{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

福島県のお役立ち情報

福島県の概要

福島県は東北地方南部の県です。
福島県の県庁所在地は福島市で、太平洋に面しています。
福島県の面積は北海道と岩手県に次いで、全国で3番目の広さを誇ります。
JR東北新幹線は首都圏と直結しており、東京まで約90分で到着し、飛行機では大阪・京都・神戸や札幌へも短時間で移動することができます。
福島県の総人口は約191万人です。
越後山脈と奥羽山脈に挟まれた日本海側内陸の会津と、奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれた太平洋側内陸の中通り、阿武隈高地と太平洋に挟まれた浜通りの3つの地域に分かれます。
福島県の主要都市はそれぞれが多様な分野で特化した地域になっています。
福島市は行政機能が集中しつつ全国有数の果樹園地帯があり、郡山市は商業・工業地帯として有名です。
いわき市は巨大な沿岸工業に特化しています。
また、会津若松市は史跡が多く観光都市としても有名で、白河市も歴史的な史跡が多く見られます。
福島県の木はケヤキ、県の花はネモトシャクナゲです。
福島県は東西に広く、海岸や山地があることから標高差もあり、同県内でも東西で気候差が激しいのが特徴です。
浜通りは、夏は涼しく冬は穏やかな太平洋側の気候ですが、会津は日本海側気候のため、積雪が多い地域です。
中通り地方は内陸性と太平洋気候が混じった地域で、北に行くほど標高が低くなるので、夏や秋は温暖になる地域です。

福島県の特徴

福島県北部から西部にかけての山岳地帯は、日本有数の豪雪地帯として有名です。
日本海にそそぐ阿賀川には多くの大型水力発電所が設置され、日本の代表的な発電地帯となっています。
阿賀川流域には磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園など数多くの国立公園、山岳公園があり、吾妻山・安達太良山・磐梯山といった活火山や、磐梯高原(ばんだいこうげん)・会津高原(あいづこうげん)・尾瀬(おぜ)といった観光地も豊富にあります。
福島県は群馬県と隣接しているので、会津沼田街道がありますが、中間の尾瀬の環境保護のために自動車道の建設が中止されたという経緯があります。
そのため、福島県と群馬県の県境は車両で直接行き来ができない状態です。
第一次産業としては米(水稲)、もも、日本なしなどの農林水産物があります。
二次産業は東京都首都圏に隣接しているため、首都圏の維持費がかかる地域より県内に進出する企業が多く、製造品出荷額は東北随一です。
いわき市や郡山市を中心に電子機器関連工場が多く、半導体・電子部品・プリント基板・電子機器・化学製品・自動車エンジン製造などが見られます。
福島県の著名なお祭りには信夫三山暁まいりや会津まつり「会津藩公行列」 、二本松の提灯祭りなどがあります。

福島県の健康・医療

福島県は福島県地域医療再生計画・医療復興計画を策定し、地域医療の課題解決を目指しています。
特に2011年の東日本大震災からの復旧・復興と地域医療の課題解決のため、2011年11月に福島県地域医療再生計画を策定しました。
これは医療の復興に取り組み、状況の変化を鑑みて対応するとともに復興を加速させるためです。
また、福島県では医療安全支援センター(医療相談センター)が設置され(通常は保健所に設置されますが福島県では「医療相談センター」がその役割を担っています)、中立の立場で相談業務を行っています。
医療相談センターは、患者さんや住民、医療提携施設との信頼関係の構築を支援する目的があります。
地域において既に運営されている相談窓口等と連携して、関係する医療関係機関、団体と協力して運営する体制が構築されています。
また、福島県では県民健康調査として基本調査(外部被ばく線量の推計)の他、ホールボディ・カウンター(WBC)による内部被ばく検査(全身の内部被ばく線量を測定)などを実施しており県民および被災された方への健康支援をしています。

福島県の暮らし・家計

福島県民の平均賃金は、約268万4000円です。
夫婦共に働いている割合は、夫婦のいる世帯で50.6%を占めており、女性の労働力率は49.5%です。
福島県では、ここ数十年の間に共働き率や女性の就業率はじわじわと上昇しており、女性も男性も働きやすい環境作りが求められています。
また、福島県では子どもの健康を守り、県内で安心して子どもを生み育てやすい環境を構築するために、18歳以下の県民の医療費を無料化する医療費の助成制度があります。
この医療費助成制度は2012年度から実施され、県内に住所がある18歳未満の子どもが受けられるようになっています。
本来負担するべき2割の医療費負担分は、県及び市区町村が代わって支払う仕組みです。 また、福島県内の保育所では保育所等給食体制整備事業として、給食を安心して食べてもらえるように給食商材の検査体制が整っています。
家庭訪問型の子育て支援「ホームスタート」というボランティア活動では、週に1・2度、子育ての悩みを聞いたり、一緒に育児・家事の支援をしてくれたりするボランティアが家庭を訪問しています。
東日本大震災のあとの各家庭の暮らしの復興にむけて、福島県全体でさまざまな取り組みをしています。

保険コラム 「医療保険の通院特約について」

医療保険の特約には、病気やケガで入院や手術した時の保障の充実を目的に、もとになる主契約に付加して、保障内容を手厚くする役割があります。
保険の特約は、単独で契約することはできません。
一部には他の特約とあわせて契約しなければならないなど制約がついた特約も存在します。
一般に医療保険やがん保険に付加できる通院特約とは、病気・ケガの治療を目的とする入院後の通院時に1日いくらといった形で支払われます。
治療処置を伴わない薬の受け取りのみの通院は支払対象外であったり、保障の対象が退院翌日から何日以内の通院のみであったりするため、「通院したら給付金がもらえる」と思いこまないように注意が必要です。
がんの治療に関しては、特に通院特約の必要性が高まっています。
以前は長期入院が中心だったがん治療ですが、現在入院は短期化し、前後の治療を通院で行う傾向になっていることが影響しています。
保障を充実させるだけではなく、保険金等の支払い方法の選択に関する特約もあり、特約の内容は商品によって多様化しています。
契約時はもちろんのこと、既契約の見直しの際などにはニーズに合った特約を選択できるようにすることが必要です。

  • 2019年10月9日更新

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

福島県のお役立ち情報

  • 福島県の概要

    福島県は東北地方南部の県です。
    福島県の県庁所在地は福島市で、太平洋に面しています。
    福島県の面積は北海道と岩手県に次いで、全国で3番目の広さを誇ります。
    JR東北新幹線は首都圏と直結しており、東京まで約90分で到着し、飛行機では大阪・京都・神戸や札幌へも短時間で移動することができます。
    福島県の総人口は約191万人です。
    越後山脈と奥羽山脈に挟まれた日本海側内陸の会津と、奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれた太平洋側内陸の中通り、阿武隈高地と太平洋に挟まれた浜通りの3つの地域に分かれます。
    福島県の主要都市はそれぞれが多様な分野で特化した地域になっています。
    福島市は行政機能が集中しつつ全国有数の果樹園地帯があり、郡山市は商業・工業地帯として有名です。
    いわき市は巨大な沿岸工業に特化しています。
    また、会津若松市は史跡が多く観光都市としても有名で、白河市も歴史的な史跡が多く見られます。
    福島県の木はケヤキ、県の花はネモトシャクナゲです。
    福島県は東西に広く、海岸や山地があることから標高差もあり、同県内でも東西で気候差が激しいのが特徴です。
    浜通りは、夏は涼しく冬は穏やかな太平洋側の気候ですが、会津は日本海側気候のため、積雪が多い地域です。
    中通り地方は内陸性と太平洋気候が混じった地域で、北に行くほど標高が低くなるので、夏や秋は温暖になる地域です。

    人口の出典:
    「平成27年度(2015年度)国勢調査」「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)

  • 福島県の特徴

    福島県北部から西部にかけての山岳地帯は、日本有数の豪雪地帯として有名です。
    日本海にそそぐ阿賀川には多くの大型水力発電所が設置され、日本の代表的な発電地帯となっています。
    阿賀川流域には磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園など数多くの国立公園、山岳公園があり、吾妻山・安達太良山・磐梯山といった活火山や、磐梯高原(ばんだいこうげん)・会津高原(あいづこうげん)・尾瀬(おぜ)といった観光地も豊富にあります。
    福島県は群馬県と隣接しているので、会津沼田街道がありますが、中間の尾瀬の環境保護のために自動車道の建設が中止されたという経緯があります。
    そのため、福島県と群馬県の県境は車両で直接行き来ができない状態です。
    第一次産業としては米(水稲)、もも、日本なしなどの農林水産物があります。
    二次産業は東京都首都圏に隣接しているため、首都圏の維持費がかかる地域より県内に進出する企業が多く、製造品出荷額は東北随一です。
    いわき市や郡山市を中心に電子機器関連工場が多く、半導体・電子部品・プリント基板・電子機器・化学製品・自動車エンジン製造などが見られます。
    福島県の著名なお祭りには信夫三山暁まいりや会津まつり「会津藩公行列」 、二本松の提灯祭りなどがあります。

  • 福島県の健康・医療

    福島県は福島県地域医療再生計画・医療復興計画を策定し、地域医療の課題解決を目指しています。
    特に2011年の東日本大震災からの復旧・復興と地域医療の課題解決のため、2011年11月に福島県地域医療再生計画を策定しました。
    これは医療の復興に取り組み、状況の変化を鑑みて対応するとともに復興を加速させるためです。
    また、福島県では医療安全支援センター(医療相談センター)が設置され(通常は保健所に設置されますが福島県では「医療相談センター」がその役割を担っています)、中立の立場で相談業務を行っています。
    医療相談センターは、患者さんや住民、医療提携施設との信頼関係の構築を支援する目的があります。
    地域において既に運営されている相談窓口等と連携して、関係する医療関係機関、団体と協力して運営する体制が構築されています。
    また、福島県では県民健康調査として基本調査(外部被ばく線量の推計)の他、ホールボディ・カウンター(WBC)による内部被ばく検査(全身の内部被ばく線量を測定)などを実施しており県民および被災された方への健康支援をしています。

  • 福島県の暮らし・家計

    福島県民の平均賃金は、約268万4000円です。
    夫婦共に働いている割合は、夫婦のいる世帯で50.6%を占めており、女性の労働力率は49.5%です。
    福島県では、ここ数十年の間に共働き率や女性の就業率はじわじわと上昇しており、女性も男性も働きやすい環境作りが求められています。
    また、福島県では子どもの健康を守り、県内で安心して子どもを生み育てやすい環境を構築するために、18歳以下の県民の医療費を無料化する医療費の助成制度があります。
    この医療費助成制度は2012年度から実施され、県内に住所がある18歳未満の子どもが受けられるようになっています。
    本来負担するべき2割の医療費負担分は、県及び市区町村が代わって支払う仕組みです。 また、福島県内の保育所では保育所等給食体制整備事業として、給食を安心して食べてもらえるように給食商材の検査体制が整っています。
    家庭訪問型の子育て支援「ホームスタート」というボランティア活動では、週に1・2度、子育ての悩みを聞いたり、一緒に育児・家事の支援をしてくれたりするボランティアが家庭を訪問しています。
    東日本大震災のあとの各家庭の暮らしの復興にむけて、福島県全体でさまざまな取り組みをしています。

    平均賃金の出典:
    「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査 結果の概況」結果の概要 都道府県別賃金(厚生労働省)
    共働き世帯、労働力率の出典:
    「平成27年度(2015年度)国勢調査 就業状態等基本集計結果の概要」(福島県企画調整部統計課)※厚生労働省の国勢調査結果を福島県でまとめた内容

  • 保険コラム 「医療保険の通院特約について」

    医療保険の特約には、病気やケガで入院や手術した時の保障の充実を目的に、もとになる主契約に付加して、保障内容を手厚くする役割があります。
    保険の特約は、単独で契約することはできません。
    一部には他の特約とあわせて契約しなければならないなど制約がついた特約も存在します。
    一般に医療保険やがん保険に付加できる通院特約とは、病気・ケガの治療を目的とする入院後の通院時に1日いくらといった形で支払われます。
    治療処置を伴わない薬の受け取りのみの通院は支払対象外であったり、保障の対象が退院翌日から何日以内の通院のみであったりするため、「通院したら給付金がもらえる」と思いこまないように注意が必要です。
    がんの治療に関しては、特に通院特約の必要性が高まっています。
    以前は長期入院が中心だったがん治療ですが、現在入院は短期化し、前後の治療を通院で行う傾向になっていることが影響しています。
    保障を充実させるだけではなく、保険金等の支払い方法の選択に関する特約もあり、特約の内容は商品によって多様化しています。
    契約時はもちろんのこと、既契約の見直しの際などにはニーズに合った特約を選択できるようにすることが必要です。

    2019年10月9日更新