おでかけ・趣味

新幹線、飛行機、ホテル、旅館……旅行にかかる子ども料金のキホンを知っておこう!

新幹線、飛行機、ホテル、旅館……旅行にかかる子ども料金のキホンを知っておこう!

家族旅行を計画するとき、電車や新幹線などの乗り物や、ホテル・旅館などの宿泊施設の子ども料金が気になるという人は多いのではないでしょうか。子ども料金がどのくらいかかるかによって、旅行費用は大きく変わってきます。そこで今回は、旅行にまつわる子ども料金の基本や、お得に利用するための方法について見ていきます。

■新幹線、飛行機の子ども料金は?



まずは、JR在来線や新幹線など公共交通機関の子ども料金について見ていきましょう。
・6歳未満の乳幼児は無料

JR在来線や新幹線では、6歳未満の乳幼児の料金は無料となっています。ただし、これは膝の上に座らせるなどして乳幼児が座席を利用しない場合に限ってのこと。また、大人1名につき乳幼児は2名まで。

6歳未満の乳幼児でも座席を利用する場合、もしくは、大人1名が乳幼児3名以上を乗車させる場合には、1名分の「子ども料金」が発生します。なお、6歳になっていても小学校入学前までは乳幼児とみなされます。
・6歳以上12歳未満の子どもは、大人料金の半額

6歳以上12歳未満の子どもの乗車料金は、大人の半額に設定されています。また、6歳未満の乳幼児が座席を1席使う場合、ならびに、大人1名に乳幼児3名が乗車する場合には1名分の子ども料金が必要です。ただし、グリーン券や寝台券、乗車整理券、ライナー券などに関しては、子ども料金の設定はないため、大人と同額になります。

なお、子ども料金では、10円未満の端数は切り捨てに。また、12歳になっていても小学生であれば子ども料金が適用されます。
・お得に利用できる「ファミリー車両」も

JRでは、年末年始や夏休みなどの繁忙期になると、新幹線などでファミリー向けの「ファミリー車両」のプランを発売しています。このプランでは、子どもの年齢や人数によっては普通にチケットをとるよりも料金がお得に。また、申込人数に+1席が無料で用意されるので、荷物が多くなりがちな家族旅行でもゆったり旅を楽しめます。さらに、車両は子ども連れ専用となるので、少しくらい子どもが騒いでしまっても安心です。

■ホテル、旅館の子ども料金は?



宿泊施設は、主にホテルと旅館に分けられますが、両者で子ども料金の設定は大きく異なります。
・ホテルの場合、何名で泊まっても一律料金のルームチャージが基本

最近では、ルームチャージを基本とするホテルが多くなっています。つまり、客室の定員をオーバーしなければ、何名宿泊しても料金は原則として変わらないということです。例えば、定員4名の部屋であれば、大人2名・子ども1名で利用しても大人2名・子ども2名で利用しても料金は変わらない場合がほとんどです。ただし、ベビーベッドやエクストラベッドを追加で利用する場合には利用料がかかることもありますので、宿泊時には必ず確認しておきましょう。

食事に関しては、年齢に応じたメニュー・料金設定を用意しているホテルも多数。例えば、ビュッフェ形式の食事では、子どもは大人料金の半額、3歳未満の乳幼児は無料というのが一般的です。
・旅館の場合、小学生は大人の7割、幼児は5割、乳児は施設利用料がかかることも

旅館の宿泊料金は、国際観光ホテル整備法によって定められた「モデル宿泊約款」をベースに設定されています。そのため、小学生は大人の70%、幼児は50%、食事や寝具を特別必要としない乳児には施設利用料として一定の料金がかかるというのが一般的です。ただし最近では、大人の宿泊料金に関係なく「子どもは一律で○○円」というような料金設定を行う旅館も増え、家族連れでも利用しやすくなってきています。
・お得に利用できるファミリープランも

ホテル・旅館ともに、近年では家族旅行向けの「ファミリープラン」を設定していることがあります。ファミリープランとは、「1家族トータルで○○円」などと一律料金を設定したもの。子どもの年齢や人数次第では、通常よりもかなりお得に利用することができます。また、家族連れに嬉しい特典がついていることも。
これから暖かくなっていくにつれて、ご家族でお出掛けする機会も増えていくのではないでしょうか。家計への負担を少しでも減らし、楽しい旅行ができるよう、交通機関や宿泊施設のお得な利用方法を検討してみましょう。
※この記事は2017年1月時点の法律・情報にもとづき作成しているため、将来、法律・情報・税制等が変更される可能性があります。
お金に関する不安・お悩みを解決! ファイナンシャル・プランナーへの相談はこちら

share
  • twitter
  • facebook
  • line

ファイナンシャル・プランナーが
あなたの家計を診断します

ファイナンシャル・プランナーは、現在の家計の状況・これからの予定(ライフプラン)をお聞きしたうえで、「お金のプロ」として、今後のライフプランを実現するための家計のやりくりや貯蓄方法を提案します。

相談相談