①

やりくり上手さんの給料仕分け術!袋分け管理に+αのアイデアを!生活費、預貯金は全て1000円札で仕分けしよう

どうしても毎月の貯金ができない方は、用途別に給料を袋分け管理してはいかがでしょうか。何にどれだけ使えるのかが明確になるため、使いすぎを防げます。

 

袋分け管理といえば、一般的には封筒を使ってお金を分けますが、管理しやすいように+αのアイデアを取り入れることがポイントです。ここでは、やりくり上手さんの給料仕分け術をご紹介します。

 

■やりくり上手の生活費節約術

②

やりくり上手さんは、袋分け管理にさまざまな準備と工夫をしているため、長く続けている傾向があります。次のような準備と工夫を行いましょう。

 

節約前の準備

まずは、家計の内訳を把握することが大切です

必要な生活費の内訳を確認することで、お金の流れや傾向が見えてくるでしょう。

 

節約できない部分を無理に節約しようとしても成功はしません。家計を把握したうえで、目標となる貯金額を設定することが重要です。

 

袋分け管理

生活費のやりくりで取り入れたいのが袋分け管理です。SNSを中心に話題となっているため、気になっている方もいるのではないでしょうか。実は、生活費のやりくりが上手な人は、袋分け管理を取り入れているのです。

 

袋分け管理とは、生活費を用途ごとに小分けして、使いすぎを防ぐ管理方法です。

生活費の残金が目に見えるため、次の給料日までにいくら使えるのかわかります

そのため、無駄づかいを防ぐことできるのです。

 

1000円札で仕分

袋分け管理の際には、1,000円札で分けるのがおすすめです

 

1,000円札は、1万円札よりも細かく管理できるため、残金をイメージしやすくなります。銀行から生活費を引き出す際には、すべて1,000円札に両替しましょう。両替が面倒な場合は、手数料がかからないATMで、4,000円ずつ引き出すとすべて1,000円にできます。

 

 

 

■袋分け管理に+αのアイデア!

袋分け管理でやりくり上手さんになるために、+αのアイデアを取り入れましょう。次のようなテクニックを試してみてください。

 

袋分け管理の応用テクニック

③

生活費すべてを袋分け管理するのではなく、

食費やコスメ代など特定の費用のみ管理しましょう。

家賃は固定ですが、光熱費は常に使っている金額を把握できるわけではないため、袋分け管理に向いていません。

 

また、週単位で管理することで、あといくらほど使えるのかイメージしやすくなります

 

袋分け管理に役立つアイテム

袋分け管理には、クリアケースを使いましょう。封筒だと中身が見えませんが、クリアケースであれば一目で把握できます。

 

また、ドキュメントファイルにお金とメモを入れたり、クレジットカードの明細を入れたりすることで、一括管理が可能です。ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

■まとめ

生活費のやりくりの方法はさまざまですが、袋分け管理はすぐに始められて効果が高い節約術です。

 

1,000円札に両替して、クリアケースやドキュメントファイルで管理するだけで、毎月の貯金額の目標をクリアできるようになるでしょう。

クリアケースやドキュメントファイルは100円ショップなどでも購入できるので、簡単に袋分け管理を始められます。来月からと言わずに、今日から始めて毎月コツコツと貯金していきましょう。

 

 

※この記事は2020年2月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

 

 - 家計 , , , ,

①

やりくり上手さんの給料仕分け術!袋分け管理に+αのアイデアを!生活費、預貯金は全て1000円札で仕分けしよう

どうしても毎月の貯金ができない方は、用途別に給料を袋分け管理してはいかがでしょうか。何にどれだけ使えるのかが明確になるため、使いすぎを防げます。

 

袋分け管理といえば、一般的には封筒を使ってお金を分けますが、管理しやすいように+αのアイデアを取り入れることがポイントです。ここでは、やりくり上手さんの給料仕分け術をご紹介します。

 

■やりくり上手の生活費節約術

②

やりくり上手さんは、袋分け管理にさまざまな準備と工夫をしているため、長く続けている傾向があります。次のような準備と工夫を行いましょう。

 

節約前の準備

まずは、家計の内訳を把握することが大切です

必要な生活費の内訳を確認することで、お金の流れや傾向が見えてくるでしょう。

 

節約できない部分を無理に節約しようとしても成功はしません。家計を把握したうえで、目標となる貯金額を設定することが重要です。

 

袋分け管理

生活費のやりくりで取り入れたいのが袋分け管理です。SNSを中心に話題となっているため、気になっている方もいるのではないでしょうか。実は、生活費のやりくりが上手な人は、袋分け管理を取り入れているのです。

 

袋分け管理とは、生活費を用途ごとに小分けして、使いすぎを防ぐ管理方法です。

生活費の残金が目に見えるため、次の給料日までにいくら使えるのかわかります

そのため、無駄づかいを防ぐことできるのです。

 

1000円札で仕分

袋分け管理の際には、1,000円札で分けるのがおすすめです

 

1,000円札は、1万円札よりも細かく管理できるため、残金をイメージしやすくなります。銀行から生活費を引き出す際には、すべて1,000円札に両替しましょう。両替が面倒な場合は、手数料がかからないATMで、4,000円ずつ引き出すとすべて1,000円にできます。

 

 

 

■袋分け管理に+αのアイデア!

袋分け管理でやりくり上手さんになるために、+αのアイデアを取り入れましょう。次のようなテクニックを試してみてください。

 

袋分け管理の応用テクニック

③

生活費すべてを袋分け管理するのではなく、

食費やコスメ代など特定の費用のみ管理しましょう。

家賃は固定ですが、光熱費は常に使っている金額を把握できるわけではないため、袋分け管理に向いていません。

 

また、週単位で管理することで、あといくらほど使えるのかイメージしやすくなります

 

袋分け管理に役立つアイテム

袋分け管理には、クリアケースを使いましょう。封筒だと中身が見えませんが、クリアケースであれば一目で把握できます。

 

また、ドキュメントファイルにお金とメモを入れたり、クレジットカードの明細を入れたりすることで、一括管理が可能です。ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

■まとめ

生活費のやりくりの方法はさまざまですが、袋分け管理はすぐに始められて効果が高い節約術です。

 

1,000円札に両替して、クリアケースやドキュメントファイルで管理するだけで、毎月の貯金額の目標をクリアできるようになるでしょう。

クリアケースやドキュメントファイルは100円ショップなどでも購入できるので、簡単に袋分け管理を始められます。来月からと言わずに、今日から始めて毎月コツコツと貯金していきましょう。

 

 

※この記事は2020年2月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

 

 - 家計 , , , ,