家計

エンゲル係数とは?平均データから家計を見直すコツを紹介します

エンゲル係数とは?平均データから家計を見直すコツを紹介します

「我が家の食費って高い?エンゲル係数の平均はいくら?」
主婦雑誌に掲載されている節約特集では、月の食費が2万円台という家庭も。

こうした事例を見ると、我が家は平均と比べてどうなの?と気になりますよね。

結論を言うと、2人以上の家庭におけるエンゲル係数の平均は26.6%
食費の平均は毎月約7.7万円です。

ただ、筆者はエンゲル係数や食費だけを見ても、家計の良し悪しはわからないと思っています。家計の最適解は各家庭によって違うからです。平均は参考として見ながら、各家庭で食費を含めた家計について考えることが大切ではないでしょうか。

この記事では平均像を紹介しながら、エンゲル係数や食費の考え方について解説していきます。

「我が家のエンゲル係数は高いの?低いの?」と不安な方は、この機会に食費について考えてみてください。

全世帯の一般的なエンゲル係数は26.6%

エンゲル係数とは、日常生活に必要な生活費(消費支出*)のうち、食費が占める割合を指しています。
*消費支出:社会保険料や税金を除く生活費のこと

総務省の家計調査によれば、2人以上の世帯におけるエンゲル係数の平均は26.6%です。

<2人以上の世帯の食費・エンゲル係数の平均値>

  • 生活費(消費支出):29万865円
  • 食費(外食費・酒代を含む食料費):7万7,474円
  • エンゲル係数(食費÷生活費):26.6%

エンゲル係数が高いと、食費にお金をかけすぎているのでは?と思う方もいます。
しかしエンゲル係数が高いからといって、単純に食費の無駄遣いが多いとは言えません。

以下の家庭を比べてみてください。
(A)毎月の生活費が10万円・食費は3万円
(B)毎月の生活費が50万円・食費は14万円

このうちエンゲル係数が高いのは、食費が3万円の(A)家庭です。
(A)食費3万円÷生活費10万円=エンゲル係数30%
(B)食費14万円÷生活費50万円=エンゲル係数28%

食費だけを比較して見たとき、高いと感じるのは(B)の家庭でしょう。

しかし元の収入・生活費が高い(B)の家庭では食費以外の支出も多いため、エンゲル係数は相対的に低くなっています。対して(A)の家庭は、元の生活費・収入が低いことで、どうしてもエンゲル係数が高くなってしまうのです。

どんな家庭でも、生きていくためには一定の食費が必要です。

ただ、収入が低ければ食費以外の嗜好品や、交際費・旅行費にお金をかける余裕はありません。生活費の中で必然的に食費の割合が増えるため、エンゲル係数も高くなるのです。

したがってエンゲル係数の高さだけ見ても、無駄遣いが多いのか、家計を見直しすべきなのかはわかりません。

家計管理では食費やエンゲル係数だけではなく、家計全体のバランスを見ることが大切です。

【平均】家族人数・年齢別の食費・エンゲル係数

ここでは先の家計調査を元に、家族人数・年齢別の食費とエンゲル係数を解説していきます。

先述のとおり、エンゲル係数だけを見て家計を判断するのはおすすめしません。
ただ、今後の家計を考える際の指標にはなります。

子どもが増えて年齢を重ねると、食費はどのように変化するのでしょうか。
今後のライフプランを考えるときの参考に見てみましょう。

【家族人数別平均】食費・エンゲル係数

家族の人数別生活費・食費・エンゲル係数の平均は、以下のとおりです。

2人

3人

4人

生活費

(消費支出)

25.5万円

30.4万円

33.0万円

食費

6.8万円

8.1万円

8.8万円

エンゲル係数

26.5%

26.5%

26.7%

出典:総務省「2022(令和4)年度 家計調査報告(家計収支編)」第3表 世帯人員・世帯主の年齢階級別 よりニッセンライフ作成

2人家族だと6万円台ですんでいた食費は、4人家族だと8万円台になっています。

家族の人数が増えれば、それだけ生活費も食費も上がるということです。

今小さな子どもがいる家庭では、子どもの成長にあわせて食費もじわじわと上がっていくことを覚えておきましょう。子どもにかかる費用は教育費だけではありません。

子どもが大きくなれば、食費も含めて生活費全体が上がっていきます。

この先収入が上がる見込みがあればいいでしょうが、そうでなければ家計はどんどん苦しくなっていきます。子どもが小さい間にしっかり貯蓄しておくことが大切です。

【世帯主の年齢別平均】食費やエンゲル係数

世帯主の年齢別生活費・食費・エンゲル係数の平均は、以下のとおりです。

~29歳

30~39歳

40~49歳

50~59歳

60~69歳

70歳~

世帯人員

2.96人

3.67人

3.67人

3.1人

2.6人

2.35人

生活費

(消費支出)

24.4万円

27.2万円

32.1万円

36万円

30万円

23.7万円

食費

5.5万円

7.3万円

8.3万円

8.4万円

8.1万円

7.1万円

エンゲル係数

22.4%

26.8%

26%

23.30%

27%

29.8%

出典:総務省「2022(令和4)年度 家計調査報告(家計収支編)」第3表 世帯人員・世帯主の年齢階級別 よりニッセンライフ作成

年齢別の食費を見ていくと、20代から30代へと年齢が上がるにつれて食費も上がっていき、40代・50代の時にピークを迎えます。

その後60歳以降になると、生活費と食費は徐々に下がっていきます。
そのため、全年代でエンゲル係数がもっとも高いのは70歳以上という結果になりました。

エンゲル係数を見直すことで節約の効果が高いのは60代・70代でしょう。
世帯人数が同じくらいの20代と食費の各項目を比べると全体的に高い傾向があります。


年齢を重ねたら・家族が減ったら食費は減るというわけではないので、意識的に変える必要はありそうです。

家計管理でエンゲル係数だけを見ても意味がない

食費やエンゲル係数の平均を見てきました。
「我が家は平均と比べて食費もエンゲル係数も高めだけど、見直したほうがいい?」と不安に思われている方もいるでしょう。

しかし、食費やエンゲル係数だけでは家計を見直すべきかわかりません。

平均データを見返してみてください。
食費が8万円台の40代よりも、食費が6万円台の70歳以上のほうがエンゲル係数は高くなっていましたよね。

エンゲル係数が高い=贅沢ではありませんし、エンゲル係数だけを見ることに大きな意味はないのです。

家計管理で大切なのは、全体のバランスと固定費の見直しです。
詳しく説明していきましょう。

家計管理で大切なポイント

家計の見直しをする際は、食費だけ・エンゲル係数だけを見るのではなく、全体のバランスと固定費を見るようにしましょう。

具体的な見直しポイントは、以下の2つです。

  • 各家庭で必要な貯蓄額を把握し、用意できているかどうか
  • 貯蓄額が足りない場合は、固定費から見直しをする

つまり大切なのは食費が多いか少ないかではなく、必要貯蓄額を用意できているかどうかです。なんとなく節約を考える前に、自分の家庭ではいくら必要かを考えましょう

必要貯蓄額は、子どもの有無や進路、持ち家の有無や老後の働き方によって変わってきます。
計算方法で悩んだ時は、ファイナンシャル・プランナーに相談してみてください。
あなたのライフプランにあわせた必要貯蓄額を試算してくれるでしょう。

試算した必要貯蓄額を貯めるために家計の見直しが必要となったら、まずは固定費から見直しをします。
固定費とは、毎月定額でかかる住宅ローンや家賃、水道光熱費・通信費などの固定料金部分のこと。日々の行動に関係なく一律で費用が発生するため、1度費用を見直せば節約効果が永続的に続くのがポイントです。

対して食費を含む変動費は、日々の行動によって費用が変動します。例えば

  • 仕事帰りに疲れて利用する惣菜や弁当
  • 子どもからねだられて買い与えた、おやつやジュース代

こうした毎日の積み重ねによって費用が変わるため、食費を抑えるためには日々の行動をある程度自制して管理しなければなりません。
もともと節約が好きという方でなければ、ストレスがたまりやすいのではないでしょうか。


食生活は、家族の体を作る栄養源で、将来の健康にもつながります。
そのため筆者は、家計の見直しを考える際に無理に食費を削ることはおすすめしません。
家計を見直す際は、スマホやネット代の料金プランを見直すなどして、固定費を節約することから始めるようにしましょう。


食費を見直す必要がある場合は、無理がないように以下の方法を試してみてください。

  • 外食の回数を減らし、自炊を増やすか惣菜の購入に頼る
  • 良い調味料にお金を使い、安い食材でもおいしく仕上げる
  • もやしや豆腐、厚揚げなど、1年中安く手に入れられるかさまし食材を活用する
  • お酒や菓子代といった嗜好品にかけるお金を見直す
  • 業務スーパーなど、元の価格が安いスーパーを積極的に利用する

ポイントは、無理をしないことです。
疲れた日は自炊にこだわらず、外食よりは費用を抑えられる惣菜や弁当に頼りましょう。

また、食費の中で調味料だけは良い物にお金を使うのがおすすめです。
特にお酒、油、塩は、良い物を使えばそのぶん料理のコクや風味が格段に変わります。
調味料にこだわれば、その分安い食材をおいしく仕上げやすくなるため、試してみてくださいね。

まとめ

エンゲル係数の平均値は26.6%、食費の平均は約7.7万円。
平均像を見ると、節約家庭の毎月2、3万円という食費からはほど遠い、リアルな実態がわかります。

ただ筆者は、節約家庭や家計調査の平均像を見て食費を考えることには反対です。
各家庭で食に対する価値観や物価、食べる量は違うからです。
またエンゲル係数は、生活水準に反比例して高くなるもの。エンゲル係数が高いから無駄遣いが多いとは言えません。

何より大切なのは家計全体のバランスです。
まずは必要貯蓄額を把握し、どうしても足りないときは固定費から見直しをしましょう。
必要貯蓄額の計算や固定費の見直しは、家計の専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談するのがおすすめです。

専門家への相談は、自分ではわからない家計の見直しポイントに気付けるチャンス。
この機会に、食費も含めた家計管理を見直してみてはいかがでしょうか。

※この記事は2023年11月時点の法律・情報に基づき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。

出典

「2022(令和4)年度 家計調査報告(家計収支編)」第3表 世帯人員・世帯主の年齢階級別(総務省統計局)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?tclass=000000330003&cycle=7&year=20220

執筆者

服部 椿

服部 椿

プロフィール:FP分野専門のフリーランスライター。
子育て中のママFPとして、子育て世帯に役立つ家計や投資、お金に関する情報を発信中。
保有資格:2級FP技能士

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談