{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

北海道のお役立ち情報

北海道の概要

北海道は、北海道地方に位置する都道府県です。
日本列島では本州に次いで大きな島で、都道府県単体では最も広い県土面積を有します。
北海道の道庁所在地は札幌市です。
平成27年度(2015年度)の国勢調査によると、北海道の総人口は約538万人。
道内では道庁所在地のある札幌市が最も人口の多いエリアで、約195万人です。
北海道の年齢別人口では、65歳~69歳が最も多く約45万人、次いで60歳~64歳歳の年齢帯が多く約41万人います。
一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約156万人と全体の約29%を占めており、北海道では深刻な高齢化が加速しています。
オフィスや商業施設がたくさんあり、都会的なにぎわいを見せる札幌や旭川。
雄大な大自然が広がる釧路や十勝など、エリアによってさまざまな特徴があるのも、広大な北海道ならではの魅力です。

北海道の平均寿命・平均余命

平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
同年の北海道の平均寿命は男性が80.28歳、女性が86.77歳となっており、男女ともに全国の平均寿命を下回っています。
また、65歳の北海道民の平均余命は男性が19.25年、女性が24.36年です。
北海道の平均寿命・平均余命は平均よりやや下で、「健康的に生きられる期間」を示す「健康寿命」についても、ここ数年全国平均以下の状況が続いています。
北海道はほかの都道府県よりも早いスピードで高齢化が進んでおり、平均寿命も健康寿命も長くなるための高齢者対策が求められています。

北海道の都市概要

北海道内で最も人口の多い札幌市は、北海道の北西部に位置する都市です。
札幌市は北海道の道庁所在地であり、政令指定都市に指定されています。
札幌市の総人口は約195万人。
北海道の総人口の約36%が札幌に集中しているということです。
北海道の中心都市である札幌市は、ビジネスや経済、商業、文化の中心地です。
大通公園や札幌市時計台、毎年2月に開催されるさっぽろ雪まつりなど、有名なスポットやイベントが多数あり、国内外から多くの観光客が訪れています。

北海道内で札幌市に次いで人口の多い旭川市は、北海道北西部に位置する都市です。 旭川市は、中核都市の規模では北海道・東北・北陸の3地方で最大です。
北海道第2位の人口を誇る旭川市には旭川空港があり、千歳空港と並んで北海道の玄関口として機能しています。
旭川市は、冬季の最低気温がマイナス20度を下回ることも珍しくなく、日本最北の都道府県である北海道を象徴する地域といえるでしょう。

北海道の地域特性と保険

北海道内にある病院は約555院、一般診療所は約2,730院です。
このうち国立病院機構に属する病院は、北海道がんセンター(札幌市)、北海道医療センター(札幌市)、函館病院(函館市)、八雲病院(二海郡八雲町)、旭川医療センター(旭川市)、帯広病院(帯広市)の6院です。
また、北海道の人口10万人あたりの病院数は10.31院で、全国平均の6.52院を大きく上回っています。
北海道内にある病院の病床数は約9万3000床で、人口10万人あたりの病床数とともに全国平均水準を大きく上回っています。
特に札幌市、旭川市など主要都市の周辺には医療施設が集中しており、入院を必要とするようなケガや病気を負ってしまった場合に適切な治療を受けられる病院を探しやすくなっています。
とはいえ、北海道内の医療施設数が全国水準を上回っているのは、北海道が全国で最も県土面積の広いエリアであることも理由の1つです。
データ上では数多くの病院、一般診療所があるように見えても、札幌市などの中心地から離れた地域の場合、自宅から医療施設までの距離が遠く、片道数時間かかる可能性もあります。 また、北海道は全国的に人口減少が顕著な地域です。
人口減少に伴い医療施設の数も年々少なくなっているため、万一の際に通える医療施設の状況は常に確認しておくようにしましょう。
医療施設までの距離が離れているということは、病気やケガの状態が悪化する可能性もあるということです。
もしもの際に状態が悪化し、入院や治療費の負担が重くなったときのためにも、医療保険への加入や見直しは定期的に行うのがおすすめです。
保険の新規加入相談や、保険見直しをご希望の方は、ニッセンライフコールセンターまでお気軽にお電話ください。
ニッセンライフの受付コンシェルジュが、ひとりひとりに最適な保険プランをご提案できるファイナンシャル・プランナーをご紹介します。 新規加入の保険相談、加入済みの保険見直しの疑問や不安は、保険相談のプロであるファイナンシャル・プランナーと一緒に解決していきましょう。

保険コラム 「保険相談・保険見直しのきっかけは?」

保険相談も保険見直しも、どちらも誰かから言われて始めるものではありません。
新規加入に関する保険相談も、保障内容を改善する保険見直しも、相談者の自発的な行動が必要です。
では、保険相談や保険見直しのきっかけとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?
最も大きなきっかけとして、ライフステージの変化が挙げられます。
ライフステージとは、個人の人生において変化していく生活段階をいいます。
一般的に幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期に分類されますが、このほかにも人生の節目ごとに様々なライフステージがあります。
例えば結婚、出産、子供の進学や独立などです。
ライフステージが変化するごとに、最適な保険の条件は変化します。
例えば、独身時代は自分のための保険に加入していた方も、結婚をすれば家族のための保険に切り替えることが求められます。
子供が独立して扶養から外れれば、万が一の備えに必要な保障内容が変わるのは当然です。
このように、ライフステージの変化によって最適な保険が異なるため、ライフステージの変化が保険相談や保険見直しのきっかけになるのです。

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

北海道のお役立ち情報

  • 北海道の概要

    北海道は、北海道地方に位置する都道府県です。
    日本列島では本州に次いで大きな島で、都道府県単体では最も広い県土面積を有します。
    北海道の道庁所在地は札幌市です。
    平成27年度(2015年度)の国勢調査によると、北海道の総人口は約538万人。
    道内では道庁所在地のある札幌市が最も人口の多いエリアで、約195万人です。
    北海道の年齢別人口では、65歳~69歳が最も多く約45万人、次いで60歳~64歳歳の年齢帯が多く約41万人います。
    一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約156万人と全体の約29%を占めており、北海道では深刻な高齢化が加速しています。
    オフィスや商業施設がたくさんあり、都会的なにぎわいを見せる札幌や旭川。
    雄大な大自然が広がる釧路や十勝など、エリアによってさまざまな特徴があるのも、広大な北海道ならではの魅力です。

    人口の出典:「平成27年度(2015年度)国勢調査」
    「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)
    「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」

  • 北海道の平均寿命・平均余命

    平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
    同年の北海道の平均寿命は男性が80.28歳、女性が86.77歳となっており、男女ともに全国の平均寿命を下回っています。
    また、65歳の北海道民の平均余命は男性が19.25年、女性が24.36年です。
    北海道の平均寿命・平均余命は平均よりやや下で、「健康的に生きられる期間」を示す「健康寿命」についても、ここ数年全国平均以下の状況が続いています。
    北海道はほかの都道府県よりも早いスピードで高齢化が進んでおり、平均寿命も健康寿命も長くなるための高齢者対策が求められています。

    平均寿命・平均余命の出典:「平成27年都道府県別生命表の概況」厚生労働省)
    「2 都道府県別にみた平均余命」(厚生労働省)
    健康寿命の出典:「健康寿命のページ」(厚生労働科学研究)

  • 北海道の都市概要

    北海道内で最も人口の多い札幌市は、北海道の北西部に位置する都市です。
    札幌市は北海道の道庁所在地であり、政令指定都市に指定されています。
    札幌市の総人口は約195万人。
    北海道の総人口の約36%が札幌に集中しているということです。
    北海道の中心都市である札幌市は、ビジネスや経済、商業、文化の中心地です。
    大通公園や札幌市時計台、毎年2月に開催されるさっぽろ雪まつりなど、有名なスポットやイベントが多数あり、国内外から多くの観光客が訪れています。

    北海道内で札幌市に次いで人口の多い旭川市は、北海道北西部に位置する都市です。 旭川市は、中核都市の規模では北海道・東北・北陸の3地方で最大です。
    北海道第2位の人口を誇る旭川市には旭川空港があり、千歳空港と並んで北海道の玄関口として機能しています。
    旭川市は、冬季の最低気温がマイナス20度を下回ることも珍しくなく、日本最北の都道府県である北海道を象徴する地域といえるでしょう。

    人口の出典:「平成27年度(2015年度)国勢調査」
    「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)

  • 北海道の地域特性と保険

    北海道内にある病院は約555院、一般診療所は約2,730院です。
    このうち国立病院機構に属する病院は、北海道がんセンター(札幌市)、北海道医療センター(札幌市)、函館病院(函館市)、八雲病院(二海郡八雲町)、旭川医療センター(旭川市)、帯広病院(帯広市)の6院です。
    また、北海道の人口10万人あたりの病院数は10.31院で、全国平均の6.52院を大きく上回っています。
    北海道内にある病院の病床数は約9万3000床で、人口10万人あたりの病床数とともに全国平均水準を大きく上回っています。
    特に札幌市、旭川市など主要都市の周辺には医療施設が集中しており、入院を必要とするようなケガや病気を負ってしまった場合に適切な治療を受けられる病院を探しやすくなっています。
    とはいえ、北海道内の医療施設数が全国水準を上回っているのは、北海道が全国で最も県土面積の広いエリアであることも理由の1つです。
    データ上では数多くの病院、一般診療所があるように見えても、札幌市などの中心地から離れた地域の場合、自宅から医療施設までの距離が遠く、片道数時間かかる可能性もあります。 また、北海道は全国的に人口減少が顕著な地域です。
    人口減少に伴い医療施設の数も年々少なくなっているため、万一の際に通える医療施設の状況は常に確認しておくようにしましょう。
    医療施設までの距離が離れているということは、病気やケガの状態が悪化する可能性もあるということです。
    もしもの際に状態が悪化し、入院や治療費の負担が重くなったときのためにも、医療保険への加入や見直しは定期的に行うのがおすすめです。
    保険の新規加入相談や、保険見直しをご希望の方は、ニッセンライフコールセンターまでお気軽にお電話ください。
    ニッセンライフの受付コンシェルジュが、ひとりひとりに最適な保険プランをご提案できるファイナンシャル・プランナーをご紹介します。 新規加入の保険相談、加入済みの保険見直しの疑問や不安は、保険相談のプロであるファイナンシャル・プランナーと一緒に解決していきましょう。

    病院・病床数・医師数の出典:「地域医療情報システム」北海道ページより(日本医師会)
    ※2017年10月現在の地域内医療機関情報の集計値

  • 保険コラム
    「保険相談・保険見直しのきっかけは?」

    保険相談も保険見直しも、どちらも誰かから言われて始めるものではありません。
    新規加入に関する保険相談も、保障内容を改善する保険見直しも、相談者の自発的な行動が必要です。
    では、保険相談や保険見直しのきっかけとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?
    最も大きなきっかけとして、ライフステージの変化が挙げられます。
    ライフステージとは、個人の人生において変化していく生活段階をいいます。
    一般的に幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期に分類されますが、このほかにも人生の節目ごとに様々なライフステージがあります。
    例えば結婚、出産、子供の進学や独立などです。
    ライフステージが変化するごとに、最適な保険の条件は変化します。
    例えば、独身時代は自分のための保険に加入していた方も、結婚をすれば家族のための保険に切り替えることが求められます。
    子供が独立して扶養から外れれば、万が一の備えに必要な保障内容が変わるのは当然です。
    このように、ライフステージの変化によって最適な保険が異なるため、ライフステージの変化が保険相談や保険見直しのきっかけになるのです。