健康

健康増進で保険料が安くなる保険ってどんなもの?

健康増進で保険料が安くなる保険ってどんなもの?

このところ保険会社からの新商品が相次いでいるのが、健康になると保険料が安くなるなどインセンティブのあるタイプの保険です。どのようなものか、概要を押さえておきましょう。

■「健康インセンティブ型」の商品種類は多様

健康になると保険料の割引きやキャッシュバックしてもらえる。このところ、健康増進の取り組みにインセンティブを与える、「健康インセンティブ型」ともいえるタイプの保険が続々と登場しています。保険に入った人が「健康になろう!」という気持ちになる保険です。

保険商品としては、次のようなものがあります。

  • 医療保険
  • 総合保険
  • 収入保障保険

初めは医療保険の一部でスタートしましたが、今では大手生保もこぞって乗り出し、商品ラインナップも増えました。

■評価されるのは「結果」か「プロセス」か

健康インセンティブ型の保険を分類するなら、次の2タイプに分けられます。

  • 健康になったと認められる「結果」で評価されるタイプ
  • 健康になるための努力をしている「プロセス」で評価されるタイプ

多くは、保険に加入することで、運動や食事、睡眠の管理などまで行い、総合的に健康意識を高めるプログラムになっていたりします。

表 健康インセンティブ型保険の例
タイプ
健康になったと認められる「結果」で評価されるタイプ
  • 健康診断の結果に応じてキャッシュバック。
  • 健康診断の結果に応じて割引き。
  • 「健康年齢」で保険料を算出。健康になれば保険料が下がる。
健康になるための努力をしている「プロセス」で評価されるタイプ
  • 目標の歩数を達成すると保険料が一部キャッシュバック。ウェアラブル端末の貸出しが無料の会社もある。
  • 日々の健康への取組みに応じて、保険料を割引く。
 

■商品選びの際のポイントは?



こうした商品の利用を考えた場合、どのようなポイントで絞り込めばいいのでしょうか。

☑保険種類

医療保険か、総合保険や収入保障保険かは、すでに入っている保険などから考えましょう。

☑結果かプロセスか

「結果」と「プロセス」のどちらを評価してもらうタイプがいいかは、自分がヤル気になる方を選ぶといいでしょう。

☑キャッシュバックか割引か

キャッシュバックか割引きか、どちらの方がよりヤル気になるかは人によって異なる点でしょう。キャッシュバックや割引きの額や割合などもチェックポイントです。

☑ウェアラブル端末が無料貸与か

ウェアラブル端末が無料貸与される保険も一部あるほか、自前の端末の使用を前提にしているプログラムも。すでに自前の端末があるなら無料貸与にこだわる必要はないでしょう。

■健康でなくなったときには保険料アップも


健康増進を目指して保険に加入し、健康意識を高めるのは非常に良いことでしょう。努力の結果、保険料が戻ったり割引きになるなど成果が出れば、楽しくなってより健康になるという好循環が生まれそうです。健康増進につながる生活改善、行動改善が進むメリットがあります。

一方で、「健康」でなくなったときのことも押さえておきましょう。足や腰を悪くして運動が制限されることもあり得ます。あるいは、健康診断の結果を評価するタイプの場合、健康に留意していても病気になって診断の内容がよくないこともあり得ます。そうした時に、キャッシュバックや割引きが下がったりなくなったりして実質的な保険料がアップする可能性もあることは頭において始めましょう

■まとめ


健康意識を高め、行動につなげるインセンティブのある「健康インセンティブ型保険」。人生100年時代を生き抜く体力作りにメリットある商品といえそうです。

※この記事は2019年7月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。



share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談