「FPナビ」はあなたに最適なファイナンシャル・プランナーをご紹介するサイトです。

ファイナンシャルプランナーにしっかり相談。見つかる・頼れる・納得できる・FPナビ ニッセンライフ

資格保有FP数:370名(2017/04/24 現在)

鹿児島県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

鹿児島県で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーをお探しなら

セブン&アイグループのニッセンライフで保険の相談・見直しからライフプランニングまでおまかせください!

鹿児島県

3件中 1件~ 3 件表示

コア・ライフプランニング株式会社
伊藤 栄子 (イトウ エイコ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 伊藤 栄子
長い人生の中での不安を解消できるために、お客様に寄り添い、ひとりひとりに合った分かりやすいコンサルティングを心がけています。
  • 得意なメニュー
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 鹿児島県
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:鹿児島市以外対応不可

あんしんFPパートナー株式会社
徳留 杏子 (トクドメ キョウコ)

詳細を見る ›

あんしんFPパートナー株式会社 徳留 杏子
初心忘れるべからず
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 対応エリア
  • 鹿児島県

コア・ライフプランニング株式会社
有村 茂樹 (アリムラ シゲキ)

詳細を見る ›

コア・ライフプランニング株式会社 有村 茂樹
ニードセールスに基づきお客様に最適の保障を提供いたします。
  • 得意なメニュー
  • 家計相談
  • 保険相談
  • ライフプランニング
  • 教育資金対策
  • 老後資金相談
  • 住宅ローン相談
  • 対応エリア
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

3件中 1件~ 3 件表示

鹿児島県のお役立ち情報

鹿児島県の概要

鹿児島県は人口約160万人、活火山桜島と生きる南国の県です。桜島のふもとには約5,000人が生活しているといわれています。世界からその桜島を見るためにたくさんの人々が訪れている観光都市でもあります。鹿児島というと、やはり歴史上にもその名を残す人物を多数輩出したことでも知られていますが、島津氏を当主とした旧薩摩藩77万石の城下町でもあります。県庁所在地は鹿児島市で、鹿児島市内には路面電車が南北の路線を運行しています。この路面電車を利用した観光コースもあり、市民の日常の交通機関としての役割だけではなく、市内の観光案内としての役割も担っています。数か国語での案内も整備され、世界からの旅人を受け入れる環境も良好と言えます。豊かな自然環境に恵まれ、農業従事者、漁業従事者の比率も全国平均との比較では高いほうに位置しています。太平洋側から東シナ海側まで、ぐるりと九州の南部に県内全域が広がっています。

鹿児島県の特徴

鹿児島県といえばさつま、さつまといえばさつまいも。というわけでご存知さつまいもの生産量は日本一です。このほかにも、畜産、牛肉や豚肉とりわけ黒豚の産地としても有名です。また、養殖ブリの漁獲量では全国トップクラスです、豚の飼育数、肉用牛の飼育数でも上位を占め、海の幸、山の幸に恵まれた環境も後押ししているのか、地元のさつまいもから作られる焼酎の消費量でも1位、アルコール消費量も全国1位というデータもあります。お茶の産地でもありますが、静岡県に次いで全国2位の生産量を誇ります。温暖な気候と広い茶畑での生産は品質のさらなる向上に取り組んでいるため、成長し続けているかごしま茶なのです。太陽をたっぷり浴びたかごしま茶は、バランスの良さ、芳醇な味わいが自慢です。鹿児島県産の農産物は挙げるときりがないほどありますが、そのうち先に挙げたさつまいもやお茶のほか、じゃがいも、米、びわ、らっきょう、ゴーヤやごぼうなどが市場に出回っています。特産としては黒砂糖や桜島だいこん、黒酢、たんかん、ボンタン(ブンタン、ザボン)などがあります。健康ブームで黒酢は特に注目を集めている特産のひとつです。種子島より南の島で作られるサトウキビからできる黒砂糖もミネラル豊富であることから、健康食材のひとつとして人気があります。

鹿児島県の健康・医療

健康、医療のデータからわかることは、鹿児島県で多い疾病に挙げられているのが白血病と脳血管疾患です。いわゆる脳卒中、脳梗塞などの疾患のことです。理由としては塩分の摂取量が挙げられる時期がありましたが、研究が進むにつれ、そのほかに理由があることがわかってきました。東北などの寒さが厳しい地域では多いとされていますが、南国の鹿児島ではなぜ脳血管疾患が多いのでしょうか。それには諸説あるようですが、全国でも温暖とされる南国のため、冬場などの寒冷期に室内での温度差の対策意識が低かったことが考えられています。寒い地方では寒さ対策で外気温と室内の温度差が大きく、室内では比較的薄着で過ごすこともあるといいますが、南国、九州では雪に覆われて過ごす季節はほぼないため、寒冷対策が十分ではなかったことで、温度差による脳卒中が起こっているのではないか、という考え方があるようです。実際九州でも冬場は0度前後になることも多く、寒いのですが、「雪国ほどではない」という感覚は往々にしてあるようです。そのため室内での温度差を小さくし、「ヒートショック」に対しての危険性が言われるようにもなってきました。今後はこのような対策も進み、意識が改善されることで、鹿児島県のような九州の南国でも脳血管疾患の減少が実現できるのかもしれません。全国平均での比較で、高齢者が多いとされていた鹿児島県でしたが、全国平均が鹿児島県の割合に徐々に近づき、今では高齢者割合は数%しか差がない状況になり、全国的に超高齢化社会が進んでいることがわかります。そのなかでも100歳以上の人口が全国でも上位の鹿児島県では、離島の医療や在宅医療、介護の連携などに対しても「長寿支援」を積極的に取り組んでおり、高齢者の快適で安全な生活を確保するための行政の取り組みは、鹿児島県ならではといえるのではないでしょうか。

鹿児島県の暮らし・家計

鹿児島県の平均世帯年収、共働き率などは、どのようになっているのでしょうか。一人当たり県民所得では、全国での順位では鹿児島県は低いほうですが、物価指数も低いため生活していくうえでのバランスとしては取りやすいのではないでしょうか。女性の進学率がやや低いということと、男女ともに全国比での進学率が低いということは、地方都市ならではの問題なのかもしれません。しかし、共働き率も全国平均より高く、女性の社会進出に行政も力を入れて高齢化、人口減への対策を始めています。待機児童の解消に向けての対策や子育てしやすいまちづくりへの取り組みから人材活用を進めていることには、大いに注目したいところです。

保険コラム 「保険料の減額って?」

加入保険の払込期月までに保険料の払い込みが困難になるときがあります。契約者はいつでも保険契約を解約することができますが、払い込みが困難なときほど経済的リスクが高まるときです。解約は最終手段であり、前段階として他に方法がないか検討することが大切です。方法としては、自動振替貸付制度・契約者貸付制度の利用、減額と特約解約といった保障見直しなどが挙げられます。この中でも、保険料の負担を軽くしたい場合に使用できるのが“保険料の減額”です。保険金額を減らすことにより払込保険料を少なくする制度です。減額により付加されている各種特約が同時に減額または消滅する可能性や、契約内容によって取り扱い不可などの制限があります。保険を無駄なものと捉えず、こうした方法で万が一への備えを維持することも家計見直しでは必要です。

  • ※本文で引用している数値は2016年7月末日時点の調査に基づくものです。
3STEPであなたにあったFPを探す

「性別・年齢」「エリア」「相談分野」の3STEPであなたにあったファイナンシャル・プランナーを検索することができます。

FPを探す コンシェルジュにファイナンシャル・プランナーを探してもらう

セブン&アイ・ニッセングループの個人情報保護体制

プライバシー ファイナンシャル・プランニングは、お客様の家族構成や収入・資産状況など重要な個人情報をお伺いする必要があります。当サイト及びコンサルティングでお預かりする個人情報は、適切な管理体制のもと厳重に管理しております。 また、当社がご紹介するファイナンシャル・プランナーは、内部管理体制及び法令遵守体制が構築されている法人に所属するファイナンシャル・プランナーのみと提携しております。どうぞ安心してご利用ください。

当サイト上に掲載するコンテンツの作成には細心の注意を払っておりますが、その内容に関する正確性および完全性について保証するものではありません。当サイトをご利用の場合は、事前に利用規約に同意の上ご利用ください。

ページトップへ