住まい

2019年10月以降の入居で減税が13年間に!住宅ローン控除を活用するポイント

2019年10月以降の入居で減税が13年間に!住宅ローン控除を活用するポイント

住宅ローンを利用して家を買ったら、一定の条件で所得税から税金が控除される「住宅ローン控除」。今年10月の消費増税に伴い、減税の拡充がされています。住宅ローン控除の概要を、いま一度確認しておきましょう。

■原則、ローン残高の1%が10年間、所得税から控除される


住宅ローンを借り入れて住宅を取得した場合、一定の条件を満たすと、一定期間にわたってローン残高に応じた金額が所得税から控除されます。住宅ローン控除(正式には「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除」)、あるいは「住宅ローン減税」と言われるものです。
この制度自体は歴史が長いのですが、税制改正により、頻繁に控除内容が変わります。
現行制度では、

2014年4月から2021年12月末までに取得・居住開始すると、住宅ローンの借入残価(上限4000万円)の1%(年間上限40万円)が10年にわたり所得税から控除されます

さらに、今年の税制改正により、10月の消費税8%から10%へのUPに伴い住宅ローン控除に特例が設けられました2019年10月から2020年12月末までの居住開始の場合は、控除期間が10年から13年と延長されるのです。ただし、延長された3年間は、控除される金額の算出方法が異なります(下図参照)。また特例が適用されるのは消費税率が10%の住宅を取得した場合に限られます。入居は今年10月以降でも、消費税率8%で取得していれば、特例の適用外となります。

  • 【住宅ローン控除の概要】
  • * 居住開始期間 2014年4月~2021年12月末
  • * 控除期間 10年間
  • * 控除率 年末借入残高の1%(年間40万円が上限)
  • * 控除額の上限 4000万円×1%×10年=400万円
  • * 特例措置 2019年10月~2020年12月末までの居住開始
  • * 特例による控除期間 13年間
  • * 控除率 1~10年目:年末借入残高の1%(年間40万円が上限)11~13年目:①②のうちいずれか少ない方 年末借入残高または、住宅の取得対価(上限4000万円)のうち、いずれか少ない方の金額の1% 建物の取得価格(上限4000万円)の2%÷3
  • ※いずれの場合も、長期優良住宅、低炭素住宅の場合は、借入残高などの上限が5000万円になる

■対象となる住宅は新築住宅だけではなく、中古住宅、リフォームも

住宅ローン控除は新築住宅だけが対象ではなく、条件を満たせば中古住宅やリフォームでも控除の対象になります新築の場合は、床面積が50㎡以上で、住宅ローンの返済期間が10年以上であれば、対象になりますが中古住宅の場合は、築年数などの条件も加わり、注意が必要です。床面積が50㎡以上で建築後20年以内(マンションなどの耐火構造物は25年以内)が対象となります。中古住宅の購入を検討する際は、十分注意しましょう。
リフォーム、増改築でも住宅ローン控除が受けられます。省エネやバリアフリー改修も100万円以上の工事費の場合、住宅ローン控除の対象になりますが、リフォームに関する減税もありますので、どちらか有利な方を選択するようにしましょう。

参考サイト:国土交通省 すまい給付金「住宅ローン減税制度利用の要件」

■控除を受けるには、入居の翌年の確定申告を忘れずに



住宅ローン控除を受けるには、必ず確定申告をしなければなりません。普段、会社の年末調整で納税関係が完結しているサラリーマンであっても、1年目は自分で確定申告をしましょう
住宅ローン控除以外に申告することがなければ、申告書の記入自体は難しくはありません。ただ、提出書類が多岐にわたるので、年末年始には、必要書類を確認しておくようにしましょう。2年目からは会社の年末調整が利用できます。

よくある勘違いですが、住宅ローン控除の控除額は、支払った所得税が上限ですローン控除額がたとえ上限の40万円だったとしても、所得税がそれより少なければ、その額しか戻ってきません。ただし、所得税から控除しきれなかった場合は、年間13万6500円を上限に、翌年の住民税が軽減されます。また、1年目は確定申告後、1~2カ月後に払いすぎた所得税分が、指定の金融機関の口座に還付されます
2年目は会社員の場合、年末調整で所得税額が調整されるため、金融機関の口座に還付金が入金されるということはありません。自営業者など毎年、確定申告をする場合は、住宅ローン控除を加味して所得税額を出すため、払いすぎた所得税があれば、還付されることになります

■まとめ


住宅ローン控除は、自分で確定申告しなければ、その恩恵を受けることができません。面倒くさがらず、しっかり申告しましょう。減税された分は、意識的に貯蓄に回すなどの工夫も大切です。

※この記事は2019年6月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。


share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談