{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

香川県のお役立ち情報

香川県の概要

四国地方北東部に位置する香川県は、瀬戸内海に面し、徳島県、愛媛県と隣接しています。県土面積は1,862km²と小さく、全都道府県の中では、東京都の面積を下回り、最も面積の小さい県です。県域全体の海抜は比較的低く、なだらかな丘陵地やわずかな山々、山脈からなっています。また、小豆島をはじめとした約110余りの島々が存在しており、各地に観光名所を有しています。香川県では、比較的河川が少なく水資源の確保がしにくいことから、各地にため池を整備していますが、その数は国内随一の数を誇ります。香川県庁による統計では、2016 年度6月1日時点での総人口は973,760人(男性471,326人、女性502,434人)と発表されました。年齢別の人口推移では、2014年度10月の統計によると年少人口(0~14歳)が全体の13.2%、生産年齢人口(15歳~64歳)が全体の56.6%、老年人口(65歳以上)が全体の29.2%と発表されていますが、過去の統計と比較すると生産年齢人口が減少し、老年人口が増加している傾向があります。こうした数値から、香川県全体を通して少子高齢化が進みつつあるといえます。

香川県の特徴

『かがやくけん かがわけん』をスローガンに掲げる香川県は、別名『うどん県』や『アート県』と呼ばれ、うどんや芸術品を県の名産品として多く取り扱っています。強いコシと滑らかな舌触りで有名な讃岐うどんは、今や全国に出荷され国民の食を支えています。香川県内では、讃岐うどんとユニークな販売方法をかけ合わせ、「うどんタクシー」や「蛇口から出るダシサービス」などを提供し、県内外の観光客でにぎわっています。また、美術館や建造物など、県内の至る所に芸術性を感じさせる造形は、『アート県』と呼ぶに相応しい景観です。そのほか、自然の景観を活かした観光名所として、小豆島と香川県本土を繋ぐ「エンジェルロード」や、「鬼ヶ島大洞窟」、「琴弾公園内の銭型砂絵」、「ひまわりの里」などが挙げられます。中でも、毎日ほぼ2回、干潮時に海面から現れるエンジェルロードは別名「天使の散歩道」とも呼ばれ、「恋人と手を繋ぎながら渡ると砂州の中間地点で天使が舞い降り、願いが叶う」と言われるロマンティックな名所です。「恋人の聖地」としても知られている「エンジェルロード」へは、毎年多くの観光客が訪れています。県内で開催される主なイベントには、「さぬき高松まつり」や「ひょうげ祭り」などがあり、いずれも高松市内で開催される人気のイベント行事です。

香川県の健康・医療

香川県庁の統計による2012年度の死因別割合の統計では、最も多い疾患が死亡数2,983人(男性1,751人、女性1,232人)の「悪性新生物(ガン)」で、これは全死亡数の26.2%を占めています。次いで総死亡数2,048人(男性958人、女性1,090人)の「心疾患」は、全体の18.0%を占め、総死亡数935人(男性466人、女性469人)の「肺炎(肺炎及び気管支炎)」及び、総死亡数932人(男性418人、女性514人)の「脳血管疾患」が全体の8.2%を占めています。これらの死亡数及び死亡率は、香川県庁が公開する全国の死亡率と比較すると、第1位の悪性新生物、第2位の心疾患が全国値を上回る結果となり、第3位の肺炎のみが全国値を下回る結果となっています。香川県内の医療施設数は、2014年度10月1日時点において1383施設、そのうち一般病院が90施設、一般診療所が822施設、一般歯科診療所が471施設です。これらの施設数は、人口100,000人あたりに対して換算すると一般病院が9.2、一般診療所が83.8、一般歯科診療所が48.0となり、全国の数値と比較した場合、一般病院及び一般診療所の施設数が全国の平均値を上回っています。

香川県の暮らし・家計

香川県の2人以上の世帯の平均世帯年収は、2014年度11月時点において6,035,000円です。1994年度からの5年毎の平均世帯年収と比較すると、1994年度7,478,000円、1999年度7,530,000円、2004年度6,805,000円、2009年度6,385,000円と、減少傾向に向かっています。全国の同期間平均世帯年収と比べても、香川県の平均世帯年収は全国平均を下回っている状況です。また、2014年度の月間消費支出においては、平均総額296,230円のうち食料費用が68,338円と最も高く、教育費用が9,005円と最も低い結果となっています。香川県内の夫婦の就労状態については、2010年度の時点で全夫婦世帯のうち共働き世帯が45.2%を占めています。県内では、女性の社会進出率と男性の家事従事率の増加により、共働き世帯数が今後も増加していく見通しが立てられています。これによる少子高齢化を防ぐためにも、香川県では女性の就労環境の改善や、子育て環境の改善を図っています。また、子育て家庭への経済支援を目的として、教育資金や医療費控除、児童手当などの取り組みを行っています。

保険コラム「返戻率ってなに?」

返戻率とは、生命保険を解約した時に受け取る解約返戻金や、満期を迎えた時の満期保険金、祝い金などを分子として、それらを受け取るまでに支払った保険料を分母として算出する比率のことを言います。もし受け取った解約返戻金や満期保険金・祝い金などの合計が、支払ってきた保険料総額と同額の場合は、返戻率は100%ということになります。
返戻率が重視されるのは、学資保険や養老保険・終身保険など、一般に貯蓄性の保険と呼ばれる生命保険です。貯蓄性の保険を検討する際には、保障内容はもちろんですが、ご自身の保険料から受け取れる金額を試算して返戻率を確認されることもおすすめします。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

香川県のお役立ち情報

  • 香川県の概要

    四国地方北東部に位置する香川県は、瀬戸内海に面し、徳島県、愛媛県と隣接しています。県土面積は1,862km²と小さく、全都道府県の中では、東京都の面積を下回り、最も面積の小さい県です。県域全体の海抜は比較的低く、なだらかな丘陵地やわずかな山々、山脈からなっています。また、小豆島をはじめとした約110余りの島々が存在しており、各地に観光名所を有しています。香川県では、比較的河川が少なく水資源の確保がしにくいことから、各地にため池を整備していますが、その数は国内随一の数を誇ります。香川県庁による統計では、2016 年度6月1日時点での総人口は973,760人(男性471,326人、女性502,434人)と発表されました。年齢別の人口推移では、2014年度10月の統計によると年少人口(0~14歳)が全体の13.2%、生産年齢人口(15歳~64歳)が全体の56.6%、老年人口(65歳以上)が全体の29.2%と発表されていますが、過去の統計と比較すると生産年齢人口が減少し、老年人口が増加している傾向があります。こうした数値から、香川県全体を通して少子高齢化が進みつつあるといえます。

  • 香川県の特徴

    『かがやくけん かがわけん』をスローガンに掲げる香川県は、別名『うどん県』や『アート県』と呼ばれ、うどんや芸術品を県の名産品として多く取り扱っています。強いコシと滑らかな舌触りで有名な讃岐うどんは、今や全国に出荷され国民の食を支えています。香川県内では、讃岐うどんとユニークな販売方法をかけ合わせ、「うどんタクシー」や「蛇口から出るダシサービス」などを提供し、県内外の観光客でにぎわっています。また、美術館や建造物など、県内の至る所に芸術性を感じさせる造形は、『アート県』と呼ぶに相応しい景観です。そのほか、自然の景観を活かした観光名所として、小豆島と香川県本土を繋ぐ「エンジェルロード」や、「鬼ヶ島大洞窟」、「琴弾公園内の銭型砂絵」、「ひまわりの里」などが挙げられます。中でも、毎日ほぼ2回、干潮時に海面から現れるエンジェルロードは別名「天使の散歩道」とも呼ばれ、「恋人と手を繋ぎながら渡ると砂州の中間地点で天使が舞い降り、願いが叶う」と言われるロマンティックな名所です。「恋人の聖地」としても知られている「エンジェルロード」へは、毎年多くの観光客が訪れています。県内で開催される主なイベントには、「さぬき高松まつり」や「ひょうげ祭り」などがあり、いずれも高松市内で開催される人気のイベント行事です。

  • 香川県の健康・医療

    香川県庁の統計による2012年度の死因別割合の統計では、最も多い疾患が死亡数2,983人(男性1,751人、女性1,232人)の「悪性新生物(ガン)」で、これは全死亡数の26.2%を占めています。次いで総死亡数2,048人(男性958人、女性1,090人)の「心疾患」は、全体の18.0%を占め、総死亡数935人(男性466人、女性469人)の「肺炎(肺炎及び気管支炎)」及び、総死亡数932人(男性418人、女性514人)の「脳血管疾患」が全体の8.2%を占めています。これらの死亡数及び死亡率は、香川県庁が公開する全国の死亡率と比較すると、第1位の悪性新生物、第2位の心疾患が全国値を上回る結果となり、第3位の肺炎のみが全国値を下回る結果となっています。香川県内の医療施設数は、2014年度10月1日時点において1,383施設、そのうち一般病院が90施設、一般診療所が822施設、一般歯科診療所が471施設です。これらの施設数は、人口100,000人あたりに対して換算すると一般病院が9.2、一般診療所が83.8、一般歯科診療所が48.0となり、全国の数値と比較した場合、一般病院及び一般診療所の施設数が全国の平均値を上回っています。

  • 香川県の暮らし・家計

    香川県の2人以上の世帯の平均世帯年収は、2014年度11月時点において6,035,000円です。1994年度からの5年毎の平均世帯年収と比較すると、1994年度7,478,000円、1999年度7,530,000円、2004年度6,805,000円、2009年度6,385,000円と、減少傾向に向かっています。全国の同期間平均世帯年収と比べても、香川県の平均世帯年収は全国平均を下回っている状況です。また、2014年度の月間消費支出においては、平均総額296,230円のうち食料費用が68,338円と最も高く、教育費用が9,005円と最も低い結果となっています。香川県内の夫婦の就労状態については、2010年度の時点で全夫婦世帯のうち共働き世帯が45.2%を占めています。県内では、女性の社会進出率と男性の家事従事率の増加により、共働き世帯数が今後も増加していく見通しが立てられています。これによる少子高齢化を防ぐためにも、香川県では女性の就労環境の改善や、子育て環境の改善を図っています。また、子育て家庭への経済支援を目的として、教育資金や医療費控除、児童手当などの取り組みを行っています。

    保険コラム
    「返戻率ってなに?」

    返戻率とは、生命保険を解約した時に受け取る解約返戻金や、満期を迎えた時の満期保険金、祝い金などを分子として、それらを受け取るまでに支払った保険料を分母として算出する比率のことを言います。もし受け取った解約返戻金や満期保険金・祝い金などの合計が、支払ってきた保険料総額と同額の場合は、返戻率は100%ということになります。
    返戻率が重視されるのは、学資保険や養老保険・終身保険など、一般に貯蓄性の保険と呼ばれる生命保険です。貯蓄性の保険を検討する際には、保障内容はもちろんですが、ご自身の保険料から受け取れる金額を試算して返戻率を確認されることもおすすめします。

    ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。