{{ result.city[0] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができるファイナンシャル・プランナーを探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

PICK UP - {{ result.city[0] }}のおすすめファイナンシャル・プランナー

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.city[0] }}対応

ご紹介したFPは、ほんの一例です。
FPナビには多くのFPが在籍していますので、
ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

{{ result.city[0] }}の概要

{{ result.city[0] }}の特徴

周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

{{ result.city[0] }}の健康・医療

保険コラム 「{{ result.city[17] }}」

  • {{ result.city[19] }}

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}
ファイナンシャル・プランナーをご紹介

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.motto }}
  • 得意なメニュー
  • {{ getConsult(value) }}
  • 対応エリア
  • {{ getPref(value) }}
  • ※対応不可エリアを除く

※対応不可エリア:{{ getUnableAreaList(user.unable_areas) }}

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

鹿児島県のお役立ち情報

鹿児島県の概要

鹿児島県は人口約165万人、活火山桜島と生きる南国の県です。
世界から桜島を見るためにたくさんの人々が訪れている、観光都市でもあります。
鹿児島県は歴史上にもその名を残す人物を多数輩出したことでも知られていますが、島津氏を当主とした旧薩摩藩77万石の城下町でもあります。
鹿児島県の県庁所在地は鹿児島市で、鹿児島市内には路面電車が南北の路線を運行しています。
この路面電車を利用した観光コースもあり、市民の日常の交通機関としての役割だけではなく、市内の観光案内としての役割も担っています。
数か国語での案内も整備され、世界からの旅人を受け入れる環境も良好です。
鹿児島県は豊かな自然環境に恵まれ、農業や漁業など第一次産業の就業者割合は全国でも上位に位置しています。
太平洋側から東シナ海側まで、ぐるりと九州の南部に県内全域が広がっているのが特徴です。

鹿児島県の特徴

鹿児島県といえばさつま、さつまといえばさつまいも。
というわけでご存知さつまいもの生産量は日本一です。
このほかにも、畜産、牛肉や豚肉とりわけ黒豚の産地としても有名です。
また、養殖ブリの漁獲量は全国トップクラスです。
豚の飼育数、肉用牛の飼育数でも上位を占め、海の幸、山の幸に恵まれた環境も後押ししているのか、地元のさつまいもから作られる焼酎の消費量は全国トップクラスと言われています。
鹿児島県はお茶の産地でもあり、静岡県に次いで全国2位の生産量を誇ります。
温暖な気候と広い茶畑での生産により、成長し続けているかごしま茶なのです。
太陽をたっぷり浴びたかごしま茶は、バランスの良さ、芳醇な味わいが自慢です。
鹿児島県産の農産物は挙げるときりがないほどありますが、そのうち先に挙げたさつまいもやお茶のほか、じゃがいも、米、びわ、らっきょう、ゴーヤやごぼうなどが市場に出回っています。
特産品としては黒砂糖や桜島だいこん、黒酢、たんかん、ボンタン(ブンタン、ザボン)などがあります。
健康ブームで黒酢は特に注目を集めている特産品のひとつです。
種子島より南の島で作られるサトウキビからできる黒砂糖もミネラル豊富であることから、健康食材のひとつとして人気があります。

鹿児島県の健康・医療

鹿児島民のおもな死因原因は、1位ががん(悪性新生物)、2位が心疾患、3位が脳血管疾患となっています。
県内では、がんの予防および早期発見、早期治療を促進するため、各種がん検診を始めとする、さまざまながん対策に取り組んでいます。
鹿児島県は65歳以上の高齢者割合が多く、平成27年度(2015年度)時点の高齢化率は30.8%です。
全国的にも高齢化率は上昇していますが、鹿児島県は常に全国平均より数%高い状況が続いています。
また、鹿児島県は高齢者の中でも100歳以上の人口割合が多く、全国でも上位に入ります。
高齢化率の高さもあり、鹿児島県では離島医療や在宅医療、介護の連携などに対しても「長寿支援」を積極的に取り組んでいます。
高齢者の快適で安全な生活を確保するための行政の取り組みは、鹿児島県ならではといえるのではないでしょうか。

鹿児島県の暮らし・家計

鹿児島県の平均賃金、共働き率などは、どのようになっているのでしょうか。
厚生労働省の都道府県別賃金データによると、鹿児島県民の平均賃金は約252万1000円です。
全国での順位では、鹿児島県民の賃金は低いほうです。 ただ、地域的に物価指数も低いため、生活していくうえでのバランスとしては取りやすいのではないでしょうか。
鹿児島県の共働き率は年々高くなっており、平成27年度(2015年度)時点で夫婦のいる世帯のうち48.5%が共働きです。
女性の就業率も高く、鹿児島県女性の労働力率は49.0%です。
鹿児島県では、女性の社会進出に行政も力を入れており、同時に高齢化、人口減への対策も始めています。
待機児童の解消に向けての対策や、子育てしやすいまちづくりへの取り組みから人材活用を進めていることには、大いに注目したいところです。

保険コラム 「保険料の減額って?」

加入保険の払込期日までに、保険料の払い込みが困難になるときがあります。 契約者はいつでも保険契約を解約することができますが、払い込みが困難なときほど経済的リスクが高まるときです。
解約は最終手段であり、前段階として他に方法がないか検討することが大切です。
払い込みが困難になったときの対処方法としては、自動振替貸付制度・契約者貸付制度の利用、保険の減額や特約解約といった保障の見直しなどが挙げられます。
この中でも、保険料の負担を軽くしたい場合に使用できるのが保険の「減額」です。
「減額」とは、保険金額を減らすことにより払込保険料を少なくする制度です。
減額により付加されている各種特約が同時に減額、または消滅する可能性や、契約内容によって取り扱い不可になるなどの制限があります。
家計が厳しく保険料の払い込みが困難になっても、保険を無駄なものと捉えず、こうした方法で万が一への備えを維持することも、家計見直しでは必要です。

  • 2019年10月9日更新

{{ result.city[0] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}で無料相談ができる
ファイナンシャル・プランナー(FP)を探す

{{ result.city[1] }}・{{ result.city[0] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

PICK UP- {{ result.city[0] }}のおすすめFP -

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.city[0] }}対応FP

ご紹介したファイナンシャル・プランナーは、ほんの一例です。
FPナビには多くのファイナンシャル・プランナーが在籍していますので、ぜひじっくりとご確認ください。

{{ result.city[0] }}対応のFP一覧はこちら

近隣のエリアからFPを探す

{{ result.city[0] }}のエリア情報

  • {{ result.city[0] }}の概要

  • {{ result.city[0] }}の特徴

  • 周辺の保険相談・保険見直しに最適な打ち合わせスポット

  • {{ result.city[0] }}の健康・医療

  • 保険コラム「{{ result.city[17] }}」

{{ master.regions[configs.categories[1]] }}

あなたの希望にあったオススメのファイナンシャルプランナーを見つけてご相談ください。

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

{{ user.company }}

{{ user.name_sei }} {{ user.name_mei }}({{ user.kana_sei }} {{ user.kana_mei }})

{{ user.motto }}

得意なメニュー
{{ getConsult(value) }}
対応エリア
{{ getPref(value) }}
※対応不可エリアを除く

{{ result.pager.total }} 件中 {{ (!params.paged) ? 1 : (params.paged - 1) * configs.limit + 1 }}件~{{ (!params.paged) ? configs.limit : (result.pager.next > 0) ? params.paged * configs.limit : result.pager.total }}件表示

鹿児島県のお役立ち情報

  • 鹿児島県の概要

    鹿児島県は人口約165万人、活火山桜島と生きる南国の県です。
    世界から桜島を見るためにたくさんの人々が訪れている、観光都市でもあります。
    鹿児島県は歴史上にもその名を残す人物を多数輩出したことでも知られていますが、島津氏を当主とした旧薩摩藩77万石の城下町でもあります。
    鹿児島県の県庁所在地は鹿児島市で、鹿児島市内には路面電車が南北の路線を運行しています。
    この路面電車を利用した観光コースもあり、市民の日常の交通機関としての役割だけではなく、市内の観光案内としての役割も担っています。
    数か国語での案内も整備され、世界からの旅人を受け入れる環境も良好です。
    鹿児島県は豊かな自然環境に恵まれ、農業や漁業など第一次産業の就業者割合は全国でも上位に位置しています。
    太平洋側から東シナ海側まで、ぐるりと九州の南部に県内全域が広がっているのが特徴です。

    人口出典:「平成27年度(2015年度)国勢調査」
    「人口等基本集計結果 結果の概要」(総務省統計局)

  • 鹿児島県の特徴

    鹿児島県といえばさつま、さつまといえばさつまいも。
    というわけでご存知さつまいもの生産量は日本一です。
    このほかにも、畜産、牛肉や豚肉とりわけ黒豚の産地としても有名です。
    また、養殖ブリの漁獲量は全国トップクラスです。
    豚の飼育数、肉用牛の飼育数でも上位を占め、海の幸、山の幸に恵まれた環境も後押ししているのか、地元のさつまいもから作られる焼酎の消費量は全国トップクラスと言われています。
    鹿児島県はお茶の産地でもあり、静岡県に次いで全国2位の生産量を誇ります。
    温暖な気候と広い茶畑での生産により、成長し続けているかごしま茶なのです。
    太陽をたっぷり浴びたかごしま茶は、バランスの良さ、芳醇な味わいが自慢です。
    鹿児島県産の農産物は挙げるときりがないほどありますが、そのうち先に挙げたさつまいもやお茶のほか、じゃがいも、米、びわ、らっきょう、ゴーヤやごぼうなどが市場に出回っています。
    特産品としては黒砂糖や桜島だいこん、黒酢、たんかん、ボンタン(ブンタン、ザボン)などがあります。
    健康ブームで黒酢は特に注目を集めている特産品のひとつです。
    種子島より南の島で作られるサトウキビからできる黒砂糖もミネラル豊富であることから、健康食材のひとつとして人気があります。

  • 鹿児島県の健康・医療

    鹿児島民のおもな死因原因は、1位ががん(悪性新生物)、2位が心疾患、3位が脳血管疾患となっています。
    県内では、がんの予防および早期発見、早期治療を促進するため、各種がん検診を始めとする、さまざまながん対策に取り組んでいます。
    鹿児島県は65歳以上の高齢者割合が多く、平成27年度(2015年度)時点の高齢化率は30.8%です。
    全国的にも高齢化率は上昇していますが、鹿児島県は常に全国平均より数%高い状況が続いています。
    また、鹿児島県は高齢者の中でも100歳以上の人口割合が多く、全国でも上位に入ります。
    高齢化率の高さもあり、鹿児島県では離島医療や在宅医療、介護の連携などに対しても「長寿支援」を積極的に取り組んでいます。
    高齢者の快適で安全な生活を確保するための行政の取り組みは、鹿児島県ならではといえるのではないでしょうか。

    死因の出典:
    平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況「第10表 主な死因の死亡数・死亡率(人口10万対),都道府県(21大都市再掲)別」(厚生労働省)
    高齢化率、高齢者割合の出典:「鹿児島県の高齢化率等の現状について」(鹿児島県)

  • 鹿児島県の暮らし・家計

    鹿児島県の平均賃金、共働き率などは、どのようになっているのでしょうか。
    厚生労働省の都道府県別賃金データによると、鹿児島県民の平均賃金は約252万1000円です。
    全国での順位では、鹿児島県民の賃金は低いほうです。 ただ、地域的に物価指数も低いため、生活していくうえでのバランスとしては取りやすいのではないでしょうか。
    鹿児島県の共働き率は年々高くなっており、平成27年度(2015年度)時点で夫婦のいる世帯のうち48.5%が共働きです。
    女性の就業率も高く、鹿児島県女性の労働力率は49.0%です。
    鹿児島県では、女性の社会進出に行政も力を入れており、同時に高齢化、人口減への対策も始めています。
    待機児童の解消に向けての対策や、子育てしやすいまちづくりへの取り組みから人材活用を進めていることには、大いに注目したいところです。

    平均賃金の出典:
    「平成30年(2018年)賃金構造基本統計調査 結果の概況」結果の概要 都道府県別賃金(厚生労働省)
    共働き率・労働力の出典:
    「平成27年(2015年)国勢調査結果(就業状態等基本集計結果)」

  • 保険コラム 「保険料の減額って?」

    加入保険の払込期日までに、保険料の払い込みが困難になるときがあります。 契約者はいつでも保険契約を解約することができますが、払い込みが困難なときほど経済的リスクが高まるときです。
    解約は最終手段であり、前段階として他に方法がないか検討することが大切です。
    払い込みが困難になったときの対処方法としては、自動振替貸付制度・契約者貸付制度の利用、保険の減額や特約解約といった保障の見直しなどが挙げられます。
    この中でも、保険料の負担を軽くしたい場合に使用できるのが保険の「減額」です。
    「減額」とは、保険金額を減らすことにより払込保険料を少なくする制度です。
    減額により付加されている各種特約が同時に減額、または消滅する可能性や、契約内容によって取り扱い不可になるなどの制限があります。
    家計が厳しく保険料の払い込みが困難になっても、保険を無駄なものと捉えず、こうした方法で万が一への備えを維持することも、家計見直しでは必要です。

    2019年10月9日更新