「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/11/22 現在)

沖縄県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

沖縄県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

沖縄県

7件中 1件~ 7 件表示

あんしんFPパートナー株式会社
北原 緒生 (キタハラ ショオ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 北原 緒生
過去の経歴として 〇福祉施設の相談員約9年 〇自動車ディーラーでの営業約5年を経験した上で、生命保険、損害保険のコンサルタントになりました。 お客様とのコミニュケーションには自信があります。 お客様がご納得いただけるまで、全て、最後までお話をお聞き致します。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:沖縄県の本島以外

あんしんFPパートナー株式会社
里見 幸信 (サトミ ユキノブ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 里見 幸信
このご縁を大切に。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:沖縄県の本島以外

あんしんFPパートナー株式会社
松田 高宏 (マツダ タカヒロ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 松田 高宏
ご家計の”健康診断”をさせていただき、最良の選択肢をご提案いたします!
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県

株式会社ヒューマン&アソシエイツ
大城 信之 (オオシロ ノブユキ)

詳細を見る ›

株式会社ヒューマン&アソシエイツ 大城 信之
お客様の立場に立ってご提案します。 企業の賠償保険、任意労災、自動車保険、火災保険のご相談もお任せください。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:石垣市以外全て(竹富町などの離島からご来店頂く事は可能です)

株式会社ヒューマン&アソシエイツ
仲間 しのぶ (ナカマ シノブ)

詳細を見る ›

株式会社ヒューマン&アソシエイツ 仲間 しのぶ
保険や将来のことを不安に思っている方多いと思います。お客様のことを考え、おひとりおひとりに合ったアドバイスをさせていただきます。お気軽にご相談下さい。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:沖縄県外は不可

株式会社ヒューマン&アソシエイツ
鈴木 淳子 (スズキ ジュンコ)

詳細を見る ›

株式会社ヒューマン&アソシエイツ 鈴木 淳子
「保険って本当に必要なの?」「内容のわからない保険にずっと加入している」そんな保険のお悩みを1つずつ解決していけるようお手伝い致します。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:石垣市以外全て(竹富町などの離島のお客様は、ご来店相談可能です)

あんしんFPパートナー株式会社
三浦 剛一 (ミウラ ゴウイチ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 三浦 剛一
お客様の現状だけでなく、将来も見据えたライフプランをご提案すること。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 沖縄県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:沖縄県本島以外

7件中 1件~ 7 件表示

沖縄県のお役立ち情報

沖縄県の概要

沖縄県は人口約140万人の、美しい諸島を周辺に持つ県です。一年を通して温暖な気候の島であり、スコールと突き抜けるような青空は他の都道府県とは一味違う感動をおぼえるほどです。暑さ対策もあって、夜型と言われる生活習慣もありますが、県民性は穏やかで芯の強さと静かな熱さが伝わる素朴な人々が多いです。旅をした人がもう一度訪れたくなるような街、というのも納得できる人間性あふれる沖縄県です。ひと昔までの移住ブームが落ち着いて、新たな移住ブームも起きており、近年再び人口が増加しているということですが、背景には2011年の東日本大震災の影響も少なからずあるようです。ただし、県外からの移住によらない出生による自然な人口増もあるそうで、沖縄県は出生率がずっとトップであったことも影響し、安心して子どもを産み、育てる環境が広がっているとも考えられます。また、県庁所在地の那覇市には新都心の発展や企業誘致も若い世代からも支持されていることや、県外に出るより、強い地元志向を持っていることもあると考えられます。観光地としても日本全国はもとより、海外からの観光客など、一年中多くのビジターが沖縄に旅をしています。

沖縄県の特徴

最も大きな特徴は一つの島であることですが、次にあげるとすれば日本でも有数の観光地であること、珍しい特徴としては、市内、県内は路線バスでの移動が主な公共交通機関となります。市内は那覇空港から首里城までの中心部を南北に延びるモノレール(ゆいレール)があります。市内をめぐる観光スポットなら、このモノレールを利用すればじゅうぶん回ることが可能です。路線バスの運転士さんのユニフォームが、かりゆしであること、おおむねサングラスを付けていることなどもユニークな特徴です。しかも、みなさんとても似合っています。また、どんなに渋滞するような混んだ道路でも、おじいやおばあ(「おじいさん」「おばあさん」という意味の沖縄方言)が渡るときには、すべての車が止まるそうです。たとえそれが横断歩道でなくても、というのが、高齢者を敬う沖縄県民の豊かな県民性のひとつだと思える瞬間です。夏は非常に暑いので、歩いている人はほとんど見かけません。車で移動するか、日が暮れてから外出するか、といった行動スタイルが築かれているようです。そんなことからも「沖縄時間」などといった表現がされることがあります。新たな特徴として、沖縄県が経済特区に指定されていることで、今後は沖縄でのビジネスチャンスを求めての移住も増えてくるかもしれません。他の自治体では実施していない所得控除や設備投資を促進する税制上の優遇措置等があるのです。亜熱帯の気候のほかに、台風が多い、ということは他の都道府県にない特徴です。多いときはひと月で3回ほど接近することもあります。台風接近直前には市内のスーパーに買い物客が多くなるのですが、台風が通過した後は流通がストップし、スーパーなどの商品が品薄になってしまうことがあるためで、生鮮食品などは売り切れてしまうことがあります。沖縄県産の農産物と言えば県内全域で生産されるサトウキビ、ゴーヤ、さやいんげん、近年ではかぼちゃも市場でよく見られるようになっています。オクラやとうがん、らっきょうも沖縄県産品の生産量が伸びて、全国でも上位に入っています。フルーツもマンゴー、パパイヤ、シークヮーサー、タンカンは全国でもトップクラスの生産量です。パイナップルがあげられることがありますが、生産量を増やすことより、ブランド化することに取り組んでいるようです。栽培は近隣の離島で行っていますが、観光農園は県内の名護市にあります。大きなイベントの一つに那覇市内の中心部では毎年国際映画祭を開催し、国内からも多くのアーティストたちが参加して注目されているイベントです。

沖縄県の健康・医療

健康、医療のデータからは、沖縄県では肥満が多いことがよく言われていますが、子どもの肥満も多く、糖尿病予備軍が多いこと、高血圧が多いことも注意すべき項目です。また慢性閉塞肺疾患(COPD)による死亡率が全国1位という結果が出たこともあり、喫煙との関連も危惧されています。沖縄県は全国有数の長寿県でありながら、戦後の食生活の欧米化から、こうした疾患の多さを抱えている実態があります。

沖縄県の暮らし・家計

一人当たりの県民所得で見ると、沖縄県は全国順位としては低いと言えますが、物価指数、人口などから考えてみるとさほど暮らしにくい状況にはないことが、県外からの移住者の多さからもうかがえます。農業に従事するために移住する人もいますし、医療の仕事で過疎地、へき地医療に携わりたいと考えて移住する方もいます。子育てしやすい環境づくりへの取り組みで、おきなわ子育て応援パスポートの制度を運用開始し、県を挙げて子育てしやすいまちづくりに乗り出しています。

保険コラム 「保険にもクーリングオフがある!」

訪問販売や電話勧誘等で、いったん申込んだ後でも申込みを撤回することができるクーリング・オフ制度のように、生命保険にもクーリング・オフ制度があるのをご存知でしょうか。生命保険の場合、「クーリング・オフに関する書面を受け取った日または申込日のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内(9日以上の生命保険会社もあります)」であれば、申込みを撤回することができます。既にある契約に特約を中途付加した場合や更新などの場合は対象外となりますので注意しましょう。また新規契約でも、契約にあたって医師による診査を受けた場合、保険期間が1年以内の契約の場合などの場合、クーリング・オフ制度は適用されません。クーリング・オフの取り扱いは、生命保険会社・商品によって異なりますので、詳細は生命保険会社に確認しましょう。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ