解決できるお悩み

教育資金のお悩み解決

教育資金相談で分かること

FPとの相談で、このような事が分かります。

  • 適切な教育資金予算

    お金のアイコン

    現状の教育プランの希望をおうかがいし、必要な教育資金を算出します。FPナビなら何度でも無料で相談できるので、途中で教育プランに変更があっても安心です。

  • ライフプランに沿った貯蓄計画

    電卓のアイコン

    希望のライフプランをおうかがいし、いつ・どれくらいお金が必要になるかを明確にします。教育プランに加えて、ライフプランも考慮しながら貯蓄計画を立てられます。

  • ご家庭に合った貯蓄・運用方法

    貯蓄のアイコン

    就労状況や家族構成などは人によって変わるため、貯蓄・運用方法には向き不向きがあります。現状の家計やライフプランを考慮しながら、最適な貯蓄・運用方法を提案いたします。

このような方にオススメ

  • 子供を大学まで進学させたいけど、どれくらいお金がかかるか知りたい。
  • 効率のいい教育資金の貯め方を知りたい。
  • 公立と私立でどれくらい金額が変わるか確認したい。
  • 不自由なく教育を受けさせたいけど、家計に余裕がない。

公立と私立では
教育資金に2倍以上の差が出ることも!

希望の教育プランによって必要になる教育資金額は大きく変わります。まずはいつまでに、どれくらいの教育費が必要になるのかを把握しましょう。

教育資金見直しの例

出典:文部科学省「平成30(2018)年度 子供の学習費調査」4.幼稚園から高等学校卒業までの15年間の学習費総額(表9参照)日本政策金融公庫「令和元(2019)年度 教育費負担の実態調査結果」1.教育費の支出状況(1)入学費用(2)在学費用(3)高校入学から大学卒業までに必要な入在学費用 私立大学文系・国公立大学別 3.自宅外通学にかかる費用(2)自宅外通学者への仕送り額

ご不明な点は
お問い合わせも可能です。

サービス内容からFP相談予約までお気軽にお問い合わせください。

電話(通話無料)

スマートフォンのアイコン0120-880-081

WEBでのお問い合わせ

電話対応:月曜–金曜:9:00~19:00・土曜・祝日:9:00~18:00、日曜、年末年始はお休みです。

お客さまの声

FPの相談を体験されたお客さまの声を紹介します。

  • 40代 女性(家族構成:夫・子供1人)
    40代 女性

    こちらの状況や心情をよく理解した上で「今」のためのご提案と「近い将来」のためのご提案と「今後」の考え方についてご提示いただき、継続して相談させていただける安心感をいただいたため。

  • 40代 男性(家族構成:妻・子供2人)
    40代 男性

    長期的にどのような資金計画を立てて実行すべきか、親身になって分かりやすく提示してくれた点。当方は出産に伴って広い家への住み替えを検討しており、それが資金的に成立するかというのが相談の大きなポイントでしたが、アドバイスのおかげで購入に至れました。感謝しております。

  • 40代 女性(家族構成:夫・子供1人)
    40代 女性

    とても親身に対応して頂きました。後日の質問に対しても迅速に調べて親切に教えてくださいました。本当に助かりました。ありがとうございました。
    また、FPナビ受付窓口の対応も、最初から最後まで丁寧に対応していただき安心感がありました。

  • 40代 女性(家族構成:夫・子供2人・両親)
    40代 女性

    家計が逼迫していた中で相談させて頂きました。
    保険のことに関しては、当方全く知識が無かったのですがわかりやすくまとめてくださり、ご自身の経験も踏まえ様々なアドバイスも下さいました。
    顧客としてはあまり良いとは言えないはずなのに大変親身になって頂いたので感謝しています。家族からも絶大な信頼を得ました。
    これから長くお付き合いしていきたい方と出会えたような気がします。

ご相談の流れ

相談予約の申し込みから相談の流れをご説明いたします。

  • step1
    相談予約のアイコン

    FPナビで相談予約

    ご相談内容に合わせてFPをお選びください。WEBでも、電話からでもお申し込みが可能です。

  • step1
    面談のアイコン

    面談・ヒアリング

    初回面談では、ご相談内容について現状を把握するために、詳しくヒアリングを行います。

  • step1
    提案のアイコン

    アドバイス・提案

    アドバイスや提案を行います。何度でも無料で相談できるので、定期的なサポートも受けられます。

ご不明な点は
お問い合わせも可能です。

サービス内容からFP相談予約までお気軽にお問い合わせください。

電話(通話無料)

スマートフォンのアイコン0120-880-081

WEBでのお問い合わせ

電話対応:月曜–金曜:9:00~19:00・土曜・祝日:9:00~18:00、日曜、年末年始はお休みです。

よくある質問

教育資金相談についてのよくある質問を紹介します。

教育資金相談でできることはなんですか?
A

希望する教育プランでどれくらいお金が必要になるかを算出することができます。また、今後起こりうるライフイベントのご希望にあわせて、ライフプランやキャッシュフロー表の作成し、お客さまの状況に合わせた教育資金の貯蓄・運用方法などをアドバイスさせていただきます。

教育資金相談をするときに、準備しておくこと(もの)はありますか
A

ご用意いただくものはほとんどなく、お客さまとの会話の中でアドバイスをさせていただきます。教育資金相談の場合、一緒に家計を見直す方も多いので、家計簿などの相談したい項目に関係する書類などがあれば、ご用意いただいた方がスムーズにご案内ができます。

相談の申込はどんな方法がありますか
A

受付方法はお電話とWEBフォームからの2種類があります。
FP相談日をお急ぎの方は、お電話でのご予約がオススメです。

面談後でもFPを変更できますか
A

変更は可能です。面談終了後にお申し出いただければ、お客さまの相談内容などを考慮し、別のFPを紹介させていただきます。
ただし、お客さまとファイナンシャル・プランナー(FP)との間の信頼関係が重要と考えていますので、同時進行のご紹介はいたしません。