「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:405名(2017/08/21 現在)

愛媛県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

愛媛県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

愛媛県

8件中 1件~ 8 件表示

コア・ライフプランニング株式会社
西尾 拓人 (ニシオ タクト)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 西尾 拓人
できるだけわかりやすく、かつ皆さまがご納得されるようなプランつくりをを一緒にすすめていきたいと思います。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岡山県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

コア・ライフプランニング株式会社
竹内 貴美夫 (タケウチ キミオ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 竹内 貴美夫
長くお付き合いいただけるFPを基本とし、それぞれのお客様に合った、最適な方法でバランスのよい、資産運用・保険設計・家計見直しなどを提案することをモットーとしております。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 対応エリア
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:愛媛県:新居浜市・西条市・四国中央市以外は不可 高知県:須崎市・四万十市・土佐清水市・宿毛市・室戸市・高岡・幡多郡不可

あんしんFPパートナー株式会社
奥田 隆一 (オクダ リュウイチ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 奥田 隆一
クイックレスポンス
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 愛媛県

あんしんFPパートナー株式会社
一色 光夫 (イッシキ ミツオ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 一色 光夫
わかりやすく、親切に
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岡山県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:岡山県北部・高知県西部・東部エリア

あんしんFPパートナー株式会社
中矢 吉男 (ナカヤ ヨシオ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 中矢 吉男
わかりやすいコンサルティング
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 愛媛県

コア・ライフプランニング株式会社
青木 由加里 (アオキ ユカリ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 青木 由加里
お客様の立場になって一生懸命コンサルタントいたします。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 岡山県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:愛媛県宇和島市、伊予市、大州市、八幡市、愛媛県松山市、愛媛県東温市、愛媛県今治市、愛媛県四予市、高知県四万十市

あんしんFPパートナー株式会社
西田 淳二 (ニシダ ジュンジ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 西田 淳二
「ずっと安心!」をモットーに、末永くお客様とお付き合いさせていただきます。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

あんしんFPパートナー株式会社
佐山 正和 (サヤマ マサカズ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 佐山 正和
難しいと思っている保険を、より簡単な言葉でわかりやすく。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

8件中 1件~ 8 件表示

愛媛県のお役立ち情報

愛媛県の概要

瀬戸内海に面した四国地方北西部に位置する愛媛県は、山林をはじめとした緑豊かな自然と海産物に恵まれ、年間を通して海山の恩恵を受けられる土地です。また、多くの島や半島を県内域に有する反面、高原地帯や盆地を構え、県内に種類豊富な地形が存在しています。それらの豊かな自然を活かし、瀬戸内海国立公園をはじめとした多くの国立自然公園を持つことでも知られており、県内全域で大自然を身近に感じることができるのが愛媛県の魅力の1つです。2016年7月1日時点における統計では、総人口1,377,298人のうち、男性650,567人、女性726,731人が愛媛県に在住しています。国税調査による2016年度の全国都道府県人口から、愛媛県は現在四国で最も多い人口であることがわかります。また、2016年度4月以降、転入者数が転出者数を上回り、今後も人口の増加が期待されています。総人口における年齢別の割合では、50歳~54歳人口が125,050人と最も多く、次いで45歳~49歳人口が107,482人、55歳~59歳が98,894人、25歳~29歳が98,351人の統計が出ています。1世帯あたりの人口比は2,32人、1㎢圏内の人口密度は242,65人と統計が出ており、これは四国地方ではトップの人口密度の香川県に次ぐ第2位の人口密度です。

愛媛県の特徴

『愛のくに 愛顔(えがお)あふれる愛媛県』をスローガンに掲げる愛媛県は、県木に松の木が制定されており(1966年9月9日制定)、主に「あかまつ」「くろまつ」「ごようまつ」を指して用いられます。瀬戸内海沿岸に自生する松の木の数々は、白浜青松の景観維持に貢献しており、古くから県民に愛される愛媛の景観として有名です。県花には、愛媛県の名産物であるみかんの花が制定されており、純白で清楚なみかんの花が県民性を象徴するに相応しいとして、1952年5月5日に制定されました。県内全域で特産品として知られている愛媛のみかんは、本県のイメージアップキャラクター(ゆるキャラ)「みきゃん」のモチーフや県旗にも用いられています。このほか、県鳥にコマドリ、県魚にマダイが制定されており、県の獣並びに国指定の特別天然記念物として、ニッポンカワウソが指定されています(1964年5月10日制定)。歴史的建造物が多く立ち並ぶ県内では、松山城や宇和島城など多くの文化遺産や観光スポットが存在します。それらの背景に由来するかつての街並みや伝統工芸、郷土料理は現在でも祭りや行事として継承され、主に歴史的偉人や伝統、文化にちなんだイベントが1年を通して無数に開催されています。

愛媛県の健康・医療

愛媛県庁ホームページに記載されている2014年度時点の主要な疾患には、第1位悪性新生物(ガン)が挙げられ、4,526人(男性2,652人、女性1,874人)が上記疾患により亡くなっています。続く第2位では、心疾患により3,331人(男性1,507人、女性1,824人)、第3位では肺炎により1,565人(男性790人、女性775人)が亡くなっています。最も患者数の多い悪性新生物の発生部位では、「気管や気管支・肺」「胃」「大腸」「肝・肝内・胆管」「膵」の順に多く、心疾患においては主に「心不全」「心筋梗塞」が疾患の大部分を占める統計となっています。公的な医療施設には、各種病院や診療所、老人保健施設が挙げられます。県内に設立されている病院数は平成24年度時点の調査において、人口100,000人に対して10.1院と、全国平均6.7院を大幅に上回っています。また、一般診療所数は人口100,000人に対して88.4院で、ここでも全国平均78.5院を上回る診療所数となっています。一方、歯科診療所においては人口100,000人に対して48.8院とやや少なく、これは全国平均53.7院を下回る結果となっています。介護老人保健施設においては、施設数、入所定員数ともに前年度から減少している傾向があります。

愛媛県の暮らし・家計

愛媛県では、人口が最も集中している松山市の二人以上の世帯を対象に、収入・消費支出の統計を出しています。2015年度における松山市の二人以上の平均世帯収入は、1世帯1ヵ月平均490,830円で、前年度の統計と比較すると約15%の増加が見られます。この平均収入のうち、消費支出は268,439円で、こちらも前年度の統計と比較すると約3.3%の増加が見られます。愛媛県の共働き率に焦点を当てて見てみると、約20年ほど前から片働き世帯(専業主婦世帯)数を抜いて、共働き世帯が増加傾向にあることが分かります。この背景には、女性の社会進出が盛んになってきた現在の社会動向や男性の就労条件の悪化などが挙げられます。県庁ホームページに掲載されている「共働き等世帯数の推移」のグラフでは1980年~2013年に至るまで共働き世帯数がほぼ右肩上がりで増加を続け、全体1,200万世帯のうち1,065世帯が共働き世帯だということが読み取れます。これらの共働き世帯の主婦のうち6割は、第1子の出産とともに退職を経て、子育ての目途が立つと再就職をする流れが基本となっています。愛媛県では、こうした共働き世帯をはじめとして、県民の仕事と育児を支援するべくより働きやすい環境づくりに専念しています。

保険コラム「生命保険料控除ってなに?」

生命保険の保険料支払いに応じて一定の額がその年の契約者の所得から控除されます。これを生命保険料控除といい、所得税と住民税が軽減されます。「一般生命保険料控除」と個人年金保険を対象とした「個人年金保険料控除」に加え、平成24年度1月以降の契約については医療保険や介護関係の保険、すなわち生存時に支払われる保険に適用される「介護医療保険料控除」が新設されました。この3つの区分ごとに控除額が計算されます。この変更に伴い、所得税の所得からの控除額が最大5万円から4万円に、住民税が3万5000円から2万8000円に減額されました。一見、控除金額が減ったように見えますが、新たに介護保険料控除が新設されましたので、それぞれの種類に契約があれば、人によってはこれまで10万円だった上限が12万円に引き上げられることになります。(※ただし、住民税の所得控除は所得税とは異なり、7万円で据え置き)生命保険と税制の関係をよく理解することはお金の見方を鍛える、家計をうまく運用することにもつながります。加入している保険が控除対象か申告の時期等を把握し、保険設計を行っていきましょう。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ