{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

愛媛県のお役立ち情報

愛媛県の概要

瀬戸内海に面した四国地方北西部に位置する愛媛県は、山林をはじめとした緑豊かな自然と海産物に恵まれ、年間を通して海山の恩恵を受けられる土地です。
また、多くの島や半島を県内域に有する反面、高原地帯や盆地を構え、県内に種類豊富な地形が存在しています。
豊かな自然を活かし、瀬戸内海国立公園をはじめとした多くの国立自然公園を持つことでも知られており、県内全域で大自然を身近に感じることができるのが愛媛県の魅力の1つです。
2015年度(平成27年度)の愛媛県の人口は約139万人で、四国地方で最も多い人口を有しています。
総人口における年齢別の割合では、65歳~69歳が最も多く約12万人、次いで60歳~64歳が約10万人となっており、60歳代の割合が多くなっています。

愛媛県の特徴

『愛のくに 愛顔(えがお)あふれる愛媛県』をスローガンに掲げる愛媛県は、県木にまつの木が制定されており(1966年9月9日制定)、主に「あかまつ」「くろまつ」「ごようまつ」を指して用いられます。
瀬戸内海沿岸に自生する松の木の数々は、白浜青松の景観維持に貢献しており、古くから県民に愛される愛媛の景観として有名です。
県花には、愛媛県の名産物であるみかんの花が制定されており、純白で清楚なみかんの花が県民性を象徴するに相応しいとして、1952年5月5日に制定されました。
県内全域で特産品として知られている愛媛のみかんは、県のイメージアップキャラクター(ゆるキャラ)「みきゃん」のモチーフや県旗にも用いられています。
このほか、県鳥にコマドリ、県魚にマダイが制定されており、県の獣並びに国指定の特別天然記念物として、ニッポンカワウソが指定されています(1964年5月10日制定)。
歴史的建造物が多く立ち並ぶ県内では、松山城や宇和島城など多くの文化遺産や観光スポットが存在します。
それらの背景に由来するかつての街並みや伝統工芸、郷土料理は現在でも祭りや行事として継承され、主に歴史的偉人や伝統、文化にちなんだイベントが1年を通して無数に開催されています。

愛媛県の健康・医療

愛媛県民のおもな死因は、第1位が悪性新生物(ガン)です。
平成29年度(2017年度)時点の調査によると、4621人が悪性新生物(がん)により亡くなっています。
続く第2位は、心疾患により3192人、第3位は老衰により1645人が亡くなっています。 愛媛県に限らず、悪性新生物(がん)は全国的な統計でも死因のトップであり、その状況は長年変わっていません。
愛媛県内にある病院数は141院、一般診療所数は1041院です。
愛媛県内で国立病院機構に所属する病院は、四国がんセンター(松山市)と愛媛医療センター(東温市)の2院です。
2018年時点の調査において、人口10万人あたりの病院数は10.18院と、全国平均の6.52院を大幅に上回っています。
また、愛媛県内の一般診療所数は人口10万人に対して75.15院で、ここでも全国平均の68.14院を上回る診療所数です。
一方、歯科診療所においては人口10万人に対して48.73院とやや少なく、全国平均53.69院を下回る結果となっています。
愛媛県では病院や一般診療所数は全国平均よりも多い傾向にあるものの、先述の歯科診療所など、一部診療所数が不足している診療科目もあります。
また、愛媛県内でも地域によって医療体制には差があるため、自分が住んでいる地域の医療事情を日常的に確認しておくことが大切です。

愛媛県の暮らし・家計

愛媛県民の平均賃金年収は約256万2000円で、全国の平均賃金約306万2000円を大きく下回っています。
愛媛県の平均賃金は、四国地方4県の中でも最も低く、県全体で賃金向上に取り組んでいます。
平成27年度(2015年度)の国勢調査によると、愛媛県では女性の労働力率やで共働き世帯数が増加傾向にあります。
特に共働き世帯の増加は顕著で、調査では夫婦のいる世帯46.8%が共働きであることがわかっています。
この背景には、女性の社会進出が盛んになってきた現在の社会動向や、男性の就労条件の悪化などが挙げられます。
愛媛県では、こうした共働き世帯をはじめとして、県民の仕事と育児を支援するべくより働きやすい環境づくりに専念しています。

保険コラム「生命保険料控除ってなに?」

生命保険の保険料支払いに応じて、一定の額がその年の契約者の所得から控除されます。
これを生命保険料控除といい、所得税と住民税が軽減されます。
「一般生命保険料控除」と個人年金保険を対象とした「個人年金保険料控除」に加え、平成24年度(2012年度)1月以降の契約については医療保険や介護保険、すなわち生存時に支払われる保険に適用される「介護医療保険料控除」が新設されました。
この3つの区分ごとに控除額が計算されます。
この変更に伴い、所得税の所得控除額が最大5万円から4万円に、住民税が3万5000円から2万8000円に減額されました。
一見、控除額が減ったように見えますが、新たに介護保険料控除が新設されましたので、それぞれの種類に契約があれば、人によってはこれまで10万円だった上限が12万円に引き上げられることになります。(※ただし、住民税の所得控除は所得税とは異なり、7万円で据え置き)
生命保険と税制の関係をよく理解することはお金の見方を鍛える、家計をうまく運用することにもつながります。
加入している保険が控除対象か申告の時期等を把握し、保険設計を行っていきましょう。

  • 2019年10月9日更新

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

愛媛県のお役立ち情報

  • 愛媛県の概要

    瀬戸内海に面した四国地方北西部に位置する愛媛県は、山林をはじめとした緑豊かな自然と海産物に恵まれ、年間を通して海山の恩恵を受けられる土地です。
    また、多くの島や半島を県内域に有する反面、高原地帯や盆地を構え、県内に種類豊富な地形が存在しています。
    豊かな自然を活かし、瀬戸内海国立公園をはじめとした多くの国立自然公園を持つことでも知られており、県内全域で大自然を身近に感じることができるのが愛媛県の魅力の1つです。
    2015年度(平成27年度)の愛媛県の人口は約139万人で、四国地方で最も多い人口を有しています。
    総人口における年齢別の割合では、65歳~69歳が最も多く約12万人、次いで60歳~64歳が約10万人となっており、60歳代の割合が多くなっています。

    人口の出典:「平成27年度(2015年度)国勢調査」
    「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)
    「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」

  • 愛媛県の特徴

    『愛のくに 愛顔(えがお)あふれる愛媛県』をスローガンに掲げる愛媛県は、県木にまつの木が制定されており(1966年9月9日制定)、主に「あかまつ」「くろまつ」「ごようまつ」を指して用いられます。
    瀬戸内海沿岸に自生する松の木の数々は、白浜青松の景観維持に貢献しており、古くから県民に愛される愛媛の景観として有名です。
    県花には、愛媛県の名産物であるみかんの花が制定されており、純白で清楚なみかんの花が県民性を象徴するに相応しいとして、1952年5月5日に制定されました。
    県内全域で特産品として知られている愛媛のみかんは、県のイメージアップキャラクター(ゆるキャラ)「みきゃん」のモチーフや県旗にも用いられています。
    このほか、県鳥にコマドリ、県魚にマダイが制定されており、県の獣並びに国指定の特別天然記念物として、ニッポンカワウソが指定されています(1964年5月10日制定)。
    歴史的建造物が多く立ち並ぶ県内では、松山城や宇和島城など多くの文化遺産や観光スポットが存在します。
    それらの背景に由来するかつての街並みや伝統工芸、郷土料理は現在でも祭りや行事として継承され、主に歴史的偉人や伝統、文化にちなんだイベントが1年を通して無数に開催されています。

  • 愛媛県の健康・医療

    愛媛県民のおもな死因は、第1位が悪性新生物(ガン)です。
    平成29年度(2017年度)時点の調査によると、4621人が悪性新生物(がん)により亡くなっています。
    続く第2位は、心疾患により3192人、第3位は老衰により1645人が亡くなっています。 愛媛県に限らず、悪性新生物(がん)は全国的な統計でも死因のトップであり、その状況は長年変わっていません。
    愛媛県内にある病院数は141院、一般診療所数は1041院です。
    愛媛県内で国立病院機構に所属する病院は、四国がんセンター(松山市)と愛媛医療センター(東温市)の2院です。
    2018年時点の調査において、人口10万人あたりの病院数は10.18院と、全国平均の6.52院を大幅に上回っています。
    また、愛媛県内の一般診療所数は人口10万人に対して75.15院で、ここでも全国平均の68.14院を上回る診療所数です。
    一方、歯科診療所においては人口10万人に対して48.73院とやや少なく、全国平均53.69院を下回る結果となっています。
    愛媛県では病院や一般診療所数は全国平均よりも多い傾向にあるものの、先述の歯科診療所など、一部診療所数が不足している診療科目もあります。
    また、愛媛県内でも地域によって医療体制には差があるため、自分が住んでいる地域の医療事情を日常的に確認しておくことが大切です。

    死因の出典:
    平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況「第10表 主な死因の死亡数・死亡率(人口10万対),都道府県(21大都市再掲)別」(厚生労働省)
    病院・病床数の出典:「地域医療情報システム」(日本医師会)愛媛県ページ
    ※2018年11月現在の地域内医療機関情報の集計値

  • 愛媛県の暮らし・家計

    愛媛県民の平均賃金年収は約256万2000円で、全国の平均賃金約306万2000円を大きく下回っています。
    愛媛県の平均賃金は、四国地方4県の中でも最も低く、県全体で賃金向上に取り組んでいます。
    平成27年度(2015年度)の国勢調査によると、愛媛県では女性の労働力率やで共働き世帯数が増加傾向にあります。
    特に共働き世帯の増加は顕著で、調査では夫婦のいる世帯46.8%が共働きであることがわかっています。
    この背景には、女性の社会進出が盛んになってきた現在の社会動向や、男性の就労条件の悪化などが挙げられます。
    愛媛県では、こうした共働き世帯をはじめとして、県民の仕事と育児を支援するべくより働きやすい環境づくりに専念しています。

    平均賃金の出典:
    「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査 結果の概況」結果の概要 都道府県別賃金(厚生労働省)
    共働き世帯の出典:
    「平成27年度(2015年度)国勢調査 就業状態等基本集計結果の概要」(愛媛県)※厚生労働省の国勢調査結果を愛媛県庁でまとめた内容

  • 保険コラム「生命保険料控除ってなに?」

    生命保険の保険料支払いに応じて、一定の額がその年の契約者の所得から控除されます。
    これを生命保険料控除といい、所得税と住民税が軽減されます。
    「一般生命保険料控除」と個人年金保険を対象とした「個人年金保険料控除」に加え、平成24年度(2012年度)1月以降の契約については医療保険や介護保険、すなわち生存時に支払われる保険に適用される「介護医療保険料控除」が新設されました。
    この3つの区分ごとに控除額が計算されます。
    この変更に伴い、所得税の所得控除額が最大5万円から4万円に、住民税が3万5000円から2万8000円に減額されました。
    一見、控除額が減ったように見えますが、新たに介護保険料控除が新設されましたので、それぞれの種類に契約があれば、人によってはこれまで10万円だった上限が12万円に引き上げられることになります。(※ただし、住民税の所得控除は所得税とは異なり、7万円で据え置き)
    生命保険と税制の関係をよく理解することはお金の見方を鍛える、家計をうまく運用することにもつながります。
    加入している保険が控除対象か申告の時期等を把握し、保険設計を行っていきましょう。

    出典:
    「生命保険料控除」(国税庁)

    2019年10月9日更新