「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:366名(2017/02/24 現在)

鳥取県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

鳥取県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

鳥取県

1件中 1件~ 1 件表示

あんしんFPパートナー株式会社
中村 巧 (ナカムラ タクミ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 中村 巧
お客様のお話をしっかりお伺いし、潜在的なニーズに気づいていただき、お客様それぞれの状況にあったコンサルティング、保険提案を行うこと
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 鳥取県
  • 岡山県
  • 広島県

1件中 1件~ 1 件表示

鳥取県のお役立ち情報

鳥取県の概要

中国地方北東部の日本海に面する鳥取県は、新鮮な海の幸、山の幸に恵まれた自然豊かな風土の県です。東西約120km、南北約20~50kmにおよぶ県土は、日本海に沿うように細長い形状をしており、鳥取砂丘からなる白浜青松のどこまでも続く海岸線を一望できます。県南部には中国地方最高峰の「大山」がその峰を構え、それに連なるように中国山地が続きます。豊富な山地を有することで県内には3本の河川が流れ、その流域には平野部が広がっています。温暖な気候に恵まれ春~秋にかけては好天日が多く、台風被害が少ないことでも有名ですが、その一方で冬場には積雪が見られるなど、四季折々の自然を体感できます。県土面積は3,057km²と小さく日本でも有数の小規模面積であり、人口は約59万人、市町村数は4市14町1村です。県庁所在地を構える鳥取市は、県内で最も人口分布が多く、2015年10月1日の時点では193,766人(男性94,167人、女性99,599人)です。県内の地域区分では、大きく分けて3つの地区に分別されており、「東部地区」「中部地区」「西武地区」が存在します。このうち、県内唯一の4市は鳥取市が東部地区、米子市、境港市が西武地区、倉吉市が中部地区に分類されています。

鳥取県の特徴

“みんなでつくろう「活力あんしん鳥取県」~心豊かな充実生活をめざして~”をスローガンに掲げる鳥取県は、自由と平和、鳥取県の進展を願って飛ぶ「とり」と平仮名の「と」をモチーフにしたシンボルマークを持ちます。鳥取県の名産品として知られる「二十世紀梨」は、日本国内のみにとどまらず東南アジアやアメリカ、カナダを中心に海外各国へ輸出される高級果物です。鳥取県のイメージとして連想される梨は、県の産業はもちろん県民の生活にも深い関係を持っているため、1954年に「二十世紀梨の花」が県花として制定されました。また、県魚に制定されている「ヒラメ」は、県内沿岸で多く水揚げされている高級魚の一種であり、鳥取県の漁業を長年支え続けています。ヒラメのほか、全国に知られる名産品としては「松葉ガニ」があります。松葉ガニは、鳥取県西部の境漁港で毎年多く水揚げされ、その量は日本一を誇っています。人気の観光スポットとしては、広大な面積と大迫力の景観を持つ「鳥取砂丘(とっとりさきゅう)」や、「米子水鳥公園(よなごみずどりこうえん)」があります。米子水鳥公園は、西日本最大の白鳥の飛来地として有名で、毎年無数の白鳥が冬越えのために集団飛来しています。鳥取県ならではの伝統行事には、「麒麟獅子(きりんじし)」や「因幡の傘踊り(いなばのかさおどり)」が挙げられます。麒麟獅子は中国にまつわる獣「麒麟」の頭を持つ伝統的な獅子舞で、毎年「宇倍神社大例祭」で奉納されています。

鳥取県の健康・医療

2014年度、鳥取県中部地区における最も多い主要死因疾患は「悪性新生物(ガン)」でその数は474人です。続く主要死因疾患は「心疾患」が223人、「肺炎」が157人です。それぞれの年齢別推移においては、悪性新生物による死亡が最も多い年齢が85歳以上で124人、最も少ない年齢が19歳以下、20~24歳、30~34歳でそれぞれ1人です。心疾患で最も死亡数が多い年齢は、85歳以上で133人、最も少ない年齢が19歳以下、20~24歳、30~34歳、40~44歳、50~54歳でそれぞれ1人です。肺炎においても、最も死亡数が多い年齢が85歳以上で102人、最も少ない年齢は40~44歳で1人とされています。2014年10月1日時点における鳥取県内の一般病院、一般診療所施設数は556施設で、全国都道府県別順位では47位と最も少ないのが特徴です。しかし、人口100,000人に対する値では、一般病院が7施設、一般診療所が89施設と比較的多く、それぞれ全国都道府県別順位では20位、13位の上位に位置づけされています。そのほか、人口100,000人に対する精神科病院施設数は0.87施設で全国順位29位、一般歯科診療所施設数は44.8施設で全国順位37位に位置付けされています。

鳥取県の暮らし・家計

2014年の県内に在住する2人以上の世帯の平均月間収入は444,249円で全国都道府県別順位では39位に位置付けられます。全国の平均月間収入が519,761円なのに対し、鳥取県の平均月間収入は大きく下回っていますが、これには共働き世帯率の少なさなどが要因として挙げられます。2010年、国税調査による鳥取県の共働き世帯率は、全世帯数のうち32%と低く、過去の数値から見ても減少傾向が続いています。鳥取県では、少子高齢化による生産年齢人口減少の改善や女性の就労状況の改善を図るため、鳥取県福祉保健部「子育て王国推進局」を発足し、「子育て応援課」を設けるなどして県内の子育て状況をサポートしています。主な取り組みとしては、子育てについての出張相談会や子育てフォーラムの開催、「子育て王国とっとり」サイト内にて、県内の子育てについてのお役立ち情報を掲載するなどしています。このサイトでは、各種イベント情報や子育てについてのQ&Aのほか「とっとり子育て応援パスポート」の協賛店募集を行っています。「とっとり子育て応援パスポート」は、妊娠中の母親や18歳未満の子どもを持つ親に配布されている鳥取県独自の子育て支援政策の1つです。協賛店にてパスポートを提示すると、商品代金の割引や授乳室の利用など子育て中に嬉しい多くのサービスを受けることができます。

保険コラム 「ファイナンシャル・プランナーとは?」

昨今、よく聞くようになった「ファイナンシャル・プランナー(FP)」という職業。そもそもどういったことをする職業なのか、疑問に思う方も多いでしょう。
直訳すれば財政設計士という意味を持つとおり、ファイナンシャル・プランナーはお客様の収支・資産状況・家族構成などからライフプランニングに沿った資金計画を立てる、いわば人生の財政面でのアドバイザーなのです。
税金や各種ローンはもちろん、保険、年金、教育費などあらゆる知識が必要なファイナンシャル・プランナーには、それぞれ得意分野があります。FPナビのコンシェルジュがご紹介するのは、保険相談や保険見直しに特化したファイナンシャル・プランナーです。お客様の幸せと利益を最優先するファイナンシャル・プランナーは、公平な立場からお客様に最適な保険プランを提案します。
保険相談・保険見直しのプロであるファイナンシャル・プランナーに保険相談をして、自分に合った保険を選びましょう。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ