{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

秋田県のお役立ち情報

秋田県の概要

秋田県は東北地方の県で、日本海に面しています。人口は約102万人で、県の花はフキノトウ、県庁所在地は秋田市です。
秋田県に隣接する県は岩手県・山形県・宮城県です。 奥羽山脈と出羽山地、真昼山地、白神山地に囲まれ、秋田平野・能代平野・本荘平野などがあります。 有名な男鹿半島があり、観光スポットとしても有名です。 大館盆地、花輪盆地、横手盆地といった盆地、十和田湖、田沼湖、八郎潟といった湖沼があり、各町に、自然公園があるほど緑豊かな県です。 十和田八幡平国立公園、男鹿国定公園、鳥海国定公園、栗駒国定公園などの国立公園・国定公園が有名です。
秋田県の気候は、日本海側気候に分類されます。 冬には、日本海沖を流れる対馬暖流から湿り気を帯びた冷たい風が吹き、県内にみぞれや雪が降り注ぎます。 そのため、県土の実に9割が特別豪雪地帯に指定されています。 冬季の日照時間は都道府県の中でも一番低いといわれており、内陸部は特に寒さが厳しくなる傾向があります。 一方で日本海側は夏になると高温多湿となり、梅雨があけることなく秋になることもあります。
秋田県は地域振興局により、角鹿地域、秋田地域など8つの地域圏に分けられています。 また、秋田県は高齢者の割合が高い県ともいわれ、総人口に占める高齢者(満65歳以上)の割合は、年々増加しています。

秋田県の特徴

秋田県は、刑法犯の認知件数が日本で最も低い県であり、街そのものが、犯罪が発生しにくい構造であるといわれています。 秋田県の主要産業は、携帯電話・PCなどに必要不可欠である固定コンデンサの製造です。
樹齢200年を超える天然の秋田杉は木曽ヒノキ、津軽ヒバなどと並ぶ日本三大美林の一つといわれています。 秋田県は「あきたこまち」の名産地としても有名で、米の出荷量は新潟県と北海道についで全国3位です。 秋田県の米から作られる日本酒の製造出荷額は、全国6位です。 最近は土地を生かした風力発電を中心とした新しいエネルギー産業に力を入れています。畜産業は豚、鶏、肉用牛、乳用牛などが育てられています。 また、雪深い地域であるため、漬物などの保存食が発達しました。
きりたんぽは秋田県の代名詞として、全国に知られています。 とんぶりやじゅんさいなどの珍しい野菜も生産され、稲庭うどんの生産もされています。 祭りとしては男鹿のナマハゲ(男鹿市の重要無形民俗文化財)、秋田県各地で行われる梵天まつり、六郷のカマクラ行事(美郷町の重要無形民俗文化財指定)、秋田市の竿燈まつり、鹿角市の花輪ばやし、仙北市上桧木内の紙風船上げなど多種多様な祭りが開催されます。
重要伝統的建造物群保存地区として角館(仙北市)、増田 (横手市)があります。 秋田県を舞台にした文学作品も沢山あり、「青い山脈」(石坂洋二郎)や「人間の條件」(五味川純平)、「砂の器」(松本清張)などが有名です。

秋田県の健康・医療

「美の国あきた」というキャッチフレーズがある秋田県では、医療機能情報提供制度として「あきた情報医療ガイド」という情報サイトを運営しています。
▼あきた情報医療ガイド▼
あきた情報医療ガイドでは、病院や診療所、歯科診療所、助産所などの情報が広く公開されています。
秋田県では、定期的に「秋田県医療保健福祉計画」を施行し、県民の誰もが安心して医療サービスを受けられるよう、安全で質の高い、切れ目のない医療計画を推進しています。 2018年4月に施行された計画は2023年度までの6か年計画であり、急性期から在宅医療等に至るまで、幅広いサービス提供体制の構築を目指しています。 災害拠点病院としては、秋田大学医学部付属病院などの秋田県災害拠点病院が複数あります。 また、専門医療機関として秋田県立循環器・脳脊髄センター、秋田赤十字病院、男鹿みなと市民病院、国立病院機構あきた病院、市立秋田総合病院、地域医療機能推進機構秋田病院など数多くの医療機関があります。
子どもの救急に関しては、こども救急電話相談室(#8000)が設けられ、応急処置が必要なのか病院に夜間連れていく必要があるのか、などの相談ができる仕組みがあります。 携帯電話からは上記「#8000」を登録しておけばつながる仕組みで、毎日午前7時30分から午後10時30分まで電話で相談することができます。

秋田県の暮らし・家計

厚生労働省の調査によると、秋田県の平均賃金は240万1000円です。 全国平均は306万2000円のため、平均賃金を大きく下回っています。
一方、総務省の就業構造基本調査を見ると、秋田県は働く人の割合が高くなっていることがわかります。 秋田県の有業率(生産人口年齢)は全国7位で77.8%、育児をしている女性の割合は全国6位で77.9%でした。 現状、平均賃金は低いものの、働く女性の増加や高い有業率により、今後賃金のありかたも変わってくるのではないでしょうか。
秋田県の保育所は2019年4月現在で約1万6000名の児童が在籍しており、待機児童数は65名と報告されています。 首都圏など人口が多い都市の待機児童数と比べると、数は少ないものの、秋田県でも年々待機児童数は増えています。
そのため、働く女性が多い秋田県では、待機児童問題の解消や、子育てしながら働きやすい環境作りを目指し、さまざまな地域の取り組みを行っています。 おもな取り組みとしては、子育て応援講座や子育てタクシーというユニークな取り組みがあり、活発に利用されています。 特に子育てタクシーは利用者数が多く、子育て中や妊娠中の女性が生活しやすいように考えられた、非常に便利な仕組みです。 乳幼児を抱えながらの荷物の積み下ろし、子どもの塾や習い事の送迎、妊婦さんを病院に迅速に運ぶ、急なトラブルのための対応(病院への送迎)など、子育て世帯にはうれしいサービスが充実しています。 また秋田県は子育て家庭を経済的に支援するため、県と市町村が協力して入所(園)施設を問わず助成対象範囲を幅広く設定しており、保育料等の助成に力をいれています。

保険コラム 「乳がんの早期発見のために」

乳がんが見つかるきっかけとして、マンモグラフィなどによる乳がん検診を受けて疑いを指摘される場合や、自分で症状に気付く場合があります。 乳がんをセルフチェックで発見する方法についてはご存知でしょうか。 「乳房の変形や左右差がないか」「出血や異常な分泌物がないか」「しこりがないか」など複数のチェックポイントがあり、入浴前や入浴中、就寝前に、月1回を目安に自分で確認をして、自己検診を行うことができます。 少しでも変化や異変に気づいたら、すぐに専門の医療機関(乳腺外科、乳腺科、乳腺内分泌外科などの表示のある病院やクリニック)を受診しましょう。 また自分では異変を感じていなくとも、自主的に定期的な検診が大切です。
各市区町村で行われている乳がん検診は、対象年齢や費用などさまざまです。 ただ、国が主導して実施しているがん検診推進事業では、年度ごとに対象者を決めてがん検診の無料クーポンを配布しています。詳しくは、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

  • (2020年1月16日更新)

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

秋田県のお役立ち情報

  • 秋田県の概要

    秋田県は東北地方の県で、日本海に面しています。人口は約102万人で、県の花はフキノトウ、県庁所在地は秋田市です。
    秋田県に隣接する県は岩手県・山形県・宮城県です。 奥羽山脈と出羽山地、真昼山地、白神山地に囲まれ、秋田平野・能代平野・本荘平野などがあります。 有名な男鹿半島があり、観光スポットとしても有名です。 大館盆地、花輪盆地、横手盆地といった盆地、十和田湖、田沼湖、八郎潟といった湖沼があり、各町に、自然公園があるほど緑豊かな県です。 十和田八幡平国立公園、男鹿国定公園、鳥海国定公園、栗駒国定公園などの国立公園・国定公園が有名です。
    秋田県の気候は、日本海側気候に分類されます。 冬には、日本海沖を流れる対馬暖流から湿り気を帯びた冷たい風が吹き、県内にみぞれや雪が降り注ぎます。 そのため、県土の実に9割が特別豪雪地帯に指定されています。 冬季の日照時間は都道府県の中でも一番低いといわれており、内陸部は特に寒さが厳しくなる傾向があります。 一方で日本海側は夏になると高温多湿となり、梅雨があけることなく秋になることもあります。
    秋田県は地域振興局により、角鹿地域、秋田地域など8つの地域圏に分けられています。 また、秋田県は高齢者の割合が高い県ともいわれ、総人口に占める高齢者(満65歳以上)の割合は、年々増加しています。

    人口の出典: 「2015年度国勢調査」(総務省統計局) より「人口等基本集計結果 結果の概要」

  • 秋田県の特徴

    秋田県は、刑法犯の認知件数が日本で最も低い県であり、街そのものが、犯罪が発生しにくい構造であるといわれています。 秋田県の主要産業は、携帯電話・PCなどに必要不可欠である固定コンデンサの製造です。
    樹齢200年を超える天然の秋田杉は木曽ヒノキ、津軽ヒバなどと並ぶ日本三大美林の一つといわれています。 秋田県は「あきたこまち」の名産地としても有名で、米の出荷量は新潟県と北海道についで全国3位です。 秋田県の米から作られる日本酒の製造出荷額は、全国6位です。 最近は土地を生かした風力発電を中心とした新しいエネルギー産業に力を入れています。畜産業は豚、鶏、肉用牛、乳用牛などが育てられています。 また、雪深い地域であるため、漬物などの保存食が発達しました。
    きりたんぽは秋田県の代名詞として、全国に知られています。 とんぶりやじゅんさいなどの珍しい野菜も生産され、稲庭うどんの生産もされています。 祭りとしては男鹿のナマハゲ(男鹿市の重要無形民俗文化財)、秋田県各地で行われる梵天まつり、六郷のカマクラ行事(美郷町の重要無形民俗文化財指定)、秋田市の竿燈まつり、鹿角市の花輪ばやし、仙北市上桧木内の紙風船上げなど多種多様な祭りが開催されます。
    重要伝統的建造物群保存地区として角館(仙北市)、増田 (横手市)があります。 秋田県を舞台にした文学作品も沢山あり、「青い山脈」(石坂洋二郎)や「人間の條件」(五味川純平)、「砂の器」(松本清張)などが有名です。

    犯罪件数の出典: 「2018年警察白書 統計資料」より「特-1 都道府県別刑法犯の認知件数、検挙件数、検挙人員(2017年)」を参照

  • 秋田県の健康・医療

    「美の国あきた」というキャッチフレーズがある秋田県では、医療機能情報提供制度として「あきた情報医療ガイド」という情報サイトを運営しています。
    ▼あきた情報医療ガイド▼
    あきた情報医療ガイドでは、病院や診療所、歯科診療所、助産所などの情報が広く公開されています。
    秋田県では、定期的に「秋田県医療保健福祉計画」を施行し、県民の誰もが安心して医療サービスを受けられるよう、安全で質の高い、切れ目のない医療計画を推進しています。 2018年4月に施行された計画は2023年度までの6か年計画であり、急性期から在宅医療等に至るまで、幅広いサービス提供体制の構築を目指しています。 災害拠点病院としては、秋田大学医学部付属病院などの秋田県災害拠点病院が複数あります。 また、専門医療機関として秋田県立循環器・脳脊髄センター、秋田赤十字病院、男鹿みなと市民病院、国立病院機構あきた病院、市立秋田総合病院、地域医療機能推進機構秋田病院など数多くの医療機関があります。
    子どもの救急に関しては、こども救急電話相談室(#8000)が設けられ、応急処置が必要なのか病院に夜間連れていく必要があるのか、などの相談ができる仕組みがあります。 携帯電話からは上記「#8000」を登録しておけばつながる仕組みで、毎日午前7時30分から午後10時30分まで電話で相談することができます。

  • 秋田県の暮らし・家計

    厚生労働省の調査によると、秋田県の平均賃金は240万1000円です。 全国平均は306万2000円のため、平均賃金を大きく下回っています。
    一方、総務省の就業構造基本調査を見ると、秋田県は働く人の割合が高くなっていることがわかります。 秋田県の有業率(生産人口年齢)は全国7位で77.8%、育児をしている女性の割合は全国6位で77.9%でした。 現状、平均賃金は低いものの、働く女性の増加や高い有業率により、今後賃金のありかたも変わってくるのではないでしょうか。
    秋田県の保育所は2019年4月現在で約1万6000名の児童が在籍しており、待機児童数は65名と報告されています。 首都圏など人口が多い都市の待機児童数と比べると、数は少ないものの、秋田県でも年々待機児童数は増えています。
    そのため、働く女性が多い秋田県では、待機児童問題の解消や、子育てしながら働きやすい環境作りを目指し、さまざまな地域の取り組みを行っています。 おもな取り組みとしては、子育て応援講座や子育てタクシーというユニークな取り組みがあり、活発に利用されています。 特に子育てタクシーは利用者数が多く、子育て中や妊娠中の女性が生活しやすいように考えられた、非常に便利な仕組みです。 乳幼児を抱えながらの荷物の積み下ろし、子どもの塾や習い事の送迎、妊婦さんを病院に迅速に運ぶ、急なトラブルのための対応(病院への送迎)など、子育て世帯にはうれしいサービスが充実しています。 また秋田県は子育て家庭を経済的に支援するため、県と市町村が協力して入所(園)施設を問わず助成対象範囲を幅広く設定しており、保育料等の助成に力をいれています。

    平均賃金の出典: 「2018年賃金構造基本統計調査 結果の概況」結果の概要 都道府県別賃金(厚生労働省)
    有業率の出典: 2017年就業構造基本調査の結果について(秋田県)
    ※総務省の調査を秋田県公式HP内にて公開しているもの
    待機児童数の出典: 「保育所等関連状況取りまとめ(2019年4月1日)」(厚生労働省)

  • 保険コラム
    「乳がんの早期発見のために」

    乳がんが見つかるきっかけとして、マンモグラフィなどによる乳がん検診を受けて疑いを指摘される場合や、自分で症状に気付く場合があります。 乳がんをセルフチェックで発見する方法についてはご存知でしょうか。 「乳房の変形や左右差がないか」「出血や異常な分泌物がないか」「しこりがないか」など複数のチェックポイントがあり、入浴前や入浴中、就寝前に、月1回を目安に自分で確認をして、自己検診を行うことができます。 少しでも変化や異変に気づいたら、すぐに専門の医療機関(乳腺外科、乳腺科、乳腺内分泌外科などの表示のある病院やクリニック)を受診しましょう。 また自分では異変を感じていなくとも、自主的に定期的な検診が大切です。
    各市区町村で行われている乳がん検診は、対象年齢や費用などさまざまです。 ただ、国が主導して実施しているがん検診推進事業では、年度ごとに対象者を決めてがん検診の無料クーポンを配布しています。詳しくは、お住まいの市区町村へお問い合わせください。

    (2020年1月16日更新)