ファイナンシャル・プランナーとは

あなたとご家族の夢や希望を叶えるために必要なお金の計画を一緒に考え、サポートしていくパートナー「ファイナンシャル・プランナー」について解説いたします。

ファイナンシャル・プランナーとは

「ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、顧客の収入や支出、資産、負債などに関するあらゆるデータを集め、顧客の目標や希望を把握し、必要に応じて税理士や弁護士等他の専門家の協力を得ながら、貯蓄計画、保険、投資対策、税金対策などの包括的なライフプランを立案し、それを実行・援助する専門家のことをいう。」 FP技能検定教本2014年度版より(きんざい ファイナンシャル・プランナーズ・センター編著)

つまり、ファイナンシャル・プランナーとは、一言であらわすと「お金に関する専門家」です。お客様の将来の目標を実現するために、お金の面からサポートしてくれる力強い味方と言えます。ファイナンシャル・プランナーには、お客様の人生設計やそれを実現するためのファイナンシャル・プランニングと呼ばれるお客様の一生にわたるお金のやりくりを綿密に設計できる知識・能力が求められるのです。

ファイナンシャル・プランナーも選ぶ時代です

ファイナンシャル・プランナーの種類

ファイナンシャル・プランニングの対象は、投資、保険、不動産など広範囲におよぶため、そのすべての分野に精通したファイナンシャル・プランナーは少なく、得意分野があります。ご相談内容に応じて、最も適切なファイナンシャル・プランナーを選択することは、お客様ご自身の人生の目標を達成するための第一歩です。「FPナビ」では、あらかじめコンサルティングメニューをご用意しておりますので、お客様の目標に沿ったファイナンシャル・プランナーを簡単にお探し頂くことが可能です。

ファイナンシャル・プランナーの種類

ファイナンシャル・プランナーには、さまざまな形態があります。大きく分けると以下の3種類に分類できます。

  • 企業系FP
  • 独立系FP
  • 専門家FP

また、ファイナンシャル・プランナーに相談する際の料金体系も大きく2つに分かれます。

  • コンサルティングフィー型
     (相談時間に応じて課金する料金体系)
  • 商品販売手数料型
     (金融商品を販売することにより獲得する手数料)

ニッセンライフが提携しているファイナンシャル・プランナー(FP)は、独立系FP、または専門家FPで、商品販売手数料を収益としたファイナンシャル・プランナーが主です。そのため、相談料金は無料※で、ライフプランニングから具体的な金融商品の提案までを、ワンストップで提案することができます。もちろん保険商品など販売ライセンスを取得したファイナンシャル・プランナーをご紹介しております。※専門家FPで税務相談など高度なコンサルティングを受ける場合は、別途相談料がかかる場合があります。

  • 企業系FP

    どんな人
    銀行員でFP資格を取得した窓口担当者。
    保険会社でFP資格を取得した募集人等。
    メリット
    所属する会社の商品・サービスに精通している。
    金融機関に所属するため信用力が高い。
    デメリット
    所属する会社の商品・サービスしか提供できない。
    提案内容が所属する会社の経営方針に左右される可能性がある。
  • 独立系FP

    どんな人
    FP事務所を開業しているFP業務の専従者。
    乗合保険代理店に所属するFP資格取得者等。
    メリット
    金融機関の垣根を越えて様々な商品・サービスを提供できる。
    中立的な立場でアドバイスできる。
    デメリット
    比較的経営規模が小さく経営基盤が弱い。
  • 専門家FP

    どんな人
    社会保険労務士でFP資格を取得した社会保険のプロ。
    税理士でFP資格を取得した税務会計のプロ等。
    メリット
    より専門的なアドバイスを受けられる。
    公的資格保持者のため信用力が高い。
    中立的な立場でアドバイスできる。
    デメリット
    専門家によるアドバイスのため一般的に料金が高い。

※上記は一般論であり、必ずしもすべてにおいて正確性を期すものではありません。

信頼できるFPとは

ファイナンシャル・プランナー制度

ファイナンシャル・プランナー資格には、国家資格と民間資格が存在します。ニッセンライフのファイナンシャル・プランナーは、下記のいずれかの資格保有者だけを登録し、お客様からのご相談に対応しております。

国家資格

国家資格

民間資格

民間資格

CFP、CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。
AFFILIATED FINANCIAL PLANNER®、アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー®は、NPO法人日本FP協会の登録商標です。

ニッセンライフ認定FP制度

ニッセンライフが提携するファイナンシャル・プランナーは、上記FP資格保有者の中から、更に厳しい要件を課しています。ファイナンシャル・プランナーとしての経験年数や、FP資格以外にも有している年金アドバイザーの資格など、ニッセンライフ独自の基準で、提携するファイナンシャル・プランナーを3つのランクに認定しています。お客様のご相談に対して、自信をもってお勧めできる専門性の高い多くのファイナンシャル・プランナーとの提携を実現しています。

  • 専門職FPAFP、CFP、1~3級FP技能士で
    下記いずれかの資格保有者
    税理士、公認会計士、社会保険労務士、弁護士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、不動産鑑定士、証券アナリスト
  • 上級FP

    下記のいずれかの要件を満たすFP

    1. FP経験年数10年以上のFP
    2. CFPまたは1級FP技能士
    3. AFPまたは2~3級FP技能士

    で下記いずれかの資格保有者

    宅地建物取引士、DCプランナー・アドバイザー、年金アドバイザー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士
  • 認定FP
    FP経験年数2年以上のAFP
    または2~3級FP技能士

※具体的な金融商品の提案が行えるようすべての認定FPは、最低限「生命保険募集人資格」は保有しております。その他の金融商品販売資格は順次拡大予定です。