{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

和歌山県のお役立ち情報

和歌山県の概要

和歌山県は、近畿地方の南部に位置し、太平洋に面しています。山深い紀伊山地は高野山や熊野三山といった霊地を抱え、本州最南端となる潮岬は、太平洋から瀬戸内海へと続く海に面しています。その沖合には暖流である黒潮が流れており、海岸線に沿って白浜温泉、勝浦温泉などの景勝地があります。和歌山県は阪神工業地帯にも近いため、海南市(和歌山県)の臨界部分には重化学工業の工場があります。和歌山県のシンボルは県民の和を象徴した末広がりの形をしており、明日に向かって発展するという意味と進取の気性という県民性を表すものです。県庁は和歌山市、面積4726km2、人口は約95万6千人です。県の木はウバメガシで、これはブナ科の常緑樹で、生け垣などによく利用されています。備長炭の原料としても使われて、紀南地方には多く生息しています。高温多湿の環境で育ち、耐乾性にすぐれているため炭にも適しています。県の花は梅で葉や樹皮も薬用、幹は櫛(くし)、細工物のほかに染色にも使われています。観光名所としては那智の扇祭り(通称:那智の火祭)が有名で、例年7月14日に行われる熊野那智大社の例大祭です。32本の扇をとりつけた扇神輿12体が、那智大社を出発し、参道で12本の松明(たいまつ)の出迎えをうけます。大松明と神輿がもみあい、火の粉が飛び散る光景は勇壮で、炎の乱舞を楽しむことができます。また世界遺産として紀伊山地の霊場と参詣道が登録され、熊野古道は名所としても有名です。

和歌山県の特徴

和歌山の語源とは和歌浦の和歌と岡山(現在の和歌山県和歌山市岡山)の山との合成語と言われています。紀伊半島の由来でもある紀伊国の大半が現在の和歌山県にあたり、関ヶ原の合戦直後は浅野家の領地でしたが、のちに御三家の紀州徳川家の領地になりました。古くから木の国と言われているほど山林が多く(約7割が山林)、紀伊水道、熊野灘を挟んで海岸線が続く地形です。このような深山幽谷の地形であったからこそ、高野山開基の仏教寺院や熊野三山といった神社信仰が発達したと言われています。一方で近代では紀の川沿岸を中心に大規模な都市が形成されました。和歌山市を中心とした県北部が阪神工業地帯に属し、沿岸部は製鉄所や石油精製所といった重化学工業が発達しました。ただし大阪や兵庫と比べると自然環境保護の観点から工業用地に利用できる地域が狭いこともあり生産量はあまり高くないのが現状です。県全域では果樹栽培を中心にした農業が盛んで、特にみかん・梅などの特産品が有名です。和歌山県は、過去40年間の国勢調査では人口減少が続いている県ですが、岩出市や橋本市などは大阪市のベッドタウンとして人口が増加している地域もあります。県南部は太平洋側気候で県北部は瀬戸内海式気候になります。特に南部東側は年間降水量が4,000mmにも達する地域です。

和歌山県の健康・医療

和歌山県には和歌山県救急医療情報センターがあります。これは救急車を呼ぶほどでもないが、かかりつけ医が不在でどこに行けばよいかわからない場合に利用できるサービスです。このセンターでは24時間体制で、最寄りの医療機関を案内してくれます。またわかやま医療情報ネットというものがあり、子どもの急な病気・けがに対して子ども救急相談ダイヤルで電話相談できたり、近くの医療機関を案内してくれたり、県内の医療に関する情報を提供しています。近年の子どもの急な病気に診療してくれる病院が探せない、救急車が来ない(またはたらいまわし)といった問題を無くすために、事前の相談や指導を受けられるようになっています。このサイトでは病気の内容別、診療科目別、地域別、年齢別などで医療機関を探すことが可能です。また薬局や助産所、休日急患診療所などの情報も提供されています。福祉保健部健康局医務課では医療安全相談窓口が開設されて患者・家族からの医療機関等の不安や相談などに対応できる医療安全相談窓口を開設しています。電話で直接相談できるので非常に便利です。相談には「どこに相談すればいいの?」「何科で診察を受ければいいの?」といったものから「十分な説明がなくて不安だ」というようなものまであらゆる医療安全相談窓口を受け付けています。

和歌山県の暮らし・家計

和歌山県の平均年収は438万2200円です。都道府県ランキングでは22位ですが、平均年齢(就業している人口の平均)42.6歳で、平均勤続年数は11.6年となります。男性の平均年収は493万8300円、女性の平均年収は340万円です。男女ともこの5年で平均年収が増加傾向にあります。共稼ぎ率が55.05%で全国では34位です。保育所数は205か所、待機児童数が13人です。診療所数は1075か所、15歳未満人口が128,005人(12.8%)に対して65歳以上の人口が270,846人(27%)になっています。病院数は79院、歯科医院559院あります。和歌山県は少子化や人口減少を防ぐため積極的に県民の「出会い」と「子育て」を支援しており、「出会いの広場」・「子育ての広場」の二つのサイトを運営しています。和歌山県では、出会いを希望する独身の男女に様々な応援を提供する団体等を「わかやま婚活応援隊」として募集し、県全体で婚活応援隊の支援をしています。そのほか、「こうのとりサポート」と称し、不妊治療の各種助成制度の紹介や、不妊専門相談の窓口を設けるなど、出会いから結婚、妊娠、出産、育児まで和歌山県全体できめ細かいサポート体制に取り組んでいます

保険コラム 「火事だけじゃない!火災保険の範囲」

住宅を取り巻くさまざまなリスクに備えるために火災保険があります。一見、火災保険と聞くと火災の補償のみを対象としているようですが、実際には火災に加えて落雷、ガス爆発などの破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災も対象となります。契約される保険の種類によっては、自動車の飛込み等による飛来・落下・衝突、給排水設備の事故等による水濡れ、騒じょう等による暴行・破壊、盗難についても補償の対象に加えることが可能ですので、幅広い補償対応が可能な保険です。
契約のポイントですが、火災保険では、建物と家財を分けて契約することになっています。借家にお住まいの方は、家財のみ契約することになりますのでご自身の居住環境にあわせて契約する必要があります。他にも火災保険を契約する際の重要な点としては、①高額な貴金属や美術品などは保険会社に事前に申請をしなければ保険金が支払われない場合がある②地震に関しては、火災保険の補償範囲外となるため、火災保険とは別に地震保険に加入する必要がある。といった内容が挙げられます。住居購入や借家を引っ越しするなどで、住環境が変わられる際に、火災保険の検討は必要不可欠です。火災保険を契約される場合にはこれらのポイントを見落とさないようにしましょう。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

和歌山県のお役立ち情報

  • 和歌山県の概要

    和歌山県は、近畿地方の南部に位置し、太平洋に面しています。山深い紀伊山地は高野山や熊野三山といった霊地を抱え、本州最南端となる潮岬は、太平洋から瀬戸内海へと続く海に面しています。その沖合には暖流である黒潮が流れており、海岸線に沿って白浜温泉、勝浦温泉などの景勝地があります。和歌山県は阪神工業地帯にも近いため、海南市(和歌山県)の臨界部分には重化学工業の工場があります。和歌山県のシンボルは県民の和を象徴した末広がりの形をしており、明日に向かって発展するという意味と進取の気性という県民性を表すものです。県庁は和歌山市、面積4,726km²、人口は約95万6千人です。県の木はウバメガシで、これはブナ科の常緑樹で、生け垣などによく利用されています。備長炭の原料としても使われて、紀南地方には多く生息しています。高温多湿の環境で育ち、耐乾性にすぐれているため炭にも適しています。県の花は梅で葉や樹皮も薬用、幹は櫛(くし)、細工物のほかに染色にも使われています。観光名所としては那智の扇祭り(通称:那智の火祭)が有名で、例年7月14日に行われる熊野那智大社の例大祭です。32本の扇をとりつけた扇神輿12体が、那智大社を出発し、参道で12本の松明(たいまつ)の出迎えをうけます。大松明と神輿がもみあい、火の粉が飛び散る光景は勇壮で、炎の乱舞を楽しむことができます。また世界遺産として紀伊山地の霊場と参詣道が登録され、熊野古道は名所としても有名です。

  • 和歌山県の特徴

    和歌山の語源とは和歌浦の和歌と岡山(現在の和歌山県和歌山市岡山)の山との合成語と言われています。紀伊半島の由来でもある紀伊国の大半が現在の和歌山県にあたり、関ヶ原の合戦直後は浅野家の領地でしたが、のちに御三家の紀州徳川家の領地になりました。古くから木の国と言われているほど山林が多く(約7割が山林)、紀伊水道、熊野灘を挟んで海岸線が続く地形です。このような深山幽谷の地形であったからこそ、高野山開基の仏教寺院や熊野三山といった神社信仰が発達したと言われています。一方で近代では紀の川沿岸を中心に大規模な都市が形成されました。和歌山市を中心とした県北部が阪神工業地帯に属し、沿岸部は製鉄所や石油精製所といった重化学工業が発達しました。ただし大阪や兵庫と比べると自然環境保護の観点から工業用地に利用できる地域が狭いこともあり生産量はあまり高くないのが現状です。県全域では果樹栽培を中心にした農業が盛んで、特にみかん・梅などの特産品が有名です。和歌山県は、過去40年間の国勢調査では人口減少が続いている県ですが、岩出市や橋本市などは大阪市のベッドタウンとして人口が増加している地域もあります。県南部は太平洋側気候で県北部は瀬戸内海式気候になります。特に南部東側は年間降水量が4,000mmにも達する地域です。

  • 和歌山県の健康・医療

    和歌山県には和歌山県救急医療情報センターがあります。これは救急車を呼ぶほどでもないが、かかりつけ医が不在でどこに行けばよいかわからない場合に利用できるサービスです。このセンターでは24時間体制で、最寄りの医療機関を案内してくれます。またわかやま医療情報ネットというものがあり、子どもの急な病気・けがに対して子ども救急相談ダイヤルで電話相談できたり、近くの医療機関を案内してくれたり、県内の医療に関する情報を提供しています。近年の子どもの急な病気に診療してくれる病院が探せない、救急車が来ない(またはたらいまわし)といった問題を無くすために、事前の相談や指導を受けられるようになっています。このサイトでは病気の内容別、診療科目別、地域別、年齢別などで医療機関を探すことが可能です。また薬局や助産所、休日急患診療所などの情報も提供されています。福祉保健部健康局医務課では医療安全相談窓口が開設されて患者・家族からの医療機関等の不安や相談などに対応できる医療安全相談窓口を開設しています。電話で直接相談できるので非常に便利です。相談には「どこに相談すればいいの?」「何科で診察を受ければいいの?」といったものから「十分な説明がなくて不安だ」というようなものまであらゆる医療安全相談窓口を受け付けています。

  • 和歌山県の暮らし・家計

    和歌山県の平均年収は438万2,200円です。都道府県ランキングでは22位ですが、平均年齢(就業している人口の平均)42.6歳で、平均勤続年数は11.6年となります。男性の平均年収は493万8,300円、女性の平均年収は340万円です。男女ともこの5年で平均年収が増加傾向にあります。共稼ぎ率が55.05%で全国では34位です。保育所数は205か所、待機児童数が13人です。診療所数は1,075か所、15歳未満人口が128,005人(12.8%)に対して65歳以上の人口が270,846人(27%)になっています。病院数は79院、歯科医院559院あります。和歌山県は少子化や人口減少を防ぐため積極的に県民の「出会い」と「子育て」を支援しており、「出会いの広場」・「子育ての広場」の二つのサイトを運営しています。和歌山県では、出会いを希望する独身の男女に様々な応援を提供する団体等を「わかやま婚活応援隊」として募集し、県全体で婚活応援隊の支援をしています。そのほか、「こうのとりサポート」と称し、不妊治療の各種助成制度の紹介や、不妊専門相談の窓口を設けるなど、出会いから結婚、妊娠、出産、育児まで和歌山県全体できめ細かいサポート体制に取り組んでいます

  • 保険コラム
    「火事だけじゃない!火災保険の範囲」

    住宅を取り巻くさまざまなリスクに備えるために火災保険があります。一見、火災保険と聞くと火災の補償のみを対象としているようですが、実際には火災に加えて落雷、ガス爆発などの破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災も対象となります。契約される保険の種類によっては、自動車の飛込み等による飛来・落下・衝突、給排水設備の事故等による水濡れ、騒じょう等による暴行・破壊、盗難についても補償の対象に加えることが可能ですので、幅広い補償対応が可能な保険です。
    契約のポイントですが、火災保険では、建物と家財を分けて契約することになっています。借家にお住まいの方は、家財のみ契約することになりますのでご自身の居住環境にあわせて契約する必要があります。他にも火災保険を契約する際の重要な点としては、①高額な貴金属や美術品などは保険会社に事前に申請をしなければ保険金が支払われない場合がある②地震に関しては、火災保険の補償範囲外となるため、火災保険とは別に地震保険に加入する必要がある。といった内容が挙げられます。住居購入や借家を引っ越しするなどで、住環境が変わられる際に、火災保険の検討は必要不可欠です。火災保険を契約される場合にはこれらのポイントを見落とさないようにしましょう。

    ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。