「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:404名(2017/11/24 現在)

教育資金のことをファイナンシャル・プランナーに相談する

イメージ
  • ファイナンシャル・プランナーだから安心

    ご紹介するファイナンシャル・プランナーは、ニッセンライフが認定した相談実績が豊かで
    専門性が高いファイナンシャル・プランナーです。

  • お好きな場所・日時でご相談OK

    平日土日を問わず、ご自宅や職場、近所のカフェなど、あなたのご都合のよい日時に、ご指定いただいたご相談場所まで、ファイナンシャル・プランナーがお伺いいたします。

  • ご相談は何度でも無料です

    ご相談料金や訪問料、事務手数料などは一切かかりません。
    安心してご利用いただけますので、納得がいくまで、何度でもご相談ください。

教育資金についての疑問・相談をファイナンシャル・プランナーがすっきり解決!

「子供には良い教育を受けさせてあげたい」誰もがそう考えられると思いますが、
教育資金は住宅資金、老後資金と並んで人生の三大資金の一つと言われています。
教育資金はどれくらい用意すればいいのか、どのように準備すればいいのかなど、
お子様の教育プランや家計の状況を踏まえて計画的に準備する方法についてアドバイスいたします。

  • 納得!教育資金の必要額がわかる
  • 納得!教育資金の準備方法がわかる
  • 安心!子供の人数・家族の状況に応じた準備方法をアドバイスいたします
  • お得!教育プラン・ライフプランを踏まえて貯蓄計画作成のお手伝いをします
  • お得!あなたの家計の状況に合わせたアドバイスをします

こんな方こそ、ファイナンシャル・プランナーに
教育資金相談されることをお勧めします

「子供には不自由のない教育を受けさせてあげたい」と誰しも考えると思います。
しかし、現在の日本の教育制度では高校・大学を卒業するまでに非常に多くの費用が必要であることも事実です。

文部科学省発表の「子供の学習費調査(平成26年度)」によると、幼稚園3歳から高校卒業までの15年間を
全て私立に通った場合の教育資金の総額は約1,677万円、すべて公立に通った場合でも約500万円の教育資金が必要になると報告されています。
さらに、大学の費用は国公立大学から私立の理系まで幅がありますが、自宅からの通学の場合でも約500万円から800万円と非常に高額な学費が必要とされています。

教育資金は「どのような教育プランにするか」によって大きく変わりますが、どれくらいの金額が必要とお考えでしょうか?
さらに、子供の人数・家族の状況・住宅ローンの有無などによっても教育資金の準備計画も大きく変わりますが、
あなたのご家庭の場合はどのように準備すればよいかご存知でしょうか?
教育資金の準備は長期に及ぶため、あなたのご家庭に合った方法を見つけることが、教育資金を上手に貯めるために大切なポイントになります。

また、生計を担っておられる方に万が一のことがあった場合についても考える必要があります。
例えば、一家の大黒柱であるご主人が働くことが困難になってしまった場合に、子供の教育費を計画通り準備することができるでしょうか?
万一の事態に陥った場合でも、子供のため教育資金を用意できるよう準備・計画することが望ましいと言えますが、人生のリスクは考え出せばきりがありません。
どのようなリスクがあるかを洗い出して、どのリスクに対してどのように備えるかを決めていく必要があります。

[ 教育にかかる費用(教育資金)の目安 ]

区分 学習費総額 合計
幼稚園 小学校 中学校 高等学校
ケース1(すべて公立)

63.5万円
(公立)
149.3万円
(私立)


192.4万円
(公立)
921.5万円
(私立)


144.5万円
(公立)
401.7万円
(私立)


122.7万円
(公立)
297.4万円
(私立)
523.0万円
ケース2(幼稚園だけ私立) 608.9万円
ケース3(高等学校だけ私立) 697.8万円
ケース4(幼稚園及び高等学校が私立) 783.6万円
ケース5(小学校だけ公立) 1040.8 万円
ケース6(すべて私立) 1770.0万円
文部科学省 平成26年度 子供の学習費調査より
区分 入学費用 在学費用 4年間総額
*短大の場合は2年間
私立短大 72.8万円 144.7万円 362.2万円
国公立大学 81.9万円 93.9万円 457.5万円
私立大学文系 106.7万円 142.2万円 675.5万円
私立大学理系 106.0万円 178.0万円 818.0万円
日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤労者世帯)(平成27年度)より

教育資金の考え方

1. 子供にあった教育プランを考えること

まず最初に考えたいことは「子供にどんな教育をしたいのか」という教育プランを考えることになります。
教育プランによっては必要な学資・準備する金額が変わるため、あなたが考えられるお子様の教育プランの場合、
どれくらいの費用が必要になるのかを知ることが教育資金準備の第一歩です。
教育資金は、人生の三大資金と呼ばれる程、準備する金額が大きくなるため、しっかりとプランを立て、将来を見据えて準備しなければなりません。

2. 早く準備をすること

教育資金の準備を考えるにあたって、次に大切なことは「早く準備をする」ことです。
教育資金はお子さんの成長と共に必要な金額が増え、特に大学に進学する場合は、在学中はもちろん入学時にもまとまったお金が必要になります。
子供が幼いうちは、子育てにかかるお金が比較的少ない時期と言えます。教育資金は、できれば生まれてすぐにでも準備を始めることが理想です。
生まれてすぐから準備にかかると、一番お金がかかる時期となる高校・大学までは、15年間ありますので、時間を味方につけることとなり、月々の負担が少ない計画的な教育資金の準備が可能となります。

3. 様々な方法のメリット・デメリットを知ること

教育資金を準備される方法として、様々な金融商品・サービスを比較検討されることと思います。
定期預金・学資保険・財形貯蓄・投資信託などが、よく知られた準備方法ですが、少しでも効率よく増やせる方法を選ばれたいことでしょう。
どの方法にも、メリット・デメリットがあります。リスクも異なりますし、もっとも気にかかる金利も異なってきます。
準備を始めるタイミングや、リスクはどこまで許容できるか、将来の家計状況のシミュレーションなどから、どの方法で教育資金を準備するのがもっともあなたのご家庭に適しているのか、またあなたが希望される「子供の教育プラン」を実現できるのか、じっくり考える必要があります。

商品・サービス 説明
定期性預金等の積立 銀行などの金融機関で広く扱われている積立型の商品。一定期間の預け入れを前提とし、一般的に元本が確保されており普通預金よりも預入利率が高い。確実に教育資金を準備したい方には利用しやすい。
こども保険・学資保険 生命保険会社などが取り扱っている「貯蓄」機能と「育英資金」機能を兼ね備えた保険の一種。貯蓄をしながら、一家の大黒柱に万一のことがあった場合でも学業を断念することなく教育資金を準備することができるのが特徴。
投資信託等の運用 一般的に高校、大学の資金準備までには10年以上の期間があるため、投資信託等を使った長期国際分散投資も検討に値する。リスクを取ることにより、より高いリターンを期待することができ、効率的に教育資金を準備できる可能性がある。
教育一般貸付(国の教育ローン) 高校、大学等に入学する者及びその保護者を対象として、日本政策金融公庫が行っている貸付。融資額は最高350万円まで、貸付利率は年2.35%と低利で利用できる。(平成26年9月現在)
民間金融機関の教育ローン 銀行等の民間金融機関が実施している融資で、使途が教育資金目的に限られる。金融機関によって、金利タイプや保証人の有無などの取扱い条件が異なる。
奨学金 独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度が代表的。無利子貸与と有利子貸与がある。
贈与 祖父母等の近親者からの贈与により教育資金を賄う方法。税制の一定要件を満たした場合は、1,500万円までは贈与税が非課税になる特例措置*がある。
*詳しくは国税庁発表の教育資金の一括贈与に係る非課税措置を参照。

4. 他の費用とバランスをとること

教育資金の準備はとても重要ですが、子育て期間中は何かと家計が厳しい時期でもあります。
特に教育資金の準備期間は住宅ローンの支払いと重なる傾向にありますので、家計を圧迫するケースが多く見受けられます。
日本政策金融公庫の教育費負担の実態調査結果(平成25年度)によると、教育費と住宅ローンの支払いで年収に占める割合が実に4割以上という家庭が5割に上ります。
少しでも負担を軽減して、計画的に教育資金を準備するためには、ライフプランニングやキャッシュ・フロー分析を行い、最適な資金配分を見出す必要があります。

[ 年収に占める住宅ローン返済額と在学費用の合計の割合(住宅ローン有、子供2人世帯) ]

日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤労者世帯)(平成25年度)より

ファイナンシャル・プランナーが行う教育資金相談の相談手順

Step1教育プランの作成

まずはあなたがお考えの「子供の教育プラン」をヒアリングいたします。
お子様に対してどのような教育を望まれるかイメージを固めていただきます。

  • 教育の目的の設定
  • 進学コースの計画
  • 学校外活動(学習塾、スポーツ、習い事など)の計画 など

Step2ライフプランニングの実行

ライフプランニングを行い、教育資金以外の項目についても分析を行います。
あなたのライフプランの確認を行い、目的の設定、優先順位付けなどを行います。

  • ライフプランの作成
  • キャッシュフロー・シミュレーション など

Step3教育資金準備計画の作成

教育プラン・ライフプランに基づき、教育資金準備計画の提案をいたします。

  • 必要教育資金額の提示
  • 教育資金準備方法の提案 など

※上記の説明はあくまでも一般的な例示であり、個々の状況によってコンサルティング内容は変化します。
お客様のご自身の個別具体的な状況につきましては、実際のコンサルティングにてご確認ください。

ライフプランのご相談 家計診断のご相談 住宅ローンのご相談 保険のご相談 老後資金のご相談
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ご相談は何度でも無料です!

FPを探す FPに相談する

FP用語集

家計の未来

専門家コラム

Facebook

ページトップへ