報収集をしたりしてみましょう。事前に情報をしっかりと集めておくことが、地方移住で失敗しないためのポイントだとえいます。

「地方移住」と一口にいっても、暮らし方の選択肢は多様化しています。例えば、仕事を含めたすべての生活を完全に地方に移す“完全移住型”や、都会と田舎を行ったり来たりする“二地域居住型”、そして別荘を借りて好きなときだけ田舎暮らしを満喫する“別荘移住型”など。自分の生活スタイルや理想とする暮らしぶりと照らし合わせて、自分にとって最適な暮らし方を見つけることが大事です。

都会の生活とはまた違う、温かな魅力にあふれた地方移住。田舎暮らしへの憧れを持っている方は、一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

※この記事は2017年2月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談