{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

徳島県のお役立ち情報

徳島県の概要

徳島県は、四国地方東部に位置し、元の「阿波国」にあたる都道府県です。 県東には紀伊水道が広がり、北は香川県、南は高知県、西は愛媛県と接しています。
県土面積約4,146km²の県内は、その約8割を山地が占めています。 最も高い標高を誇る「剣山」は四国山地第2位の高山として知られ、その標高は1,955mにも及びます。 剣山を中心とした周辺山地には豊かな水資源が多く、北方に流れる吉野川は隣接する高知県から徳島県へと続いています。 吉野川河口付近にはなだらかな平地が広がり、そのほか豊富な森林地帯や海岸部、港湾などを有しています。
2015年の国勢調査によると、徳島県の総人口は約75万6000人。男性は約36万人、女性は約39万6000人です。 年齢別人口を見ると、年少人口(15歳未満)が最も少ない約8万7000人(男性4万5000人、女性約4万2000人)、生産年齢人口(15歳~64歳)が最も多い約43万人(男性21万1000人、女性21万7000人)となっています。 老年人口(65歳以上)はそれぞれの中間となり、約23万人(男性9万8000人、女性13万3000人)です。

徳島県の特徴

大自然や伝統文化に恵まれた徳島県で最も人気のイベントは、言わずと知れた「阿波おどり」です。 阿波おどりは、精霊踊りや念仏踊りが原形といわれていますが、その起源は明らかではありません。 徳島県では、毎年夏を迎えると徳島県内外の各地で阿波おどり音頭が踊られ、日本の伝統行事としても世界にその名を轟かせています。 そのため、県内にはその名を冠した「徳島阿波おどり空港」があるほどです。 徳島県内最大規模の阿波踊りイベントとしては、毎年8月に徳島市内で行われる「選抜阿波おどり大会」が有名です 。
また、自然の景観を楽しめる観光名所としては、「世界三大潮流」として知られる鳴門海峡の「鳴門の渦潮(うずしお)」 や、「日本三奇橋」として知られる「祖谷のかずら橋」 があります。 そのほか、年齢性別を問わず人気の観光名所として、世界最高齢のウミガメ「浜太郎」が飼育されている「日和佐うみがめ博物館カレッタ」 があります。
豊富な海山の幸に恵まれた徳島県の特産品で、最も有名なものとしては「すだち」が挙げられます。 現在では全国で親しまれているすだちですが、徳島県はすだちの原産地としても有名です。徳島県では、すだちを通じて県の広報活動を行う目的で、イメージアップキャラクターにすだちを模した「すだちくん」 を制定しています。

徳島県の健康・医療

徳島県では県民の健康生活を支えるため、常日頃からさまざまな取り組みをしています。 その取り組みのひとつが「とくしま健康づくりネット」の運営です。
▼とくしま健康づくりネット▼
当ネットの運営は徳島県庁の保健福祉部 健康づくり課が担当しており、県民に役立つ健康情報を発信する場となっています。
徳島県民は県民が糖尿病に罹患して死亡する率が非常に高く、過去何度も死亡率全国ワースト1位になってきました。 近年では行政や関連機関と一体となり、糖尿病を防ぐ取り組みや啓蒙活動、罹患した人の克服対策などに励み、ワースト1位からの永久脱却を目指しています。
2018年時点の地域内医療機関情報によれば、徳島県内の一般診療所数は603院、病院は109院です。 一般診療所の病床数は1680床、病院病床数は1万4277床で、人口10万人あたりの病床数は全国平均を大きく上回っています。 県内は医療施設数、病床数、医師や歯科医師などの人員も全国平均以上にそろっています。 病気やケガの際、比較的治療を受けやすい環境にあるといえるでしょう。

徳島県の暮らし・家計

徳島県では、単身世帯や共働き世帯が増加傾向にある中、働く女性の育児環境や労働環境を改善するべく「とくしま男女共同参画実行プラン 」を策定、推進しています。 当プランでは、男女の役割分担の見直しや共働き世帯を支援するための保育サービスの実施、育児休暇取得の促進など、あらゆる方向から子育て環境の改善を図っています。
また、現在取り組まれている徳島県ならではの子育て支援サービスとして、育児についての情報発信を行うサイト「とくしまはぐくみネット 」の運営 が挙げられます。
▼とくしまはぐくみネット▼
とくしまはぐくみネットでは、妊娠から出産、その後の子育てまで、子育て世帯に役立つさまざまな情報を提供しています。 地域の子育て支援をあらゆるジャンルにおいて促進し、各市町村がより住民と身近な存在となりながら、住民の子育て環境を支援していくことを目的としているのです。
県が行うおもな支援制度としては、夫婦の出会いから結婚までをサポートする「マリッサとくしま」の運営、産前・産後の母親向け無料電話相談、乳幼児の医療費助成、0歳~2歳児で家庭内3人目以降の保育料無料化などがあります。 徳島県では、こうした取り組みを通じて子育て世帯の悩みを解消し、豊かな子育てができる県を目指しています。

保険コラム 「妊娠中の加入も可能!学資保険」

お子様の入学や進学に合わせて祝い金や満期保険金を受け取れる保険商品として、学資保険があります。 各保険会社により、祝金の有無や保険金額、保険料の払込期間に応じて契約可能な年齢は異なります。
ただ、ほとんどの保険会社ではお子様が0歳のときから加入できる商品、出産前の妊娠中でも申し込み可能な学資保険を用意しています。(※ご契約プランによって「責任開始日からその日を含め、出生予定日の前日までの日数が140日以内」など制約があります。検討中の保険がどの時期から加入できるか確認をしておきましょう。) 出産後は1か月検診やお宮参りなどで忙しくなることに加え、母子ともに体調が不安定な時期です。 そのため、比較的時間にゆとりがある妊娠中に、学資保険を含めて教育資金の準備をどうするか考えておきましょう。 出産前の情報収集に割ける時間を有効活用し、ライフプランニングとあわせて教育資金について考えることで、計画的な教育資金準備が可能となります。
お子様にどんな教育を受けさせたいか、子育てにいくら費用をかけるかなどをシミュレーションしながら、ご自身の家庭に合わせた教育資金の積み立て方を考えていきましょう。

  • (2020年1月20日更新)

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

徳島県のお役立ち情報

  • 徳島県の概要

    徳島県は、四国地方東部に位置し、元の「阿波国」にあたる都道府県です。 県東には紀伊水道が広がり、北は香川県、南は高知県、西は愛媛県と接しています。
    県土面積約4,146km²の県内は、その約8割を山地が占めています。 最も高い標高を誇る「剣山」は四国山地第2位の高山として知られ、その標高は1,955mにも及びます。 剣山を中心とした周辺山地には豊かな水資源が多く、北方に流れる吉野川は隣接する高知県から徳島県へと続いています。 吉野川河口付近にはなだらかな平地が広がり、そのほか豊富な森林地帯や海岸部、港湾などを有しています。
    2015年の国勢調査によると、徳島県の総人口は約75万6000人。男性は約36万人、女性は約39万6000人です。 年齢別人口を見ると、年少人口(15歳未満)が最も少ない約8万7000人(男性4万5000人、女性約4万2000人)、生産年齢人口(15歳~64歳)が最も多い約43万人(男性21万1000人、女性21万7000人)となっています。 老年人口(65歳以上)はそれぞれの中間となり、約23万人(男性9万8000人、女性13万3000人)です。

    人口の出典: 「2015年度国勢調査」「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」(総務省統計局)

  • 徳島県の特徴

    大自然や伝統文化に恵まれた徳島県で最も人気のイベントは、言わずと知れた「阿波おどり」です。 阿波おどりは、精霊踊りや念仏踊りが原形といわれていますが、その起源は明らかではありません。 徳島県では、毎年夏を迎えると徳島県内外の各地で阿波おどり音頭が踊られ、日本の伝統行事としても世界にその名を轟かせています。 そのため、県内にはその名を冠した「徳島阿波おどり空港」があるほどです。 徳島県内最大規模の阿波踊りイベントとしては、毎年8月に徳島市内で行われる「選抜阿波おどり大会」が有名です 。
    また、自然の景観を楽しめる観光名所としては、「世界三大潮流」として知られる鳴門海峡の「鳴門の渦潮(うずしお)」 や、「日本三奇橋」として知られる「祖谷のかずら橋」 があります。 そのほか、年齢性別を問わず人気の観光名所として、世界最高齢のウミガメ「浜太郎」が飼育されている「日和佐うみがめ博物館カレッタ」 があります。
    豊富な海山の幸に恵まれた徳島県の特産品で、最も有名なものとしては「すだち」が挙げられます。 現在では全国で親しまれているすだちですが、徳島県はすだちの原産地としても有名です。徳島県では、すだちを通じて県の広報活動を行う目的で、イメージアップキャラクターにすだちを模した「すだちくん」 を制定しています。

  • 徳島県の健康・医療

    徳島県では県民の健康生活を支えるため、常日頃からさまざまな取り組みをしています。 その取り組みのひとつが「とくしま健康づくりネット」の運営です。
    ▼とくしま健康づくりネット▼
    当ネットの運営は徳島県庁の保健福祉部 健康づくり課が担当しており、県民に役立つ健康情報を発信する場となっています。
    徳島県民は県民が糖尿病に罹患して死亡する率が非常に高く、過去何度も死亡率全国ワースト1位になってきました。 近年では行政や関連機関と一体となり、糖尿病を防ぐ取り組みや啓蒙活動、罹患した人の克服対策などに励み、ワースト1位からの永久脱却を目指しています。
    2018年時点の地域内医療機関情報によれば、徳島県内の一般診療所数は603院、病院は109院です。 一般診療所の病床数は1680床、病院病床数は1万4277床で、人口10万人あたりの病床数は全国平均を大きく上回っています。 県内は医療施設数、病床数、医師や歯科医師などの人員も全国平均以上にそろっています。 病気やケガの際、比較的治療を受けやすい環境にあるといえるでしょう。

    医療施設の出典: 地域医療情報システム「徳島県」(日本医師会)
    ※2018年11月時点の地域内医療機関情報の集計値に基づく

  • 徳島県の暮らし・家計

    徳島県では、単身世帯や共働き世帯が増加傾向にある中、働く女性の育児環境や労働環境を改善するべく「とくしま男女共同参画実行プラン 」を策定、推進しています。 当プランでは、男女の役割分担の見直しや共働き世帯を支援するための保育サービスの実施、育児休暇取得の促進など、あらゆる方向から子育て環境の改善を図っています。
    また、現在取り組まれている徳島県ならではの子育て支援サービスとして、育児についての情報発信を行うサイト「とくしまはぐくみネット 」の運営 が挙げられます。
    ▼とくしまはぐくみネット▼
    とくしまはぐくみネットでは、妊娠から出産、その後の子育てまで、子育て世帯に役立つさまざまな情報を提供しています。 地域の子育て支援をあらゆるジャンルにおいて促進し、各市町村がより住民と身近な存在となりながら、住民の子育て環境を支援していくことを目的としているのです。
    県が行うおもな支援制度としては、夫婦の出会いから結婚までをサポートする「マリッサとくしま」の運営、産前・産後の母親向け無料電話相談、乳幼児の医療費助成、0歳~2歳児で家庭内3人目以降の保育料無料化などがあります。 徳島県では、こうした取り組みを通じて子育て世帯の悩みを解消し、豊かな子育てができる県を目指しています。

  • 保険コラム
    「妊娠中の加入も可能!学資保険」

    お子様の入学や進学に合わせて祝い金や満期保険金を受け取れる保険商品として、学資保険があります。 各保険会社により、祝金の有無や保険金額、保険料の払込期間に応じて契約可能な年齢は異なります。
    ただ、ほとんどの保険会社ではお子様が0歳のときから加入できる商品、出産前の妊娠中でも申し込み可能な学資保険を用意しています。(※ご契約プランによって「責任開始日からその日を含め、出生予定日の前日までの日数が140日以内」など制約があります。検討中の保険がどの時期から加入できるか確認をしておきましょう。) 出産後は1か月検診やお宮参りなどで忙しくなることに加え、母子ともに体調が不安定な時期です。 そのため、比較的時間にゆとりがある妊娠中に、学資保険を含めて教育資金の準備をどうするか考えておきましょう。 出産前の情報収集に割ける時間を有効活用し、ライフプランニングとあわせて教育資金について考えることで、計画的な教育資金準備が可能となります。
    お子様にどんな教育を受けさせたいか、子育てにいくら費用をかけるかなどをシミュレーションしながら、ご自身の家庭に合わせた教育資金の積み立て方を考えていきましょう。

    (2020年1月20日更新)