「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:512名(2019/10/21 現在)

新潟県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

新潟県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

新潟県

4件中 1件~ 4 件表示

株式会社FPパートナー 清水 達也
相談してよかったと心から思ってもらえるよう丁寧にわかりやすく、さらには楽しくワクワクするような相談を心がけています。お客様の一生涯のパートナーとして寄り添うことが私の願いであり最大の喜びです。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金相談
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 新潟県
  • 長野県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:新潟県:新潟市含め新潟県下越地区は対応不可 ※長野県を中心に活動させていただいております

株式会社FPパートナー 神田 麻由
ひとつひとつのご縁を大切にしております。ご相談者様の心に寄り添い、不安の解消と安心を提供できるよう心がけております。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県

株式会社RKコンサルティング
渡邉 直子 (ワタナベ ナオコ)

詳細を見る ›

株式会社RKコンサルティング 渡邉 直子
いつでも自分らしく! ご相談者1人1人の立場になり、幸せ・安心・夢の実現のお手伝いをさせていただくこと。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金相談
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 新潟県
株式会社FPパートナー 山本 智康
お客様が悩んでいる事を全力で解決する。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金相談
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県

4件中 1件~ 4 件表示

新潟県のお役立ち情報

新潟県の概要

新潟県は、北陸地方に位置する都道府県です。
山形県、群馬県、福島県、長野県、富山県に隣接しており、北部から西部にかけての広い範囲で日本海に面しています。
新潟県の県庁所在地は新潟市です。
新潟県の総人口は約230万人。
県内では県庁所在地のある新潟市が最も人口の多いエリアで、約81万人です。
年齢別人口では、65歳~69歳が最も多く約19万人、次いで60歳~64歳が約18万人です。
一般的に高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は約69万人で、全体の約30%となっています。
県土の広範囲が日本海に面している新潟県は、戦国時代に「敵に塩を送る」という逸話が生まれた場所でもあります。
古くから水産資源がとても豊富であり、現在は米どころとしても知られていて、自然と密接な関係にある県だといえます。

新潟県の平均寿命・平均余命

平成27年度(2015年度)の全都道府県民の平均寿命は、男性が80.77歳、女性の全国平均が87.01歳です。
同年の新潟県の平均寿命は男性が80.69歳、女性が87.32歳となっており、男性は全国の平均寿命とほとんど同じですが女性はやや上回っています。
また、65歳の新潟県民の平均余命は男性が19.44年、女性が24.54年です。
新潟県民の平均寿命は男女ともに低くありませんが、高齢者の割合は全体の約30%。
将来に向けて、老後の備えは今のうちからしっかりと考えておきましょう。

新潟県の地域特性と保険

新潟県内にある病院は127院、一般診療所は1277院です。
新潟県内で国立病院機構に所属する病院は、西新潟中央病院(新潟市)、新潟病院(柏崎市)、さいがた医療センター(上越市)の3院です。
また、新潟県の人口10万人あたりの病院数は5.51院、一般診療所は55.42院で、共に全国平均よりも少なくなっています。
病院や一般診療所数は平均以下ですが、新潟県内にある病院の病床数は約2万8000床で、人口10万人あたりの病床数は全国平均とほぼ同じ水準です。
入院時の病床数は十分でも、病院や一般診療所の数が少ないと日常的な診察は受けづらいといえます。
特に病院数は全国平均から1.01下回っているため、信頼できる病院を日頃から探すなど意識しておきましょう。
このように医療機関数がやや不足しているという場合、個人で病気や事故に備えておくということがより大切になります。
そういった対策の中の1つが、各種保険への加入です。
ライフステージにあった保険内容をお選びいただくことで、もしものときの負担を大きく軽減させることができます。
適切な保険内容がわからない場合には、ファイナンシャル・プランナーの保険相談や保険見直しをご利用ください。
新規加入に関する保険相談や加入済みの保険見直しに関する保険相談にお申込みいただき、ファイナンシャル・プランナーと一緒に保険について考えていきましょう。
新潟県には弊社登録のファイナンシャル・プランナーが数多く在籍し、保険相談や保険見直しをお求めのお客様に適切な保険をご紹介しています。
新規に加入する際のご相談だけでなく、加入済みの保険見直しまで幅広い範囲での保険相談に対応いたしますので、保険に関するご依頼がありましたら弊社までご連絡ください。

保険コラム 「自分は保険に入れるの?」

保険にはさまざまな種類があり、人によって適している内容は異なります。特定疾患に特化した保険もあれば、幅広い範囲で病気やケガを総合的にカバーする保険もあります。
想定されるリスクに対する備えである保険は、しばしば「人生の安心を買う」と例えられます。
安心は誰にとっても他に代えがたいもの。
しかし、保険の中には自由に買うことができないものや、加入する際の条件が厳しく設定されているものも多いのです。
保険に加入するためには、一定の審査を通過する必要があります。
審査は、加入者の潜在的なリスクを保険会社が判断するためのものです。
例えば健康状態に問題を抱えている方は、健康体である人に比べて保険による保障を受ける機会が多いと考えられます。
加入者の中で保険の支払い機会が不平等になってしまうと、保険制度は成り立たなくなってしまいます。
そのため、保険会社は健康状態や既往歴などを審査して、加入の是非を決めているのです。
自分にふさわしい保険を探す場合には、こういった保険加入の仕組みを正しく理解する必要があります。
しかし、自分ではどの保険がいいのか、どの保険なら入れるのかがいまいちわからないということもめずらしくありません。
そんなときには、ファイナンシャル・プランナーに依頼して保険相談や保険見直しを行ってみてはいかがでしょうか。
保険相談や保険見直しを利用すれば、自分だけではわからないことも丁寧に教えてもらうことができるため、自分に合った保険を見つけやすくなります。
入れる保険が知りたい、他に適した保険があるのか知りたいといった場合には、ぜひ保険相談や保険見直しをご検討ください。

(2019年6月20日更新)

3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

ニッセンライフの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ