家計

共働きで家事が回らない…ピンチのときは、便利なサービスを利用してみては?

共働きで家事が回らない…ピンチのときは、便利なサービスを利用してみては?

「帰ったら洗濯と掃除をして晩御飯を作って、その前に晩御飯の材料も買いに行かなくては。あと、シャツにアイロンもかけないと。旦那さんに買物を頼みたいけど、今日は帰ってくる時間が遅いし……」

共働き世帯の場合、ふたりとも帰宅時間が遅くなってしまい、なかなか家事をする時間が確保できないこともあります。気がついたら洗濯物がたまり、掃除もできずにご飯を作る材料もない、なんて事態になることもよくあるでしょう。共働き世帯が陥りがちなピンチのときこそ、気軽に利用できる便利なサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

■洗濯が大変なら…ネット宅配クリーニング



遅い時間に帰宅して、洗濯をして、シャツにアイロンをかけて……。そんな時間を確保することは、家庭によっては難しいかもしれません。疲れている中、アイロン台を出してアイロンを用意して・・という手間を思うだけでうんざりするという方もいるでしょう。シャツやスーツはクリーニングに出したいところですが、帰宅する時間が遅いと店舗は既に閉まっているので、クリーニングをお願いすることもできません。休みの日であったとしても、近くにクリーニング店がない場合はなかなか利用しづらいものです。

そんなときに便利なのが、ネット宅配クリーニングです。利用方法は、いたって簡単。
まず、インターネットや電話でクリーニング業者に注文をします。すると、指定した日時に宅配業者が衣類の集荷に来ます。そこで衣類を業者に渡すと、クリーニングが完了次第、自宅まで届けてくれるのです。

クリーニング完了までは最低5日ほど。平日にたまってしまった仕事着の洗濯物を、休みの日にまとめて業者にお願いすれば、洗濯やアイロンなどの手間も省け、仕事着をパリッとしたきれいな状態で身につけることができます。家で洗濯するのは下着と部屋着のみでよくなるので、大幅な時間の短縮になります。業者によっては衣類1点のみから料金を設定しているところや、パック料金を設定しているところもあります。自分の世帯の生活スタイルに合わせて利用すると良いでしょう。

注意したいのは、インターネットや電話で注文するため、細かな情報共有が難しいということと、宅配業者に集荷をしてもらうため、洗濯物の紛失などのトラブルが起きる可能性があるということです。ネット宅配クリーニングを利用するときには、依頼するクリーニング業者の契約内容や賠償基準、そしてクリーニング方法をよく調べて、安心して利用できるところを探すようにしましょう。

■掃除が大変なら…掃除代行サービス



共働き世帯だと、仕事が休みの日にまとめて床や棚などの基本的な掃除はできても、キッチン周りやお風呂、トイレなどをきちんと掃除する時間までは取れないこともあります。

そんなときには、掃除を代行してくれるサービスを利用してみましょう。キッチンやお風呂、トイレなどの時間のかかる水周りはもちろん、冷蔵庫の中や窓ガラス・サッシ・網戸、玄関、廊下など、普段は忙しくて手が回らないところの掃除も依頼が可能です。数回にわたって掃除を依頼できる定額サービスを利用すると、料金が安くなることもあります。継続的に忙しい共働き世帯にはぴったりのサービスといえます。もちろん、1回のみ掃除を依頼することも可能です。

掃除代行サービスを利用するときは、どこの業者を選ぶのかをよく吟味しましょう。身近に掃除代行サービスを利用したことがある方がいればその方の意見を参考にしたり、インターネットで口コミを調べたりして、サービス内容が充実しているところを探しましょう。いくつかまで絞ったら、まずはお試しで掃除代行をお願いしてみるのも良いでしょう。お試しプランを提供している業者も多いので、数社の業者に頼んで最終的に最もサービス内容と対応が良かったところに決めると安心して掃除代行を任せることができます。

■買物に行く時間がないなら…食材配送サービス



共働き世帯だと、ふたりとも買物に行く時間がどうしても取れず、気がついたら晩御飯の食材がもうなかった……という事態になる可能性もあります。

そんな共働き世帯の味方が、食材配送サービスです。食材配送サービスには大きく分けて2種類あります。まず、食材宅配です。食材宅配は、インターネット上でスーパーに行ったときのように買物をすることができ、その商品を自宅に届けてくれるサービスです。もうひとつは、夕食宅配サービスです。献立が決まっており、その献立の材料や、お弁当を届けてくれます。自分のライフスタイルに合ったほうを利用しましょう。

注意したいのは、各地域でまとめて届ける場合があるため、届けてもらう日時指定ができない可能性があるという点です。注文する商品の価格や鮮度を重視すべきなのはもちろんですが、商品を受け取ることができないと食材配送サービスを利用する意味が薄れてしまうかもしれません。食材配送サービスを利用するときには、各業者の配送方法についてもよく調べて検討するようにしましょう。

毎日忙しい共働き世帯のみなさん。生活にゆとりを持たせるために、ご紹介した家事代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2017年4月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談