{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

長野県のお役立ち情報

長野県の概要

長野県は中部地方のほぼ中央に位置する県で、8つもの県と隣接している内陸の県です。
日本の屋根とも呼ばれる日本アルプスがある山岳地帯を有し、山々によって区切られた多くの盆地があります。
そのため特色ある風土が形成されるようになりました。
特にウィンタースポーツが盛んで冬には多くの人々が訪れるほか、東日本最大の国宝建造物である善光寺の参拝には日本各地から観光客が訪れています。
長野県のシンボルマークは頭文字のナを円の中に描いて山と湖を映す姿を表しており、長野県の自然をイメージさせるシンボルマークです。
長野県の県庁は長野市にあり、県の総人口は約210万人です。
県木は白樺で、生育するに従い白くなるのが特徴です。
白樺湖、志賀高原、蓼科高原などでは、美しい白樺林が見られ、信州高原に欠かせない風情を醸し出しています。
県花のリンドウは、軽井沢公園や開田高原などで、その気品ある姿を見ることができ、高原が多い信州のイメージにふさわしい花です。
飛べない鳥で有名なライチョウは長野県の県鳥です。
南・北・中央アルプスの標高2000m以上のハイマツのある岩石地域に生息しており、夏は褐色、冬は雪に合わせて白くなります。
観光名所の松本城は松本市の中心にあり、5層(内部は6階)の天守閣となっています。
国宝の、乾小天守(いぬいしょうてんしゅ)、辰巳櫓(たつみやぐら)、月見櫓などがあります。
長野県の特産品として信州そばやわさび、りんご、あんず、なし、くるみ、みそ、野沢菜などが有名です。

長野県の特徴

長野県の県庁所在地である長野市は、善光寺の門前町として発展し、1998年には第18回冬季オリンピックが開催されました。
令制国の信濃国に相当することから「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、観光ガイドやマップには信州と記されて紹介されていることがあります。
また都道府県別の平均寿命では全国第1位(2015年時点)で、日本有数の「長生き県」といえます。
盆地や谷が豊富で長野盆地(善光寺平)、上田盆地(上田平、塩田平)、佐久盆地(佐久平)松本盆地(松本平、安曇平)、諏訪盆地があります。
国立公園や国定公園も多く、中部山岳国立公園、妙高戸隠連山国立公園、上信越高原国立公園、秩父多摩甲斐国立公園、南アルプス国立公園などがある自然豊かな県の一つです。
長野県は内陸に位置するため、内陸性気候ですが南北に長いという特長があるので、各都市の標高が大きく異なります。
そのため同じ県の中でも気候の差がありますが、県全体では、冬は内陸県としては厳しい気候といわれています。
夏は盆地部では東京とあまり変わらず猛暑になることもありますが、軽井沢、信濃町、志賀高原、菅平高原、八ヶ岳山麓といった標高が高い地域は北海道のような気候で夏は涼しく冬は厳しい気候です。
長野県は就業率(有業率)が高い県としても有名で、特に女性の就業率は全国でも第2位の50.6%(2015年時点)と高水準です。
長野県の経済を支えてきたのは工業で、精密機械や情報通信機器、電子部品、デバイスなどが生産されています。
そのことから東洋のスイスとも呼ばれています。

長野県の健康・医療

長野県は日本有数の長寿県であり、積極的に健康増進や医療制度の充実を図っています。
県では「健康長寿世界一の信州」を目指し、健康長寿プロジェクトが組まれ、長野県が健康長寿になれた要因分析が進められています。
保健所が地域へ出向いて健診や食生活指導等を行う移動保健所の実施や、信州大学医学部公衆衛生学講座と連携した「朝日村の健康村推進運動」など、積極的に健康づくりを行っています。
医療・保険・栄養の3つの面から生活習慣病予防を行い、病気をしないで長生きするという趣旨のもと、健康増進運動を行っており、県民一人ひとりの健康に対する高い意識の形成に役立っています。
健康課題に対して医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、保健師、管理栄養士等)も地域医療保険活動を県下全域で活発に行っており、他県では珍しい健康ボランティアという保険補導員や食生活改善推進員という存在も、医療従事者と住民との橋渡し役として県民の健康づくりに貢献しています。

長野県の暮らし・家計

長野県の平均賃金は275万2000円です。
夫婦共働き世帯は、夫婦のいる世帯のうち54.5%を占めています。
前述の女性の就業率の高さもあり、長野県は、働く女性や夫婦共働き世帯が多い県であることがわかります。
長野県はながの子ども・子育て応援総合計画を策定し、妊娠・出産・育児の切れ目ない支援を行うために県全体でサポートしています。
地域によって多様な取り組みを実施しており、松本地域では、「松本地域出産・子育て安心ネットワーク」を設立し、病院・診療所の連携体制(ネットワーク)の構築などを進めています。
長野県の公式ホームページでは、これら各市町村・各地域の主な子育て支援事業をまとめて紹介しており、各地域の子育て支援情報を確認することができます。
また、出産ができる医療機関と妊婦健診のみをおこなう医療機関の役割分担を決めて、それぞれが連携しあいながらお産難民を出さない取り組みなど、長野県と市町村の協働で出産・子育て支援に積極的に取り組んでいます。

保険コラム 「死亡保障の必要額」

生命保険の役割のひとつに、万一の場合の死亡保障があります。
死亡した場合の遺族保障に備えたい場合、「保障を必要とする期間はいつまでか」「保険金や給付金の額は適切かどうか」「保険料の払込期間と払込金額は適切かどうか」などが保険を選ぶポイントになります。
定期保険では、保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、中には契約後一定期間ごとに保険金額が増えていく逓増定期保険や、反対に保険金額が減っていく逓減定期保険もあります。
また、死亡した場合に一時金ではなく年金で受け取れる収入保障保険もあります。
収入保障保険は、遺族の生活費などとして継続的に受け取りを希望される場合に適しています。
加えて、死亡保険金額が資産運用実績によって変動する変額保険もあります。
万一の際にどんな受け取り方をしたいのか、受取額を増やしたいのかなど将来のプランを決めたうえで検討しましょう。
とくに死亡保障の必要額を予測するためには、葬儀費用、残された遺族の生活費、住居費、教育費といった支出や、公的な保障とのバランスを見極めるためにも一度ファイナンシャル・プランナーとの相談をおすすめいたします。

  • 2019年10月9日更新

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

長野県のお役立ち情報

  • 長野県の概要

    長野県は中部地方のほぼ中央に位置する県で、8つもの県と隣接している内陸の県です。
    日本の屋根とも呼ばれる日本アルプスがある山岳地帯を有し、山々によって区切られた多くの盆地があります。
    そのため特色ある風土が形成されるようになりました。
    特にウィンタースポーツが盛んで冬には多くの人々が訪れるほか、東日本最大の国宝建造物である善光寺の参拝には日本各地から観光客が訪れています。
    長野県のシンボルマークは頭文字のナを円の中に描いて山と湖を映す姿を表しており、長野県の自然をイメージさせるシンボルマークです。
    長野県の県庁は長野市にあり、県の総人口は約210万人です。
    県木は白樺で、生育するに従い白くなるのが特徴です。
    白樺湖、志賀高原、蓼科高原などでは、美しい白樺林が見られ、信州高原に欠かせない風情を醸し出しています。
    県花のリンドウは、軽井沢公園や開田高原などで、その気品ある姿を見ることができ、高原が多い信州のイメージにふさわしい花です。
    飛べない鳥で有名なライチョウは長野県の県鳥です。
    南・北・中央アルプスの標高2000m以上のハイマツのある岩石地域に生息しており、夏は褐色、冬は雪に合わせて白くなります。
    観光名所の松本城は松本市の中心にあり、5層(内部は6階)の天守閣となっています。
    国宝の、乾小天守(いぬいしょうてんしゅ)、辰巳櫓(たつみやぐら)、月見櫓などがあります。
    長野県の特産品として信州そばやわさび、りんご、あんず、なし、くるみ、みそ、野沢菜などが有名です。

  • 長野県の特徴

    長野県の県庁所在地である長野市は、善光寺の門前町として発展し、1998年には第18回冬季オリンピックが開催されました。
    令制国の信濃国に相当することから「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、観光ガイドやマップには信州と記されて紹介されていることがあります。
    また都道府県別の平均寿命では全国第1位(2015年時点)で、日本有数の「長生き県」といえます。
    盆地や谷が豊富で長野盆地(善光寺平)、上田盆地(上田平、塩田平)、佐久盆地(佐久平)松本盆地(松本平、安曇平)、諏訪盆地があります。
    国立公園や国定公園も多く、中部山岳国立公園、妙高戸隠連山国立公園、上信越高原国立公園、秩父多摩甲斐国立公園、南アルプス国立公園などがある自然豊かな県の一つです。
    長野県は内陸に位置するため、内陸性気候ですが南北に長いという特長があるので、各都市の標高が大きく異なります。
    そのため同じ県の中でも気候の差がありますが、県全体では、冬は内陸県としては厳しい気候といわれています。
    夏は盆地部では東京とあまり変わらず猛暑になることもありますが、軽井沢、信濃町、志賀高原、菅平高原、八ヶ岳山麓といった標高が高い地域は北海道のような気候で夏は涼しく冬は厳しい気候です。
    長野県は就業率(有業率)が高い県としても有名で、特に女性の就業率は全国でも第2位の50.6%(2015年時点)と高水準です。
    長野県の経済を支えてきたのは工業で、精密機械や情報通信機器、電子部品、デバイスなどが生産されています。
    そのことから東洋のスイスとも呼ばれています。

    平均寿命の出典:
    「平成27年都道府県別生命表の概況」より「③都道府県別にみた平均寿命の推移」(厚生労働省)
    就業率の出典:
    長野県の統計情報 統計ステーションながの

  • 長野県の健康・医療

    長野県は日本有数の長寿県であり、積極的に健康増進や医療制度の充実を図っています。
    県では「健康長寿世界一の信州」を目指し、健康長寿プロジェクトが組まれ、長野県が健康長寿になれた要因分析が進められています。
    保健所が地域へ出向いて健診や食生活指導等を行う移動保健所の実施や、信州大学医学部公衆衛生学講座と連携した「朝日村の健康村推進運動」など、積極的に健康づくりを行っています。
    医療・保険・栄養の3つの面から生活習慣病予防を行い、病気をしないで長生きするという趣旨のもと、健康増進運動を行っており、県民一人ひとりの健康に対する高い意識の形成に役立っています。
    健康課題に対して医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、保健師、管理栄養士等)も地域医療保険活動を県下全域で活発に行っており、他県では珍しい健康ボランティアという保険補導員や食生活改善推進員という存在も、医療従事者と住民との橋渡し役として県民の健康づくりに貢献しています。

  • 長野県の暮らし・家計

    長野県の平均賃金は275万2000円です。
    夫婦共働き世帯は、夫婦のいる世帯のうち54.5%を占めています。
    前述の女性の就業率の高さもあり、長野県は、働く女性や夫婦共働き世帯が多い県であることがわかります。
    長野県はながの子ども・子育て応援総合計画を策定し、妊娠・出産・育児の切れ目ない支援を行うために県全体でサポートしています。
    地域によって多様な取り組みを実施しており、松本地域では、「松本地域出産・子育て安心ネットワーク」を設立し、病院・診療所の連携体制(ネットワーク)の構築などを進めています。
    長野県の公式ホームページでは、これら各市町村・各地域の主な子育て支援事業をまとめて紹介しており、各地域の子育て支援情報を確認することができます。
    また、出産ができる医療機関と妊婦健診のみをおこなう医療機関の役割分担を決めて、それぞれが連携しあいながらお産難民を出さない取り組みなど、長野県と市町村の協働で出産・子育て支援に積極的に取り組んでいます。

    出典:
    長野県の統計情報 統計ステーションながの

  • 保険コラム 「死亡保障の必要額」

    生命保険の役割のひとつに、万一の場合の死亡保障があります。
    死亡した場合の遺族保障に備えたい場合、「保障を必要とする期間はいつまでか」「保険金や給付金の額は適切かどうか」「保険料の払込期間と払込金額は適切かどうか」などが保険を選ぶポイントになります。
    定期保険では、保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、中には契約後一定期間ごとに保険金額が増えていく逓増定期保険や、反対に保険金額が減っていく逓減定期保険もあります。
    また、死亡した場合に一時金ではなく年金で受け取れる収入保障保険もあります。
    収入保障保険は、遺族の生活費などとして継続的に受け取りを希望される場合に適しています。
    加えて、死亡保険金額が資産運用実績によって変動する変額保険もあります。
    万一の際にどんな受け取り方をしたいのか、受取額を増やしたいのかなど将来のプランを決めたうえで検討しましょう。
    とくに死亡保障の必要額を予測するためには、葬儀費用、残された遺族の生活費、住居費、教育費といった支出や、公的な保障とのバランスを見極めるためにも一度ファイナンシャル・プランナーとの相談をおすすめいたします。

    2019年10月9日更新