{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

山口県のお役立ち情報

山口県の概要

本州最西端の中国地方に位置する山口県は、同じ中国地方の島根県、広島県と隣接し、県域西は玄界灘、南は瀬戸内海、北は日本海と三方を海に囲まれています。 県内全域で豊富な海の幸に恵まれる一方、県中央部には山間部を有し、山の幸も同時に楽しむことができます。
2015年度の国勢調査時点における山口県の総人口は、約140万5000人です。そのうち男性は約66万5000人、女性は約74万人と、女性人口がやや多い傾向にあります。 県民のうち、65歳以上の高齢者の比率は32.1%、15歳未満の子どもの割合は12.2%で、他の都道府県と同様、少子高齢化が進んでいます。
総人口に対して広い県土面積を誇る山口県は、人口密度の過密が見られず県民がのびのびと生活できることから、おおらかでゆったりとした県民性を持っているといわれています。

山口県の特徴

山口県の特徴 “住み良さ日本一の元気県づくり”のスローガンを掲げる山口県は、「山」と「口」の漢字をモチーフにしたシンボルマークを持ちます。このマークには、県民の一致団結と飛躍を太陽に向かって羽ばたく鳥に託すといった意味が込められ、1962年に制定されました。
また、山口県長門市が夏みかんの原産地であることから、県花には「夏みかんの花」が制定され、周南市八代に国内で唯一「ナベヅル」が渡来することから、県鳥には「ナベヅル」が制定されています。
山口県の特産品として知られる「フグ」は県魚にも制定されており、とらふぐの水揚げ量は全国の8割を占めています。 県内では、「フグ」を「福」とかけて「フク」と表記する場合が多く、県内では多くの飲食店でフグ料理を味わうことができます。
また、フグのイメージが強い山口県ですが、「あまだい」や「はも」、「あんこう」などの高級魚の水揚げ量においても国内上位を誇っています。 加工品部門での特産品には、室町時代から伝わる伝統甘味の「外郎(ういろう)」や、和菓子の「おもだか」があります。
人気の観光スポットとしては、美祢市の「秋吉台(あきよしだい)・秋芳洞(あきよしどう)」や下関市の「角島(つのしま)」が有名で、いずれも大自然の美を余すことなく堪能できる山口県の人気の景勝地です。 近世においては、山口県の前身である長州藩が、明治維新の立役者として大きな役割を果たしたことも有名です。 松下村塾・大板山たたら製鉄遺跡・恵美須ヶ鼻造船所跡など、当時をしのばす名所が「明治日本の産業革命遺産」として2015年に世界文化遺産に登録されました。

山口県の健康・医療

2018年度の調査によると、山口県の三大疾病による死亡数は、9600人でした。
最も死亡数が多い疾患第1位は「悪性新生物(ガン)」、第2位は「心疾患」、第3位は「脳血管疾患」です。 このほか、先述したとおり糖尿病による死亡者数も多いため、三大疾病とあわせて生活習慣病の予防と改善が、県全体の大きな課題です。
2018年11月度時点の山口県内の医療施設は、一般診療所1051院、病院が145院、一般歯科診療所が665院となっています。 人口10万人あたりの病院や一般診療所数、病院病床数は全国平均以上にあり、医療施設数は比較的充実しているといえます。

山口県の暮らし・家計

山口県では、育児をしている女性が働く割合が増えています。 2017年の就業構造基本調査によれば、5年前の調査時と比べて、育児をしている女性の有業率は51.2%から65.1%に上昇していました。
この数値からも分かるように、県内では共働き世帯が多いことが伺えます。 山口県では、こうした共働き世帯の増加に応じて「やまぐちイクメン応援企業宣言制度」「やまぐち子育て応援企業宣言制度」という独自制度を立ち上げました。 ともに、男性も女性も、子育てしながら働きやすい環境作りに取り組む企業を応援する制度です。 当制度で子育て応援宣言やイクメン応援宣言をした企業は、山口県の公式ホームページ内で、「やまぐち子育て応援企業」として登録されます。
▼やまぐち子育て応援企業一覧▼
これらの制度を立ち上げた目的としては、「女性の育児と就労の負担軽減」や「男性の育児参加率の増加」などがあり、目的を達成するための雇用環境づくりが各企業で行われています。 この活動は、2014年8月24日に設立された「やまぐち子育て連盟」を中心に行われており、現在では県外の事業者も該当事務所への届け出を提出することで「やまぐち子育て応援企業」と名乗ることができます。
また、県民が安心して子育てを行えるよう、山口県では「やまぐち子育て県民運動」を通じて、子育て世帯を対象とした多くのイベント・祭事を行っています。 山口県庁ホームページからは、子育てについての情報を発信する「やまぐち子育てゆびとまネット」へのリンクアドレスを公開しています。
▼やまぐち子育てゆびとまネット▼

保険コラム 「保険金の請求方法」

ご加入中の生命保険の保険金を請求する場合、まずは加入中の保険会社に問い合わせをする必要があります。 問い合わせ後、請求時に必要な書類が届きますので、請求書や診断書など指定の書類を準備し、保険会社へ返送すれば手続きは完了となります。
最近では請求書類の画像を添付し、給付金の請求手続きがオンライン完結でできる保険会社も登場しています。
給付金請求で注意すべきは、保険会社によって支払事由や支払条件が異なるという点です。加入した保険の内容をきちんと認識していない場合、請求したが給付金が下りなかったといったケースが起こりえます。
例としては、「前立腺がんと糖尿病を患い、がん保険の保険金を請求しようとしたが、実は加入中の保険会社では糖尿病のインスリン治療を目的とした入院は支払対象外であった」といった内容です。 加入中の保険の支払事由や支払条件について、このような事態がないように契約内容をあらかじめ確認しておくことが大切です。
生命保険金は早めに請求手続きすれば、手続きはよりスムーズになります。 書類の不備や保険金支払いに関して事実確認があった場合には手続きが遅れる可能性がありますので、いざという際に慌てないよう生命保険金請求の必要書類と連絡先をまとめる、請求時の注意点をまとめるなどの整理を行っておきましょう。

  • (2020年1月16日更新)

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

山口県のお役立ち情報

  • 山口県の概要

    本州最西端の中国地方に位置する山口県は、同じ中国地方の島根県、広島県と隣接し、県域西は玄界灘、南は瀬戸内海、北は日本海と三方を海に囲まれています。 県内全域で豊富な海の幸に恵まれる一方、県中央部には山間部を有し、山の幸も同時に楽しむことができます。
    2015年度の国勢調査時点における山口県の総人口は、約140万5000人です。そのうち男性は約66万5000人、女性は約74万人と、女性人口がやや多い傾向にあります。 県民のうち、65歳以上の高齢者の比率は32.1%、15歳未満の子どもの割合は12.2%で、他の都道府県と同様、少子高齢化が進んでいます。
    総人口に対して広い県土面積を誇る山口県は、人口密度の過密が見られず県民がのびのびと生活できることから、おおらかでゆったりとした県民性を持っているといわれています。

    人口の出典:「2015年度国勢調査」「人口等基本集計結果 結果の概要第2部」(総務省統計局)

  • 山口県の特徴

    山口県の特徴 “住み良さ日本一の元気県づくり”のスローガンを掲げる山口県は、「山」と「口」の漢字をモチーフにしたシンボルマークを持ちます。このマークには、県民の一致団結と飛躍を太陽に向かって羽ばたく鳥に託すといった意味が込められ、1962年に制定されました。
    また、山口県長門市が夏みかんの原産地であることから、県花には「夏みかんの花」が制定され、周南市八代に国内で唯一「ナベヅル」が渡来することから、県鳥には「ナベヅル」が制定されています。
    山口県の特産品として知られる「フグ」は県魚にも制定されており、とらふぐの水揚げ量は全国の8割を占めています。 県内では、「フグ」を「福」とかけて「フク」と表記する場合が多く、県内では多くの飲食店でフグ料理を味わうことができます。
    また、フグのイメージが強い山口県ですが、「あまだい」や「はも」、「あんこう」などの高級魚の水揚げ量においても国内上位を誇っています。 加工品部門での特産品には、室町時代から伝わる伝統甘味の「外郎(ういろう)」や、和菓子の「おもだか」があります。
    人気の観光スポットとしては、美祢市の「秋吉台(あきよしだい)・秋芳洞(あきよしどう)」や下関市の「角島(つのしま)」が有名で、いずれも大自然の美を余すことなく堪能できる山口県の人気の景勝地です。 近世においては、山口県の前身である長州藩が、明治維新の立役者として大きな役割を果たしたことも有名です。 松下村塾・大板山たたら製鉄遺跡・恵美須ヶ鼻造船所跡など、当時をしのばす名所が「明治日本の産業革命遺産」として2015年に世界文化遺産に登録されました。

  • 山口県の健康・医療

    2018年度の調査によると、山口県の三大疾病による死亡数は、9600人でした。
    最も死亡数が多い疾患第1位は「悪性新生物(ガン)」、第2位は「心疾患」、第3位は「脳血管疾患」です。 このほか、先述したとおり糖尿病による死亡者数も多いため、三大疾病とあわせて生活習慣病の予防と改善が、県全体の大きな課題です。
    2018年11月度時点の山口県内の医療施設は、一般診療所1051院、病院が145院、一般歯科診療所が665院となっています。 人口10万人あたりの病院や一般診療所数、病院病床数は全国平均以上にあり、医療施設数は比較的充実しているといえます。

    死因疾患の出典: 「山口県主要基礎データ」の「健康・医療」より(山口県健康福祉部)
    医療施設の出典: 地域医療情報システム「山口県」(日本医師会)
    ※2018年11月時点の地域内医療機関情報の集計値に基づく

  • 山口県の暮らし・家計

    山口県では、育児をしている女性が働く割合が増えています。 2017年の就業構造基本調査によれば、5年前の調査時と比べて、育児をしている女性の有業率は51.2%から65.1%に上昇していました。
    この数値からも分かるように、県内では共働き世帯が多いことが伺えます。 山口県では、こうした共働き世帯の増加に応じて「やまぐちイクメン応援企業宣言制度」「やまぐち子育て応援企業宣言制度」という独自制度を立ち上げました。 ともに、男性も女性も、子育てしながら働きやすい環境作りに取り組む企業を応援する制度です。 当制度で子育て応援宣言やイクメン応援宣言をした企業は、山口県の公式ホームページ内で、「やまぐち子育て応援企業」として登録されます。
    ▼やまぐち子育て応援企業一覧▼
    これらの制度を立ち上げた目的としては、「女性の育児と就労の負担軽減」や「男性の育児参加率の増加」などがあり、目的を達成するための雇用環境づくりが各企業で行われています。 この活動は、2014年8月24日に設立された「やまぐち子育て連盟」を中心に行われており、現在では県外の事業者も該当事務所への届け出を提出することで「やまぐち子育て応援企業」と名乗ることができます。
    また、県民が安心して子育てを行えるよう、山口県では「やまぐち子育て県民運動」を通じて、子育て世帯を対象とした多くのイベント・祭事を行っています。 山口県庁ホームページからは、子育てについての情報を発信する「やまぐち子育てゆびとまネット」へのリンクアドレスを公開しています。
    ▼やまぐち子育てゆびとまネット▼

    有業率の出典: 「統計やまぐち-87働く女性が増えています-」(山口県)
    ※総務省の就業構造基本調査を山口県でまとめたもの

  • 保険コラム
    「保険金の請求方法」

    ご加入中の生命保険の保険金を請求する場合、まずは加入中の保険会社に問い合わせをする必要があります。 問い合わせ後、請求時に必要な書類が届きますので、請求書や診断書など指定の書類を準備し、保険会社へ返送すれば手続きは完了となります。
    最近では請求書類の画像を添付し、給付金の請求手続きがオンライン完結でできる保険会社も登場しています。
    給付金請求で注意すべきは、保険会社によって支払事由や支払条件が異なるという点です。加入した保険の内容をきちんと認識していない場合、請求したが給付金が下りなかったといったケースが起こりえます。
    例としては、「前立腺がんと糖尿病を患い、がん保険の保険金を請求しようとしたが、実は加入中の保険会社では糖尿病のインスリン治療を目的とした入院は支払対象外であった」といった内容です。 加入中の保険の支払事由や支払条件について、このような事態がないように契約内容をあらかじめ確認しておくことが大切です。
    生命保険金は早めに請求手続きすれば、手続きはよりスムーズになります。 書類の不備や保険金支払いに関して事実確認があった場合には手続きが遅れる可能性がありますので、いざという際に慌てないよう生命保険金請求の必要書類と連絡先をまとめる、請求時の注意点をまとめるなどの整理を行っておきましょう。
    (2020年1月16日更新)