{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

岩手県のお役立ち情報

岩手県の概要

東北地方の北部に位置する岩手県は盛岡市に県庁所在地があり、人口約130万人のうち7割近くが内陸の北上盆地に暮らしています。隣接する県は北は青森県、西は秋田県、南は宮城県で、面積は北海道に次ぎ本州最大、日本全体の4%を占めています。内陸部は山や丘陵が多く、自然豊かな県です。藩政が存在していた時代に、伊達藩と南部藩で治められていたために、南部という呼称が地理を示す言葉ではなく北部(県北)を示す用語として残っています。
岩手県の中でも陸前というと、釜石より南の三陸地方を指します。また南部は陸中に該当します。岩手という県名の由来は県庁所在地である盛岡市の岩手郡から来ています。起源としては三ツ石さまと呼ばれる大岩(三ツ石神社のこと)が鬼を罰してこの地を荒らさないようにと、鬼と約束した手形を岩の上に残したという故事からつけられたと言われています。岩手という名前が使われるようになったのは、大和物語や古今和歌集の時代からとも言われており、その一節に岩手という記述が確認できます。
国立公園、国定公園、県立自然公園といった自然公園がたくさんある自然豊かな県です。また、奥羽山脈、北上山地といった有名な山岳や、北上川水系、田瀬湖・錦秋湖・岩洞湖といった湖沼もあります。

岩手県の特徴

岩手県の内陸は内陸性気候で夏は熱く冬は寒い気候ですが、北部内陸はさらに寒さが厳しく、冬には-30度近くまでなる場所もあります。県内は豪雪地帯に指定されていますが、積雪量は場所によってかなり違いがあります。奥羽山脈は積雪量が多く、スキーやスノーボードの国際大会・国内大会が開催されるスキー場があります。一方で太平洋側は、夏は逆に涼しい太平洋側気候でもあり、積雪量はそれ程多くありません。
面積は、北海道に次いで全国で2位ですが、実際の居住可能面積割合は県の約25%と全国で40位です。内陸には東北新幹線、東北縦貫自動車道などの高速交通網が整っています。一方でまだ未整備のところも多いため、岩手県庁は県内各所に地方振興局を設置し、出先機関として機能させています。
盛岡駅では、東北新幹線と秋田新幹線が接続し、北上JCTでは東北自動車道と秋田自動車道が接続するなど、秋田県へ向かう交通の要所となっています。また、岩手県には花巻空港もあります。北上市などの南部では所得水準が上がりつつありますが、内陸や沿岸部は南部に比べやや遅れをとっているため、現在県北・沿岸振興本部を設置して新たな対策を行っています。

岩手県の健康・医療

1981年に岩手県地域保健医療計画が策定され、岩手県の疾病の変化や保険医療に関するニーズの多様化に対応するため、計画を見直しながら施策の推進が行われています。その結果、地域連携ができるクリティカルパスやITを活用した医療ネットワークの導入などが図られ、2015年からはドクターヘリが本格運航されるようになり、質の高い医療を効率的に提供する体制が整えられてきました。
岩手県民の疾病による死亡の最大の原因であるガンの対策のため、「岩手県がん対策推進条例」が2014年4月から施行されました。これまでもガンの予防及び早期発見の推進とともに、地域にかかわらず質の高い医療を受けることができるよう、様々な施策が講じられていましたが、依然としてガンの罹患者数は多く、高齢化の進展によりさらに患者数の増加が見込まれています。そのため、ガンに関する知識普及の啓発、医療機関の整備、緩和ケアチームの機能強化などを基本的な施策として掲げ、ガンの対策に力を入れています。

岩手県の暮らし・家計

「黄金の国いわて」をキャッチフレーズとしている岩手県は東日本大震災で被災された方のために支援を実施しています。また、「岩手の子どもを健やかに育む条例」があり、社会全体で県民の就労や結婚、妊娠、出産、子育てを支えることにより、子どもを健やかに育てるための子育て支援を積極的に行っています。
また、暮らしに関しては暮らしの安全安心相談ポータルが県管轄でもうけられ、食生活、消費生活、家庭生活、交通事故、労働問題、住宅問題など、くらしの安全・安心に関する相談窓口が開設されています。保険福祉のガイドブックも充実しているのも特色です。内陸と海岸とは生活の水準に差がありますが、過疎地域振興対策や豪雪地帯振興対策、山村地域対策、地域拠点都市形成推進事業、過疎地域の指定要件など、岩手県ならではの地域支援制度を充実させ、県民の暮らしを支えています。名産品は前沢牛、江刺りんご、三陸わかめ、白金豚、いわて短角牛、南部せんべい、ゆべし、まめぶ汁などがあります。近年は東北新幹線や自動車道が整備されたことで、企業誘致が活発です。岩手県にはトヨタ自動車系の生産工場や東芝のフラッシュメモリ工場、富士通などの誘致が実現し、県民所得の向上に繋がっています。また、岩手県は貯蓄率が極めて高い県として知られ、県内には3行の地方銀行があり、保有資産は4兆円以上と言われています。県民貯蓄率は39%で、全国でも9位という高い比率です。なお岩手県平均年収は370万6200円で、月収平均は約26万、平均年齢は43.3歳となっており、この5年で徐々に年収がアップする傾向です。共稼ぎ率は62.85%で全国では11位、秋田県に次ぐ高い比率です。

保険コラム 「差額ベッド代って何?」

条件のよい病室を希望して個室に入院する場合などは大部屋との差額料金が全額自己負担となり、その自己負担代金にかかる費用を差額ベッド代といいます。大部屋の場合には公的医療保険が適用されるため、特別な自己負担の必要はありません。おなじように治療のための理由や病院の都合によって大部屋以外に入院する場合にも差額ベッド代は発生しません。平均的な1日あたりの差額ベッド代は1人部屋あたり7,563円、2人部屋で3,065円、3人部屋で2,812円となっています。これらの金額は入院日数が長くなると大きな負担となってきますし、地域や病院、利用する病室によっても金額が変わってきます。差額は1日5,000円以上になることも珍しくはなく、数千円~数万円と金額に幅があります。
差額ベッド代は、本人の希望によって個室に入院した場合に請求されるものであり、同意なしに支払いを強制されるべきものではありません。不要な支出を抑えたい人は、入院前にその施設の差額ベッド代について必ず確認しておくことがよいでしょう。また医療費の自己負担額の上限を超えた場合、超えた金額が戻ってくる高額療養費制度がありますが差額ベッド代は制度対象外ですので、注意が必要です。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

岩手県のお役立ち情報

  • 岩手県の概要

    東北地方の北部に位置する岩手県は盛岡市に県庁所在地があり、人口約130万人のうち7割近くが内陸の北上盆地に暮らしています。隣接する県は北は青森県、西は秋田県、南は宮城県で、面積は北海道に次ぎ本州最大、日本全体の4%を占めています。内陸部は山や丘陵が多く、自然豊かな県です。藩政が存在していた時代に、伊達藩と南部藩で治められていたために、南部という呼称が地理を示す言葉ではなく北部(県北)を示す用語として残っています。
    岩手県の中でも陸前というと、釜石より南の三陸地方を指します。また南部は陸中に該当します。岩手という県名の由来は県庁所在地である盛岡市の岩手郡から来ています。起源としては三ツ石さまと呼ばれる大岩(三ツ石神社のこと)が鬼を罰してこの地を荒らさないようにと、鬼と約束した手形を岩の上に残したという故事からつけられたと言われています。岩手という名前が使われるようになったのは、大和物語や古今和歌集の時代からとも言われており、その一節に岩手という記述が確認できます。
    国立公園、国定公園、県立自然公園といった自然公園がたくさんある自然豊かな県です。また、奥羽山脈、北上山地といった有名な山岳や、北上川水系、田瀬湖・錦秋湖・岩洞湖といった湖沼もあります。

  • 岩手県の特徴

    岩手県の内陸は内陸性気候で夏は熱く冬は寒い気候ですが、北部内陸はさらに寒さが厳しく、冬には-30度近くまでなる場所もあります。県内は豪雪地帯に指定されていますが、積雪量は場所によってかなり違いがあります。奥羽山脈は積雪量が多く、スキーやスノーボードの国際大会・国内大会が開催されるスキー場があります。一方で太平洋側は、夏は逆に涼しい太平洋側気候でもあり、積雪量はそれ程多くありません。
    面積は、北海道に次いで全国で2位ですが、実際の居住可能面積割合は県の約25%と全国で40位です。内陸には東北新幹線、東北縦貫自動車道などの高速交通網が整っています。一方でまだ未整備のところも多いため、岩手県庁は県内各所に地方振興局を設置し、出先機関として機能させています。
    盛岡駅では、東北新幹線と秋田新幹線が接続し、北上JCTでは東北自動車道と秋田自動車道が接続するなど、秋田県へ向かう交通の要所となっています。また、岩手県には花巻空港もあります。北上市などの南部では所得水準が上がりつつありますが、内陸や沿岸部は南部に比べやや遅れをとっているため、現在県北・沿岸振興本部を設置して新たな対策を行っています。

  • 岩手県の健康・医療

    1981年に岩手県地域保健医療計画が策定され、岩手県の疾病の変化や保険医療に関するニーズの多様化に対応するため、計画を見直しながら施策の推進が行われています。その結果、地域連携ができるクリティカルパスやITを活用した医療ネットワークの導入などが図られ、2015年からはドクターヘリが本格運航されるようになり、質の高い医療を効率的に提供する体制が整えられてきました。
    岩手県民の疾病による死亡の最大の原因であるガンの対策のため、「岩手県がん対策推進条例」が2014年4月から施行されました。これまでもガンの予防及び早期発見の推進とともに、地域にかかわらず質の高い医療を受けることができるよう、様々な施策が講じられていましたが、依然としてガンの罹患者数は多く、高齢化の進展によりさらに患者数の増加が見込まれています。そのため、ガンに関する知識普及の啓発、医療機関の整備、緩和ケアチームの機能強化などを基本的な施策として掲げ、ガンの対策に力を入れています。

  • 岩手県の暮らし・家計

    「黄金の国いわて」をキャッチフレーズとしている岩手県は東日本大震災で被災された方のために支援を実施しています。また、「岩手の子どもを健やかに育む条例」があり、社会全体で県民の就労や結婚、妊娠、出産、子育てを支えることにより、子どもを健やかに育てるための子育て支援を積極的に行っています。
    また、暮らしに関しては暮らしの安全安心相談ポータルが県管轄でもうけられ、食生活、消費生活、家庭生活、交通事故、労働問題、住宅問題など、くらしの安全・安心に関する相談窓口が開設されています。保険福祉のガイドブックが充実しているのも特色です。内陸と海岸とは生活の水準に差がありますが、過疎地域振興対策や豪雪地帯振興対策、山村地域対策、地域拠点都市形成推進事業、過疎地域の指定要件など、岩手県ならではの地域支援制度を充実させ、県民の暮らしを支えています。名産品は前沢牛、江刺りんご、三陸わかめ、白金豚、いわて短角牛、南部せんべい、ゆべし、まめぶ汁などがあります。近年は東北新幹線や自動車道が整備されたことで、企業誘致が活発です。岩手県にはトヨタ自動車系の生産工場や東芝のフラッシュメモリ工場、富士通などの誘致が実現し、県民所得の向上に繋がっています。また、岩手県は貯蓄率が極めて高い県として知られ、県内には3行の地方銀行があり、保有資産は4兆円以上と言われています。県民貯蓄率は39%で、全国でも9位という高い比率です。なお岩手県平均年収は370万6,200円で、月収平均は約26万、平均年齢は43.3歳となっており、この5年で徐々に年収がアップする傾向です。共稼ぎ率は62.85%で全国では11位、秋田県に次ぐ高い比率です。

  • 保険コラム
    「差額ベッド代って何?」

    条件のよい病室を希望して個室に入院する場合などは大部屋との差額料金が全額自己負担となり、その自己負担代金にかかる費用を差額ベッド代といいます。大部屋の場合には公的医療保険が適用されるため、特別な自己負担の必要はありません。おなじように治療のための理由や病院の都合によって大部屋以外に入院する場合にも差額ベッド代は発生しません。平均的な1日あたりの差額ベッド代は1人部屋あたり7,563円、2人部屋で3,065円、3人部屋で2,812円となっています。これらの金額は入院日数が長くなると大きな負担となってきますし、地域や病院、利用する病室によっても金額が変わってきます。差額は1日5,000円以上になることも珍しくはなく、数千円~数万円と金額に幅があります。
    差額ベッド代は、本人の希望によって個室に入院した場合に請求されるものであり、同意なしに支払いを強制されるべきものではありません。不要な支出を抑えたい人は、入院前にその施設の差額ベッド代について必ず確認しておくことがよいでしょう。また医療費の自己負担額の上限を超えた場合、超えた金額が戻ってくる高額療養費制度がありますが差額ベッド代は制度対象外ですので、注意が必要です。

    ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。