{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

神奈川県のお役立ち情報

神奈川県の概要

神奈川県は、関東地方に位置する都道府県です。
東京都、山梨県、静岡県、千葉県に隣接しており、東部は東京湾、南部は相模湾、南東部は太平洋に面しています。
神奈川県の県庁所在地は横浜市です。
2015年度の国勢調査によると、神奈川県の総人口は約913万人。
県内では県庁所在地のある横浜市が最も人口の多いエリアで、約372万人となっています。
神奈川県の年齢別人口では、40歳~44歳が最も多く約78万人、次いで45歳~49歳が多く約72万人です。
一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約216万人で、全体の約24%を占めています。
神奈川県は、横浜市を始め国が指定する政令指定都市が3つある唯一の都道府県です。 全体の人口数は首都である東京都に次ぐ全国2位、人口密度では東京都と大阪府に次ぐ3位となっており、神奈川県は首都大都市圏の一角を担っています。

神奈川県の平均寿命・平均余命

平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
同年の神奈川県の平均寿命は男性が81.32歳、女性が87.54歳となっており、男女ともに全国の平均寿命を上回っています。
また、65歳の神奈川県民の平均余命は男性が19.77年、女性が24.50年です。
40代までの比較的若い年齢層の人口が多い神奈川県では、十数年先の高齢化に向けて抜本的な対策を進めています。
具体的には、高齢者用福祉施設の整備、高齢者の社会参加へ向けた取り組みなどを実施し、高齢者が暮らしやすい町作りを目指しています。

神奈川県の概要

横浜市は神奈川県の東部に位置する政令指定都市で、神奈川県の県庁所在地です。
横浜市の総人口は約372万人で、神奈川県の総人口の約40%を占めています。
人口の多さに加え、県内でも最も面積が広い横浜市は、数多くの有名スポットがある観光地として、都内への通勤・通学に便利なベッドタウンとして、人気の高い巨大都市となっています。

横浜市は東京湾に面しており、国際的な貿易港である横浜港の近くには横浜を象徴する観光都市、横浜みなとみらい21があります。
横浜みなとみらい21には赤レンガ倉庫や横浜ランドマークタワーなどの観光スポットが点在し、昼夜問わず活気を見せています。

神奈川県の地域特性と保険

神奈川県内にある病院は338院、一般診療所は6033院です。
このうち国立病院機構に属する病院は、横浜医療センター(横浜市)、久里浜医療センター(横須賀市)、箱根病院(小田原市)、相模原病院(相模原市)、神奈川病院(秦野市)の5院あります。
神奈川県の人口10万人あたりの病院数は3.7院、病院病床数は814.55床となっており、全国平均の6.52院、1201.30病床数を大きく下回っています。
しかし、神奈川県は全国3番目の人口数を有する巨大都市であり、実際には規模の大きな総合病院、さまざまな分野の病院などが存在しています。
人口が多い都市のため最先端の医療設備が整った病院が集まる一方、人口比で見ると病床数や病院数が少ないという結果になるのです。
病院ひとつあたりの規模は大きくても人口あたりの病院数は他県に比べて少ないため、大規模災害時には病床数が不足する可能性があります。
突発的な事故や病気に備えるには、身近にある医療施設の場所や所属する医師、病床数などについてしっかり把握しておくことが大切です。
また、事故や病気への備えとして、民間の保険への加入もご検討ください。
治療費の負担を軽減する医療保険や、万が一の事態に備える生命保険への加入はお済みでしょうか?
保険は万一の際の安心を買うものです。
保険料はかかってしまいますが、加入しておけばいざというときに必要な保障が受けられます。
もちろん、保険料と保障内容のバランスを取ることも大切です。
保険への新規加入をご検討中の方も、保険の保障内容の見直しをお考えの方も、保険に関する相談はファイナンシャル・プランナーにするのがおすすめです。
あらゆる保険の悩みにお答えする、保険相談のプロフェッショナルであるファイナンシャル・プランナーは、お客様との保険相談を通じて、最適な保険プランを提供します。
保険相談を受けることで、新規加入や保険見直しに関する不安や疑問も解消されるでしょう。
ニッセンライフでは、相談者がお住まいの地域に登録しているファイナンシャル・プランナーをご紹介するサービスを提供しております。
神奈川県内、横浜市周辺で保険相談、保険見直しをお考えの方は、お気軽にニッセンライフコールセンターまでお問合せください。

保険コラム 公的保険と民間保険

保険には、公的保険と民間保険の2種類があります。
公的保険には、国民健康保険や介護保険、労働保険などがあり、一定の年齢に達した段階で加入が義務づけられています。
一方、民間保険とは民間の保険会社が提供しているサービスで、生命保険や医療保険などがあり、契約するかどうかは個人の自由です。
加入している人もいれば、加入していない人もいます。
公的保険と民間保険は、それぞれ全く別の分野をカバーする保険というわけではなく、保障対象が重なっている部分も多くあります。
例えば公的保険と民間保険、どちらも病気やケガの治療に対して給付金を保障する内容のものがあります。
もし公的保険だけで十分な保障が受けられるのであれば、民間保険にわざわざ加入する必要はありません。
しかし、特定の疾病に対しての治療、例えばがん治療の一部などは公的健康保険の保障対象に含まれないことがあるため、医療費が3割負担ではなく、10割負担(つまり自費診療扱い)になる可能性があります。
公的保険ではカバーしきれない範囲の保障を、民間保険でカバーするのはひとつのリスク対策です。
公的保険と民間保険は、このように互いを補い合う関係にあるといえます。
保険への加入、またはすでに加入している保険見直しをする際には、「どこまで公的保険でカバーし、どこから民間保険でカバーするのか」を十分に考える必要があります。 万が一のときの安全と、毎月支払う保険料とのバランスを考え、自分にとって最善の保険に加入することが大切です。
公的保険と民間保険のバランスを考える際にも、保険相談・保険見直しのプロであるファイナンシャル・プランナーにご相談ください。
新規加入の保険相談、保障内容を考え直す保険見直しなど、保険に関してのあらゆる問題にファイナンシャル・プランナーがお答えします。

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

神奈川県のお役立ち情報

  • 神奈川県の概要

    神奈川県は、関東地方に位置する都道府県です。
    東京都、山梨県、静岡県、千葉県に隣接しており、東部は東京湾、南部は相模湾、南東部は太平洋に面しています。
    神奈川県の県庁所在地は横浜市です。
    2015年度の国勢調査によると、神奈川県の総人口は約913万人。
    県内では県庁所在地のある横浜市が最も人口の多いエリアで、約372万人となっています。
    神奈川県の年齢別人口では、40歳~44歳が最も多く約78万人、次いで45歳~49歳が多く約72万人です。
    一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約216万人で、全体の約24%を占めています。
    神奈川県は、横浜市を始め国が指定する政令指定都市が3つある唯一の都道府県です。 全体の人口数は首都である東京都に次ぐ全国2位、人口密度では東京都と大阪府に次ぐ3位となっており、神奈川県は首都大都市圏の一角を担っています。

    人口の出典:「平成27年度(2015年度)国勢調査」
    「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)
    「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」

  • 神奈川県の平均寿命・平均余命

    平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
    同年の神奈川県の平均寿命は男性が81.32歳、女性が87.54歳となっており、男女ともに全国の平均寿命を上回っています。
    また、65歳の神奈川県民の平均余命は男性が19.77年、女性が24.50年です。
    40代までの比較的若い年齢層の人口が多い神奈川県では、十数年先の高齢化に向けて抜本的な対策を進めています。
    具体的には、高齢者用福祉施設の整備、高齢者の社会参加へ向けた取り組みなどを実施し、高齢者が暮らしやすい町作りを目指しています。

    平均寿命・平均余命の出典:「平成27年都道府県別生命表の概況」厚生労働省)
    「2 都道府県別にみた平均余命」(厚生労働省)

  • 神奈川県の概要

    横浜市は神奈川県の東部に位置する政令指定都市で、神奈川県の県庁所在地です。
    横浜市の総人口は約372万人で、神奈川県の総人口の約40%を占めています。
    人口の多さに加え、県内でも最も面積が広い横浜市は、数多くの有名スポットがある観光地として、都内への通勤・通学に便利なベッドタウンとして、人気の高い巨大都市となっています。

    横浜市は東京湾に面しており、国際的な貿易港である横浜港の近くには横浜を象徴する観光都市、横浜みなとみらい21があります。
    横浜みなとみらい21には赤レンガ倉庫や横浜ランドマークタワーなどの観光スポットが点在し、昼夜問わず活気を見せています。

  • 神奈川県の地域特性と保険

    神奈川県内にある病院は338院、一般診療所は6033院です。
    このうち国立病院機構に属する病院は、横浜医療センター(横浜市)、久里浜医療センター(横須賀市)、箱根病院(小田原市)、相模原病院(相模原市)、神奈川病院(秦野市)の5院あります。
    神奈川県の人口10万人あたりの病院数は3.7院、病院病床数は814.55床となっており、全国平均の6.52院、1201.30病床数を大きく下回っています。
    しかし、神奈川県は全国3番目の人口数を有する巨大都市であり、実際には規模の大きな総合病院、さまざまな分野の病院などが存在しています。
    人口が多い都市のため最先端の医療設備が整った病院が集まる一方、人口比で見ると病床数や病院数が少ないという結果になるのです。
    病院ひとつあたりの規模は大きくても人口あたりの病院数は他県に比べて少ないため、大規模災害時には病床数が不足する可能性があります。
    突発的な事故や病気に備えるには、身近にある医療施設の場所や所属する医師、病床数などについてしっかり把握しておくことが大切です。
    また、事故や病気への備えとして、民間の保険への加入もご検討ください。
    治療費の負担を軽減する医療保険や、万が一の事態に備える生命保険への加入はお済みでしょうか?
    保険は万一の際の安心を買うものです。
    保険料はかかってしまいますが、加入しておけばいざというときに必要な保障が受けられます。
    もちろん、保険料と保障内容のバランスを取ることも大切です。
    保険への新規加入をご検討中の方も、保険の保障内容の見直しをお考えの方も、保険に関する相談はファイナンシャル・プランナーにするのがおすすめです。
    あらゆる保険の悩みにお答えする、保険相談のプロフェッショナルであるファイナンシャル・プランナーは、お客様との保険相談を通じて、最適な保険プランを提供します。
    保険相談を受けることで、新規加入や保険見直しに関する不安や疑問も解消されるでしょう。
    ニッセンライフでは、相談者がお住まいの地域に登録しているファイナンシャル・プランナーをご紹介するサービスを提供しております。
    神奈川県内、横浜市周辺で保険相談、保険見直しをお考えの方は、お気軽にニッセンライフコールセンターまでお問合せください。

    病院・病床数・医師数の出典:「地域医療情報システム」神奈川県ページより(日本医師会)
    ※2017年10月現在の地域内医療機関情報の集計値

  • 保険コラム 公的保険と民間保険

    保険には、公的保険と民間保険の2種類があります。
    公的保険には、国民健康保険や介護保険、労働保険などがあり、一定の年齢に達した段階で加入が義務づけられています。
    一方、民間保険とは民間の保険会社が提供しているサービスで、生命保険や医療保険などがあり、契約するかどうかは個人の自由です。
    加入している人もいれば、加入していない人もいます。
    公的保険と民間保険は、それぞれ全く別の分野をカバーする保険というわけではなく、保障対象が重なっている部分も多くあります。
    例えば公的保険と民間保険、どちらも病気やケガの治療に対して給付金を保障する内容のものがあります。
    もし公的保険だけで十分な保障が受けられるのであれば、民間保険にわざわざ加入する必要はありません。
    しかし、特定の疾病に対しての治療、例えばがん治療の一部などは公的健康保険の保障対象に含まれないことがあるため、医療費が3割負担ではなく、10割負担(つまり自費診療扱い)になる可能性があります。
    公的保険ではカバーしきれない範囲の保障を、民間保険でカバーするのはひとつのリスク対策です。
    公的保険と民間保険は、このように互いを補い合う関係にあるといえます。
    保険への加入、またはすでに加入している保険見直しをする際には、「どこまで公的保険でカバーし、どこから民間保険でカバーするのか」を十分に考える必要があります。 万が一のときの安全と、毎月支払う保険料とのバランスを考え、自分にとって最善の保険に加入することが大切です。
    公的保険と民間保険のバランスを考える際にも、保険相談・保険見直しのプロであるファイナンシャル・プランナーにご相談ください。
    新規加入の保険相談、保障内容を考え直す保険見直しなど、保険に関してのあらゆる問題にファイナンシャル・プランナーがお答えします。