住まい

「金利引継ぎ特約付きフラット35」ってどんなもの?

「金利引継ぎ特約付きフラット35」ってどんなもの?

「金利引継ぎ特約付きフラット 35」 というものがあることをご存知でしょうか? このローンを利用して住宅を購入すると、将来、その家を売却するときに、相手が希望すれば住宅ローンも引き継ぐことができるというものです。固定金利のため低金利の時期にこのローンを利用すれば、金利が上がったときにメリットになる場合もあります。

■「金利引継ぎ特約付きフラット 35」とは?


「金利引継ぎ特約付きフラット 35」の前に、そもそも「フラット 35」 って何?という疑問を持っている人もいるでしょうから、簡単に説明しておきます。「フラット 35」とは、家を買うときに利用する住宅ローンの一種です。民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している、最長 35 年の全期間固定金利型の住宅ローンです。

固定金利で安心できるだけでなく、保証人も不要で、繰上返済や返済方法の変更を行う場合の手数料もかからないなど、メリットも多い商品です。 質の高い住宅の取得を支援し、金利が一定期間引き下げられる「フラット 35S」というさらに魅力的な住宅ローンもあります。

では、「金利引継ぎ特約付きフラット 35」とはどのようなものかというと、フラット 35 を利用して家を買ったとします。 ローンの返済中に住宅を売却する場合に、住宅を購入してくれた相手にフラット 35 の債務を引き継ぐことができる住宅ローンです。 当初は「債務承継型ローン(アシューマブルローン)」という名称が使われていたと聞けば、なるほどとうなずけるのでは?

「金利引継ぎ特約付きフラット 35」の借入対象となる住宅は、長期優良住宅の認定を受けた住宅に限ります。 しかも、利用できるのは新規借入時のみで、借換えには利用できません。一部の金融機関のみの取り扱いとなっています。

(参考)住宅金融支援機構

■「金利引継ぎ特約付きフラット 35」のメリット


「金利引継ぎ特約付きフラット 35」 を利用した場合、将来的にその住宅を売却する際に、フラット 35 で借りている分の住宅ローンの残債も引き継ぐ選択が可能になります。**借入時より金利が上がっていても、住宅購入者は低い金利の住宅ローンで借りている残債分は引き継げるのです。**これは大きなメリットといえるでしょう。

住宅購入者からすれば、低利の住宅ローン付きで購入できるメリットがあり、売主側も、低い金利の住宅ローンがついていることをアピールポイントの1つにすることができます。 不足分は、新規で住宅ローンを借りなくてはいけませんが、もしも金利が大きく上がっていたら、一部でも低利のローンで借りられるのは、購入者側からすればメリットです。

金利がさらに下がっていた場合などは、物件を買った人がその住宅ローンを引き継がなければいいだけです。日銀の金融政策の影響で、住宅ローンの金利が低く抑えられていますが、いずれは金利が上がる時期が来るかもしれないと考えれば、売却する可能性があるなら、長期優良住宅を購入・建築する際に「金利引継ぎ特約付きフラット 35」を選択すると、将来の布石になるかもしれません。

■「金利引継ぎ特約付きフラット 35」の注意点は?




「金利引継ぎ特約付きフラット 35」を利用する際には、いくつかの注意点も挙げられます。まず、取り扱っている金融機関が限られます。「利用したい」と思った場合は、金融機関で取り扱いがあるのかを確認する必要があります。

また、実際に物件を売却する際に、住宅ローン債権を引き継ぐ場合は、当然ですが、住宅購入者側の同意も必要です。 債務の引継ぎに当たっては、住宅金融支援機構の審査もあります。しかも、抵当権変更費用などもかかります。ちなみに、引き継げるのは1回限りです。

住宅購入をお考えの方は、これらの点に注意をしながら検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事は 2019 年 5 月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談